イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    012


    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 22:47:08.48 ID:CAP_USER9
    「超戦闘プロレスFMW」(24日、東京・新木場1stRING)

     今年で引退を宣言している大仁田厚が、みちのくプロレスのザ・グレート・サスケとの最後の一騎打ちを白星で飾った。
    また、3月12日の全日本プロレス・後楽園ホール大会に、アジアタッグ王者(パートナーは渕正信)でもある自身の代理として、
    自身の化身であるグレート・ニタが来場することも予告した。

     大仁田にとってサスケは、電流爆破デスマッチなどで過去3度の一騎打ち(大仁田の2勝1敗)を行った好敵手。
    今回は大勢のセコンドがリングを取り囲み、場外に落ちた選手を場内に押し戻すランバージャックデスマッチだったが、
    セコンドの介入と凶器使用が許されるFMW方式が採用され、いつものFMWのように乱戦に発展した。

     序盤はレスリングの攻防が見られたものの、大仁田が場外に落ちるとセコンドが集団暴行。これが合図になったかのように、
    セコンドが入り乱れ、イス、テーブル、有刺鉄線バットなどが飛び交う大混乱に陥ったが、
    最後は大仁田が岩石落としでサスケをイスの山の上にたたきつけて葬り去った。

     試合後、大仁田はリングに横たわる好敵手に寄り添い、「いつもこんなオレに付き合ってくれてありがとうな。
    お前のことは一生忘れない。最初に電流爆破を認めてくれたのはこの男です!」と感謝の言葉を贈った。

     そして、控室に戻ると、来場を予告していた3月12日の全日本・後楽園ホール大会へ向けて、
    「オレの名代としてグレート・ニタが行く。アジアタッグのチャンピオンだし、サイン会ぐらいする権利ぐらいあるだろう。
    オレの化身だし。乱入するかどうかはグレート・ニタ次第」と、不敵な笑みを浮かべた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000132-dal-fight 

    【大仁田、サスケとの一騎打ちに勝利 セコンドの介入と凶器使用が許されるFMW方式】の続きを読む

    010

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/25(土) 01:10:45.46 ID:CAP_USER9
    プロレス関連のオフィシャル商品のみを扱うというジュウロクホウイ(グッドスマイルカンパニーの子会社)のオンラインショップ「レジェンドマスターズストア」の
    オープンを記念したイベントが、25日(土)に開催予定だ。場所は東京メトロ銀座線末広町駅近くにあるアキバCOビル1F イベントスペース。開場は11:00、閉店は16:00。

     当日は、人気プロレスラー スタン・ハンセン 氏、ケンドー・カシン 氏、天龍源一郎 氏、ザ・グレート・カブキ 氏が来店、各選手のグッズ購入者(各200名)を
    対象としたサイン会を開催予定。


    http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1046048.html


    【スタン・ハンセンがアキバにやってくる】の続きを読む

    154

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/20(月) 18:28:52.94 ID:CAP_USER9
     タレントのイモトアヤコ(31)が20日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われたNHKのスペシャルドラマ「あなたにドロップキックを」(3月17日、総合後10・01)の試写会に共演の元プロレスラーで女優の惡斗(30)、俳優の高橋光臣(34)とともに出席した。

     同作は日本放送作家協会とNHKが共催する「創作テレビドラマ大賞」の第40回大賞受賞作で、999編の中から選ばれた中谷典子さんの脚本のドラマ化。理不尽な他人の振る舞いを“自分の人生は脇役”を諦めてきた主人公・秋子が女子プロレスの悪役としてリングで体を張る同い年のモモと出会い、自分自身の人生の“主人公”として生きていく自信を取り戻していく物語。

     イモトにとってNHKドラマ初主演。「このドラマのタイトルを聞いた時に、これは私にぴったりだなと思ったぐらい。今まで自分で見たことない表情が28回ぐらいあって、びっくり。お芝居ですけど、リアルな自分がいた。そういう表情を引き出してくれた監督のことが好きになりそうになりました」と満面の笑み。実際に惡斗の指導のもと、女子プロの練習にも参加し、ドロップキックにも挑戦した。

     主人公の元カレで“最低な男”を演じる高橋には「高橋さんも心からイラつくした人だったので、そこには凄く感謝」とニヤリ。会見前に楽屋を訪ねたところ「この間、100カ国を達成したんですけど、おめでとうって、お揃いで塗ろうって、ハンドクリームをくださった。その行動がまたクソ野郎だなって思って…」とチクリ。これには高橋も「撮影の悪い印象を払拭しようと思って。ゲスいことをしてしまった」と苦笑いをするばかりだった。

     今回の撮影は、イモトが日本テレビ系バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の撮影でナミビアやブルガリアでのロケの合間などで行われた。ラストにはエンディングテーマの「愛のために」に乗せて、「恋」ダンスを思わせるダンスも披露。「あれは可愛かった。ガッキーを超えるんじゃないか」と自画自賛だった。


    【イモトアヤコ NHKドラマ初主演 女子プロレスに挑戦「見たことない表情が28回ぐらい」】の続きを読む

    153

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/20(月) 13:16:52.99 ID:CAP_USER9
    19日、後楽園ホールで開催されたDDTプロレス『Into The Fight 2017』にて、こたつが王座防衛に成功した。

    2・4エディオンアリーナ大阪第二競技場大会で越前屋俵太さんを破り、アイアンマンヘビーメタル級第1208代
    王者となったこたつ。この日は世界ジュニアヘビー級王者・石井慧介とアントーニオ本多を挑戦者に迎え
    3WAYマッチを行った。

    試合が始まると王者のこたつにじわじわ距離を詰めるアントンと石井。しかしアントンと石井がロックアップから
    リストの取り合いとなり、グラウンドの攻防から睨み合う。こたつは微動だにせずその様子を伺う。
    アントンがこたつにロメロ・スペシャルも石井がカット。これにアントンは「まずはこたつからいこう」と石井と
    手を組みストンピングからダブルのエルボードロップを投下するがこたつはガード。ならばとダブルの
    ブレーンバスターを狙うがこたつは逆に二人まとめてDDTで叩きつける。
    負けじと石井はこたつを座らせるとスライディングキックからサイドバスターで叩きつけフォールもアントンがカット。
    石井はアントンにエルボー連打からこたつに向かってフィッシャーマンバスターを狙う。だがアントンが逆に
    石井を担いでみちのくドライバーをこたつに向かって叩き込む。アントンはこたつを担ぐと石井に突撃。
    だが石井が避けると、こたつがロープの反動を使ってバウンドしアントンにボディプレス。そのままフォールし
    3カウント。見事こたつが王座防衛に成功した。

    これにより、3月20日のさいたまスーパーアリーナ大会にこたつが王者として出場することが内定。試合は
    『ダークマッチ~アイアンマンヘビーメタル級&キング・オブ・ダーク両選手権時間差入場バトルロイヤル
    「祝・DDTプロレス旗揚げ20周年記念ドラマティック・ランボー」』として【アイアンマン王者(2月19日時点ではこたつ)】
    &【キング・オブ・ダーク王者(2月19日時点では伊橋剛太)】に加え、松永智充、マッド・ポーリー、ワンチューロ、
    星誕期、ゴージャス松野、トランザム★ヒロシ、大家健、MIKAMI、GENTARO、橋本友彦、美月凛音、バンビ、
    ヨシヒコの出場が決定した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00010000-battlen-fight


    【こたつがボディプレスで3WAY戦制しアイアンマンヘビーメタル級王座防衛【プロレス/DDT】】の続きを読む

    101

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 13:57:22.79 ID:CAP_USER9
    元UFC、WWE世界ヘビー級王者ブロック・レスナー(39=米国)が14日(日本時間15日)、総合格闘技からの
    引退を表明したと複数の米メディアが報じた。

    11年にUFC141大会でオーフレイムに1回TKO負け後に引退を発表。16年7月のUFC200大会で復帰し、
    ハントに3-0の判定勝ちしたが、その後の禁止薬物検査で陽性反応が出たことが判明。米ネバダ州から
    25万ドルの罰金と1年間の出場停止処分を受けていた。現在はWWEで活躍している。(デーブ・レイブル通信員)





    【元UFC、WWE世界ヘビー級王者ブロック・レスナーが総合格闘技引退】の続きを読む

    このページのトップヘ