イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    374

    14: お前名無しだろ 2017/09/22(金) 15:17:02.88 ID:X1G+i8oNM
    株式会社DDTプロレスリングに関するお知らせ 

    2017年9月22日 

    平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 

    このたび株式会社DDTプロレスリングは9月1日付けで発行済み株式の100%を株式会社サイバーエージェント(代表取締役社長・藤田晋)に譲渡したことをご報告致します。 

    今後、DDTグループはサイバーエージェントグループの一員となり、引き続き事業を行って参ります。 
    なお、株式会社DDTプロレスリングの社名および組織の体制に変更はなく、高木三四郎が引き続き社長を務めます。 
    また、9月1日付で株式会社サイバーエージェント取締役の山内隆裕氏が株式会社DDTプロレスリング取締役に就任したことも合わせてご報告させていただきます。 
    http://www.ddtpro.com/ddtpro/50767/


    【DDTプロレスリングがサイバーエージェントグループの一員に】の続きを読む

    062

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/09/17(日) 01:29:50.86 ID:CAP_USER9
    「プロレス・WWE」(16日、エディオンアリーナ大阪)

    元新日本プロレスの中邑真輔(37)が凱旋試合で“インドの怪人”WWE王者ジンダー・マハルに挑戦して敗れ、
    日本人では79年のアントニオ猪木以来(WWEは非公認)の同王座奪取に失敗した。

    8月22日にもマハルに挑戦し、マハルの盟友シン・ブラザーズの乱入によって敗れている中邑。場内割れんばかりの
    大声援を受けて入場すると、蹴りの連打、けいれん式ストンピングなども繰り出して攻め込むが、シン・ブラザーズの
    度重なる介入などによって徐々にペースを握られる。

    それでも終盤、中邑はライダーキックをクリーンヒットさせてチャンスをつかむ。そして、必殺技キンシャサ(顔面への
    ヒザ蹴り)を放とうと滾らせたところに、またもシン・ブラザーズが妨害。中邑は2人を蹴散らしたが、背後からマハルに
    必殺技のカラス(コブラクラッチスラム)でマットにたたきつけられ、無念の3カウントを聞いた。

    試合後、中邑はシン・ブラザーズに暴行されたが、キンシャサをぶち込んで撃退し、溜飲を下げた。続けてマイクを握ると
    「帰ってきたぜ、大阪!」と絶叫し、「負けちゃったけど、またジンダーとヘル・イン・ア・セル(10月8日のペイ・パー・ビュー大会)で
    戦う権利を持っている」と、チャンスが残っていることをアピール。最後は「次の(日本)大会こそは、WWEチャンピオンになって
    帰ってきたいなーっ!そう、また会える。それまで、首を長ーくして待ってて下さい。WWEの、もっともっとスーパースターになって
    帰ってきます」と、超満員のファンに王座奪取を約束した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00000084-dal-fight


    【中邑真輔、大阪でWWE王座奪取ならず “インドの怪人”ジンダー・マハルに敗れる】の続きを読む

    056

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/09/14(木) 18:30:56.07 ID:CAP_USER9
     参議院のアントニオ猪木議員(74)が14日、都内で会見を行い、10月21日に
    両国国技館で「生前葬」を行うことを発表した。

     「生前葬」には、かつて名勝負を演じたスタン・ハンセン氏(68)、タイガー・ジェット・シン氏
    (73)、ドン・フライ氏(51)、藤原喜明(68)らが参列する。さらに
    「INOKI ISM・2 猪木劇場~アントニオ猪木生前葬~」と題した格闘技大会を開催し
    メインイベントのスコット・ノートン対ピーター・アーツを含む全7試合が行われる。

     猪木氏は、いつもの真っ赤ではなく紫色のマフラーを巻いて登場。
    「だいぶ前に友人が生前葬やろうよと言われて、話がそのままになってまして、
    急に盛り上がってきまして。何年か前に馬場さんが亡くなられて、リングの上で挑戦を受けろと
    言ってきたんですが、理由を付けて逃げ回られて、ある日、挑戦を受けると三途の川で待っていると。
    いつオレもそろそろ迎えが来てもいいかなと。その日までは元気で頑張って戦っていきたい」と
    話した。

     「INOKI ISM・2」の全試合は以下の通り。

     ▽第1試合(カール・ゴッチ杯2017 1回戦5分2回戦)鈴川真一対ヂエゴ安楽

     ▽第2試合(カール・ゴッチ杯2017 1回戦5分2回戦)桜井隆多対“brother”YASSHI

     ▽第3試合(タッグマッチ30分1本勝負)タカ・クノウ、蓮見隆太対ロッキー川村、マックス・ザ・ボディ

     ▽第4試合(30分1本勝負)ハマーストーン対モンターニャ・シウバ

     ▽第5試合(ムエタイマッチ ピン級3分3回戦)吉成名高対セガイ・ラッチアノン

     ▽第6試合(カール・ゴッチ杯2017 決勝戦5分2回戦)第1試合の勝者対第2試合の勝者

     ▽メインイベント(時間無制限一本勝負)スコット・ノートン対ピーター・アーツ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000144-sph-soci


    【アントニオ猪木、10・21両国国技館で「生前葬」…ハンセン、シン、フライ、藤原氏ら参列】の続きを読む

    048

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/09/13(水) 22:20:01.73 ID:CAP_USER9
    “悪魔仮面”ケンドー・カシン(49)が12日“野獣”藤田和之(46)の代理人に正式就任し、
    大仁田厚(59)に対面要求した。

    カシンは「本日、藤田和之氏から連絡があり『全権を委任する』との言葉をいただきました」と発表。
    さらには「今回の大仁田氏の行動に関しましては法的措置も辞さない覚悟で対応していく所存で
    ございます」と神妙に話した。

    カシンが問題視しているのは大仁田の主張だ。引退試合(10月31日、東京・後楽園ホール)の
    ポスターを手に対戦を拒否する藤田に対し「俺の名前を出した以上、引っ込めるのは男らしくない。
    ちゃんと自分でテーブルに着くか、リングに上がれ!」と要求していた。

    そもそも2人がすれ違ったのは、カシンが藤田の許可なく代理人を名乗り大仁田サイドと交渉したため。
    本来なら代理人を解任されても仕方ない状況だが、全権を任されたカシンは「今回の話は代理人の
    代理人を通じての話ですので、対戦が実現しなくてもポスター製作費などの損失を被るのは大仁田氏側です」と主張。

    さらに「藤田氏本人は大仁田氏と話していないですし、対戦しなくてもこちらには何の非もございません」と
    面倒な言葉を並べた。

    最後にカシンは「きちんと机の上で話し合うのが筋ではないでしょうか? 東金で話し合うのが一番いい」と、
    盟友・永田裕志(49)の25周年大会(10月21日、千葉・東金)での交渉を要求。騒動はついに東金まで
    飛び火し、混迷の一途となってきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000038-tospoweb-fight


    【藤田和之の代理人に就任したケンドー・カシン「大仁田氏に法的措置も辞さず」 永田裕志の25周年大会での交渉を要求も】の続きを読む

    01

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 20:38:54.53 0
    アスカちゃんNXT王者無敗のまま一軍RAW昇格すげええええええええええええええええええええええwwwwwwwwwwwwwwwwww



    【全米一番人気プロレス団体WWE RAWに日本人女子がデビュー決定した件について!【ASUKA】】の続きを読む

    このページのトップヘ