イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    030

    2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/16(日) 05:08:07.04 ID:CAP_USER9
    元横綱でプロレスラーの曙太郎(47)が福岡県内の病院に緊急入院していることが15日、分かった。関係者によると、11日に福岡県内で行われた試合後に体調の異変を訴え、救急車で搬送された。当初は10日間ほどで退院できる見込みだったが現在は薬で眠っている状態という。懸命の治療が行われており、家族が病院に駆けつけ、回復を祈っている状況だ。 

     関係者によると、曙の体調が急変したのは11日。昼は熊本・益城町の益城町立広安西小学校でチャリティーイベントに参加。その後、福岡に移動し、大牟田市文化会館で行われたプロレス団体・DDTの主催試合に出場した。元気な姿を見せていたが試合後に体調の異変を訴え、救急車で福岡県内の病院へ搬送された。 

     当初は10日間ほどで退院できる見込みだったが、長引く見込みという。現在は薬で眠っている状態で、集中治療室で治療が続けられている。13日には妻のクリスティーン・麗子さん(45)が病院に駆けつけた。回復の様子を見て東京の病院に転院する意向だという。 

     曙は12日のゼロワン・岡山大会を急きょ欠場。16日に神戸、19日に東京で出場予定だったレッスルワンの主催試合も欠場が発表されている。理由については「足のけがのため」としている。 

     2001年に大相撲を引退後、総合格闘家としてK―1に参戦、その後もプロレスラーとして活躍。2012年8月には大仁田厚(59)とノーロープ有刺鉄線・電流爆破デスマッチを行い勝利したが、火炎攻撃などの影響で、試合の5日後に急性肺炎で入院した。以後、肺の調子は思わしくなく、昨年3月にも試合中にせきが止まらなくなり、肺炎で約2週間の入院を余儀なくされていた。 

     曙は15年12月に、個人事務所兼所属団体「王道」を設立。昨年4月に旗揚げ戦を行い、けがや病気と戦いながら、最近もさまざまな団体の試合に精力的に出場していた。タレントとしても、今年3月31日放送のTBS系「今夜解禁!ザ・因縁」で、かつて交際していた相原勇(50)と20年ぶりに再会し、話題を呼んでいた。「王道」の公式ツイッターは12日以降、更新されていない。 

     ◆曙 太郎(あけぼの・たろう)旧名チャド・ローウェン。1969年5月8日、米ハワイ州生まれ。47歳。元高見山の東関親方にスカウトされ、若花田、貴花田兄弟らとともに88年春に初土俵。90年春、新十両。同年秋に新入幕。92年夏場所後に大関昇進。93年初場所後に外国出身者として初の横綱昇進を果たす。96年に日本国籍を取得。優勝11回。2001年初場所後に現役引退し、東関部屋付きの親方に。K―1参戦のため03年11月に退職したが、13年に東関部屋の師範代に就任。麗子夫人とは98年に結婚し1女2男がいる。身長201センチ、体重233キロ。


    【曙、緊急入院…プロレスの試合後に体調の異変訴え救急搬送】の続きを読む

    02

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/13(木) 12:11:05.33 ID:CAP_USER9
    WWE1軍のスマックダウンに昇格した元新日本プロレスの中邑真輔(37)が13日、昇格後初めて日本マスコミの電話インタビューに応じた。

    スマックダウンデビューの心境について「(デビューは)やっとという感じ。とりあえず1年間NXTでしっかり出ていたのが良かった。
    しっかり基礎を固めてからスマックダウンにでることができて良かった」と話した。

    またNXTについては「1年間やり切れたかなという感じ。NXTを1つレベルアップさせるために所属、
    配置させられたと受け取っていたので、その仕事が全うできたかなという気持ちはある」と充実感を強調した。

    自らが所属することになったスマックダウンの感想は「選手間の中ではスマックダウンの方がいいという話はある。
    ロッカールームにしても、レスリングの質にしても、若干、スマックダウンの方がしっかりレスリングをしていると言っている選手は多いですね」と話した。

    昇格後に絡むことになった元世界ヘビー級王者ドルフ・ジグラーについては「サイズは見ての通りボクの方がサイズ感はあるが、
    機動力とかレスリングの技術は信頼できるものを持ってるなという感じ。いいものをつくっていける」と期待感を示した。

    また、6月30日、7月1日に両国国技館で開催されるWWE日本公演に対しては「最初、ローで発表され、
    自分はスマックダウン所属なので日本に行けるチャンスがあるのかな。なにも報告されていないけど、是非行きたいなというのはあります」と意欲を見せた。

    古巣の新日本で、本間朋晃、柴田勝頼とリング上での事故があいついでいることには「1回、各レスラーの危険なワザ、
    リスクを顧みない試合の構成とかをもう1度考え直す必要がある」と最近の日本のプロレスのスタイルについて問題を提起した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-01807019-nksports-fight


    【<WWE 中邑真輔>日本のプロレスについて問題提起「危険なワザ、リスクを顧みない試合の構成…考え直す必要がある」】の続きを読む

    04

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/12(水) 17:26:07.23 ID:CAP_USER9
    【マサチューセッツ州ボストン12日(日本時間13日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会で中邑真輔(37)が登場。
    待望の一軍デビュー戦の相手は、元世界ヘビー級王者のドルフ・ジグラー(36)で確実となった。

     この日、ジグラーが「俺はSDに残った。最強であることを証明する」とマイクアピールしていると中邑のテーマ曲が鳴り響く。
    同時に大歓声が爆発する。先週の大会で衝撃のSDデビューを果たしたばかりとあって、場内は大「ナカムラ」コール一色だ。

     中邑が不敵な笑みを浮かべながらお辞儀をすると、ジグラーは不愉快そうに
    「お前は誰だ? このリングに来たばかりで俺様が誰だか分からないのか?」と吐き捨てる。
    中邑は「俺が誰だか知りたいか? シンスケ・ナカムラだ」と堂々たる態度で応答。ジグラーが蹴りを見舞うとその足をキャッチして「カモーン!」と臨戦態勢に入った。

     しかしジグラーは殺気に押されたのか、黙ってリングを降りる。中邑は深々と頭を下げ、再度全身をたぎらせながら引き揚げた。
    先週は大会後にダークマッチが行われたものの、残念ながら本格的デビュー戦はこの日も行われなかった。
    しかし因縁が生じたことでジグラーとのデビュー戦は確実。来週にも「世界の中邑」がいよいよ一軍のリングでその実力を証明しそうだ。



    【中邑 スマックダウンで元世界ヘビー級王者と因縁勃発! 一軍デビュー戦の相手はドルフ・ジグラー濃厚】の続きを読む

    123

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/12(水) 06:43:28.70 ID:CAP_USER9
    テレビ朝日系「ワールドプロレスリング」の解説者で元東京スポーツ編集局長の櫻井康雄(さくらい・やすお)氏が10日夜、
    亡くなったことが11日、分かった。80歳。

    東京都出身。通夜は15日午後6時から、
    葬儀・告別式は16日午前11時から神奈川県厚木市水引2の9の2、JAあつぎ第2グリーンホールで。

    櫻井氏は1961年からプロレス担当記者として活躍する一方、
    1970年代後半から80年代にかけて新日本プロレスのテレビ中継の解説者を務めプロレス人気を支えた。

    03年東京スポーツ退社。04年からデイリースポーツに「闘魂伝説 アントニオ猪木」を1年7カ月にわたって連載した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000027-dal-fight

    【<訃報>テレビ朝日「ワールドプロレスリング」の解説者櫻井康雄氏死去 記者からプロレス名解説者として活躍】の続きを読む

    116

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 23:36:30.79 ID:CAP_USER9
    新日本プロレスのプロレスラー・真壁刀義(44)が10日、自身のブログに金属アレルギーの“証拠写真”を公開。
    マネジャーが「(アレルギーが)本当なんですねッ」と疑っていたことを紹介し「コレで本当に俺様が金属アレルギーなのが
    分かっただろがぁーッ!!」と、キャラ作りを疑う声を否定した。

    真壁はこの日のブログで、クイズ番組の収録に参加したことを報告。真壁のトレードマークと言えば金属チェーンで、
    プロレスの入場時はもちろんバラエティ番組出演時にも身につけることが多く、収録当日も首からさげていたという。

    ところが、長時間に及ぶ収録で「途中から首回りが痒い」とアレルギーの症状が出たといい、かぶれてしまった項(うなじ)の
    写真を掲載。さらには「今回は最初からプラスチックだったのにッ!!いったいナゼっ(笑)!?」と、オチを付けて不思議がった。

    現役プロレスラーの真壁は、『コワモテの外見でスイーツ好き』という個性的なキャラクターを武器に、タレントとしても活躍。
    チェーンという凶器を身につけていながら、実は金属アレルギーという事実は“鉄板ネタ”として、多くの場面で紹介されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000122-dal-fight


    【真壁刀義、金属アレルギー?の証拠写真公開 “疑いの声”を強く否定】の続きを読む

    このページのトップヘ