イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    066

    235: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/02(日) 20:51:58.82 ID:2xdA7Yja0
    全女、JWP、LLPWのオールスターは凄かった



    【女子プロレス団体「JWP」、25年の歴史に幕…キューティー鈴木、ダイナマイト関西、福岡晶らOG集結 2】の続きを読む

    060

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/02(日) 18:03:18.30 ID:CAP_USER9
    JWPが25周年大会で日本最古の歴史に幕 C鈴木、D関西、福岡晶らOG集結
    「プロレス・JWP」(2日、東京・後楽園ホール)

    全選手が独立して新団体を旗揚げする女子プロレス団体JWPの最終興行の25周年大会が
    1180人の観衆を集めて行われ、日本最古の歴史を誇る団体名と別れを告げた。

    この大会のために団体OGの福岡晶、日向あずみ、春山香代子、阿部幸江がこの日限りの復帰戦を行い、
    現役時代さながらの元気な動きを披露するとファンは大喜び。JWP最後の試合となったメインイベントでは
    最後のJWP認定無差別級選手権試合が行われ、王者の中森華子が倉垣翼の挑戦を退けて3度目の防衛に成功した。

    試合後は、お別れに駆けつけたキューティー鈴木、ダイナマイト関西ら団体OG、
    関係者と現役選手ら30人以上がリング上に集合。
    最後は団体を率いるコマンド・ボリショイが「私たちはこれからも続いていきます。
    プロレスもまだまだ続いていきます。これからも熱い応援をよろしくお願いします。
    本当にありがとうございました」と、ファンにあいさつし、団体のジャージと
    JWP認定のチャンピオンベルトとリングに置いて、JWPとしての活動にピリオドを打った。

    JWPの運営会社であるJWPプロデュースとの契約を更新することができず、日本最古の団体名を失うこととなった。
    ボリショイは「信じられない気持ちです。ずっとJWPが続くものと思っていたので、まだ実感はないです」
    と涙をこらえながらコメント。「悔しいですよね。ずっとJWPを続けたかったし、できることをやってきたけども、
    新しい、もっと大きな夢を見るためには旅立たないといけない時もあるのかなと。
    JWPは終わっても、これまで培ってきたスピリッツは消えることはないので、
    JWPを継承していく新団体として頑張って行きます」と、再出発への決意を口にした。

    今後は全選手が独立し、8月11日に新団体「PURE-J」を旗揚げ。
    それまでは「ドリーム女子プロレス」のイベント名で興行を行う。
    今後の活動について「JWPではできなかったような実験的な興行をやってみて、その中で新団体、
    どういうスタイルで行くかを模索したい。ファンの投票で試合順が決まるとか、
    JWPの看板を背負っていたから挑戦しにくかったこととか、いろんなことをやってみたい」との構想を明かした。
    新しい夢へ向かって、新しい一歩を踏み出す。

    https://www.daily.co.jp/ring/2017/04/02/0010059643.shtml 


    【女子プロレス団体「JWP」、25年の歴史に幕…キューティー鈴木、ダイナマイト関西、福岡晶らOG集結】の続きを読む

    057

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/02(日) 12:10:43.31 ID:CAP_USER9
    WWE殿堂入りのカート・アングルをシナが祝福

    WWE最大の祭典「レッスルマニア」ウィークの3月31日(米国現地時間)、
    フロリダ州オーランドのアムウェイ・センターでWWEの名誉殿堂「ホール・オブ・フェーム」の
    記念セレモニーが開催され、今年新たに殿堂入りしたカート・アングル氏が出席した。
     
    カート・アングル氏に先立ち、プレゼンターとしてジョン・シナが登壇。
    オリンピックでの偉業やWWEでの期待以上の活躍に触れ、抜群の運動神経を持ち、
    すばらしいエンターテイナーだとカート・アングル氏を紹介した。
    ジョン・シナの紹介を受け、数多くのレジェンドたちや現役WWEスーパースター、関係者、WWEファンで
    満員となった会場が見つめる中、ステージに姿を見せたカート・アングル氏は、スピーチを行った。

    <カート・アングル氏スピーチ(要約)>
    「WWEで多くの人々に助けられました。ジム・ロス、エッジ、クリスチャン、
    ハーディ・ボーイズ、クリス・ジェリコ、エディ・ゲレロ、ストーン・コールド、ザ・ロック、
    アンダーテイカー、ケイン、ビック・ショー、リキシ、ショーン・マイケルズ、ブロック・レスナー、
    ジョン・シナ、ランディ・オートン、シェーン・マクマホンなど多くのスーパースター達、
    そしてWWEユニバース(ファン)、家族、子供、妻に感謝します。
    また、現役のスーパースター達には失敗を減らし、ルールに従ってチャンスをつかめとアドバイスしたいと思う」
     
    アングル氏はスピーチをしながら、以前WWEで披露した小さいカーボーイハットやかつらをかぶり、
    “セクシー・カート”のパフォーマンスを披露して会場を盛り上げ、最後に特大サイズのミルクを2つを取り出し、
    決め台詞「It s true it s damn true!(ホントに ホントだぜ)」でスピーチを締めくくって
    ミルクを一気飲みすると会場は大歓声に包まれた。

    今年新たに殿堂入りしたベス・フェニックス、ダイヤモンド・ダラス・ペイジ、
    ロックンロール・エクスプレス、テディ・ロング、故リック・ルードの家族もこの記念セレモニーに出席。
    多くの関係者が集まるこの会場でその功績を讃えられた。
     
    また、ウォリアー賞は元アメリカンフットボール選手のエリック・ルグランド、
    レガシー部門では9人が選出され、日本プロレス界の父と称される力道山も選ばれている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00000100-spnavi-fight 


    【WWE殿堂入りのカート・アングルをシナが祝福…「ホール・オブ・フェーム」記念セレモニー】の続きを読む

    053

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 22:12:42.60 ID:CAP_USER9
    “日本プロレス界の父”力道山がレガシー部門でWWE殿堂入り

    米国の世界最大手プロレス団体WWEの殿堂式典が1日(現地時間3月31日)、
    米国オーランドで行われ、日本プロレス界の父と称される故力道山(本名・百田光浩)の
    レガシー部門での殿堂入りが発表された。
    日本プロレス界からは過去にアントニオ猪木、藤波辰爾が殿堂入りしている。

    力道山は24年に日本統治時代の朝鮮(現在の北朝鮮の区域)で生まれ、
    大相撲で関脇まで昇進するが50年に廃業してプロレス転向。
    米国で修行し、52年に日本プロレス協会を設立するとテレビ中継されて爆発的な人気を呼び、
    戦後の国民的スターとなった。だが、63年12月、暴漢に腹部を刺されたことが原因で現役のまま死去した。

    弟子には故ジャイアント馬場、故大木金太郎、猪木らがいる。
    次男の百田光雄、光雄の息子の百田力(リングネームは力)も現役プロレスラー。


    https://www.daily.co.jp/ring/2017/04/01/0010056233.shtml


    【“日本プロレス界の父”力道山がレガシー部門でWWE殿堂入り】の続きを読む

    01 (1)

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 22:56:30.12 ID:CAP_USER9
     プロレスラーの長州力が30日、都内で行われた映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の顔面ハッキングイベントに、劇中キャラクター、バトーの完璧なコスプレ姿で登場した。自身の入場曲「パワーホール」にのせて会場に現れた長州は、約2時間をかけた特殊メイクに「大変でしたよ。この格好なので、目が見えないし銃が重いんですよ」とボヤキ節だったが、司会者から「キレてますか?」と問いかけられると「キレてないですよ。これ言わせたいんでしょ」とサービス精神いっぱいに答えた。

     本作は、士郎正宗の人気コミックを押井守監督が映画化した『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』を、『スノーホワイト』のルパート・サンダーズ監督、スカーレット・ヨハンソン主演で実写映画化。ヨハンソンは主人公の少佐を演じ、少佐の右腕バトー役にピルー・アスベックがふんする。

     長州は本作について「僕はもともと映画が好きで、この映画も観ました。SFアクションというジャンルとしては、今まで観た映画の中でもダントツです」と太鼓判。 

     また、長州とともに少佐にふんしたコスプレでイベントに参加した武田梨奈は「素晴らしい予告映像のあとで、登場するのは怖かった」と緊張気味に語っていたが「このスーツを着て、あれだけのアクションを演じられるスカーレット・ヨハンソンはすごい。美しくて格好よくて切ない、憧れの女性です」と絶賛。さらに「日本人キャストも格好よかった。もし続編があるなら、わたしも参加してみたい」と笑顔をみせていた。

     この日は、琉球空手黒帯という武田が、長州に対してハイキックを見舞うという企画も。武田は「以前、長州さんとお会いしたときは優しくて笑顔が素敵だなって思ったのですが、今日はバトーになりきっていて怖い」と怖気づくも、その長州めがけてハイキックを披露。「反撃されるんじゃないかと身構えました」と語っていた武田だが、ミットで受け止めた長州は「すごいキレてました(キレがあった)」と発言し、会場を笑いに包み込んでいた。(磯部正和)

    映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は4月7日より全国公開


    【長州力「攻殻」バトー完璧コスプレ披露!2時間メイクも「キレてない」】の続きを読む

    このページのトップヘ