イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    070

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/06/12(月) 00:05:13.58 ID:CAP_USER9
     永田が真夏の祭典「G1クライマックス」に今年で最後の出場にすることを明言した。

     大阪城ホール大会では真壁刀義、タイガーマスクWらと8人タッグで登場。
    最後は真壁が中西をフォールしてチームは勝利したが、自らは暴れたりない。
    試合後、報道陣の前で「物足りない。レスリングはシングル。早いけど夏に向けて
    準備は万全にして自分の全てをぶつけていく」とG1への熱い思いを語る。
    続けて「今年のG1で最後にします。最後の最後だ」と出場できるか不明だが、
    勝手に最後のG1を明言し、「最後のG1を取りに行く」と言いたい放題だった。



    【永田裕志「G1クライマックス」今年で最後の出場を明言】の続きを読む

    065

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/06/10(土) 11:15:10.54 ID:CAP_USER9
    9日放送の「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)で、元プロレスラー・前田日明氏の放送できない「武勇伝」に規制音が施された。

    番組終盤、オリエンタルラジオ・藤森慎吾が持ちネタ「武勇伝」を披露することになった。
    しかし、相方の中田敦彦は番組に不在だったため、司会の有田哲平は代わりに元レスラーの前田氏をセッティングしたのだ。

    スタジオでは、緊張に表情を一変させる藤森と前田氏で、武勇伝のネタが披露されることになった。
    ソファに座る前田氏に、藤森はネタ振りを始める。

    これに、前田氏は「高校時代、空手の路上教習と称して、○○○からバッチを取りました」と、ガチな武勇伝を明かす。
    肝心の部分は「バキューン!」と銃声で規制音が被さった。

    藤森は「ダメダメ…」と顔を曇らせと、前田氏は「まだあるよ?」と続け「えー、代官山鎗ヶ崎交差点で深夜2時。交差点を占拠している○○○をシバきました」と、規制音混じりに打ち明けた。
    スタジオが騒然となる中、藤森は「ダメだよー!」と、前田氏のそばに座り込むと「前田さんは、僕らのネタを勘違いされてる…!」と、声を絞り出し有田ら出演者から爆笑を誘っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13183325/


    【元プロレスラー・前田日明、藤森慎吾に“放送できないガチ武勇伝”を連発して規制音バキューン!」止まらず】の続きを読む

    056

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/06/09(金) 06:06:57.12 ID:CAP_USER9
    TBSでは来年2018年1月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時)で、嵐・松本潤が主演を務め2016年4月期に放送して大きな話題を呼んだ日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』のSEASON IIを放送することが決定した。

    (中略)

    SEASON Iでは“松本潤が日曜劇場初主演&弁護士役に初挑戦"“刑事専門弁護士に特化したドラマは連続ドラマ史上初"といったワードが注目を集め、“親父ギャグ"“プ女子(プロレス女子)"“小ネタ"の設定も話題を呼び、
    第2話と最終回で平均視聴率19.1%を獲得し、同クール放送のドラマの中で最高の数字を記録。さらに、全話平均視聴率でも17.2%と同クール内でトップとなった人気作品だ(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。
    TBSの連続ドラマでシリーズ化されたのは、日曜劇場『JIN-仁-』(2009年10月期、2011年4月期放送)以来6年ぶりとなり、歴史ある日曜劇場の中で2作品目と異例なこと。超型破りな若手弁護士役を演じる松本が、現実でも型破りなことをやってのけた。

    松本はSEASON Iに引き続き、主人公の深山大翔を演じる。深山は99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士だ。
    そして、深山とチームを組む敏腕弁護士・佐田篤弘役には香川照之。2人は前作同様、ぶつかり合いながらも依頼された事件に隠された事実を暴いていく。
    また、深山が刑事専門弁護士を志望するきっかけとなり、SEASON Iで事実を明らかにすることが出来なかった26年前の事件の行方にも注目だ。

    さらに、新ヒロインとして女優・木村文乃の出演が決定した。
    木村が演じるのは、元裁判官の弁護士・尾崎舞子。舞子は東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、司法修習を経て裁判官に任官。
    刑事裁判の担当としてキャリアを重ねていったが、ある事件がきっかけで裁判官を退官することに。退官後は司法の世界から距離を置いていたが、ある日親友の弁護依頼の付き添いでやってきた斑目法律事務所で、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と対立する。
    一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、新たな戦力として舞子を勧誘。最初は難色を示す舞子だが、深山とぶつかり合う中で、やがて弁護士として法の世界に戻ってくることを決意し、チーム斑目の一員となる。
    そんな彼女が、裁判官を退官するきっかけとなったある事件の裏には、元上司にあたるエリート裁判官の存在があった。
    その事件とは? そして、チーム斑目は、いずれこの男と対峙することになるが、その戦いの行方は?

    刑事事件の裁判有罪率は99.9%──
    絶対、逆転不可能な状況の中、
    残された0.1%の可能性にこだわって事実を追求する!

    <主演・松本潤さん>
    またこのチームで作品を作れることに興奮しています。深山大翔という人は僕にとって思い入れのあるキャラクターです。全スタッフで細部にまで拘り、楽しんで撮影していた日々を思い出します。
    香川照之さん演じる佐田先生をはじめ、個性豊かなキャラクターたちとの再会が待ち遠しいです。
    また、木村文乃さんとは初めて共演させて頂きます。新たな共演者の皆様にも楽しんで頂ける現場を一緒に作れたらうれしいです。
    ドラマの内容同様に最後の最後まで妥協せず、皆様に楽しんで頂ける作品になるよう、頑張ります!!
    来年1月の放送を楽しみに待っていてください!!

    <木村文乃さん>
    とても人気のある作品で、尚且つ前作から引き続き出演される皆さんの中に飛び込ませて頂く形になるので、早々に馴染みつつ、またいいスパイスになれるよう邁進します。
    そして、尾崎舞子は、どこをとっても難しい役柄です。悩むことやぶつかる壁も多そうですが、足下から一つずつ作り上げていけたらと思っています。また、松本潤さんや香川照之さんといった、頼れるリーダーや個性的で熱量の高いキャストの皆さんと並ばせて頂くことに恥じないよう、頑張ります。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    http://www.tbs.co.jp/999tbs/hanyou/img/main.jpg
    http://www.tbs.co.jp/999tbs/


    【松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』放送決定! 新ヒロインに木村文乃】の続きを読む

    051

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/06/09(金) 11:55:56.59 ID:CAP_USER9
    WWEのトップスター、フィン・ベイラー(35)が、日本公演「WWE Live Tokyo」
    (6月30日、7月1日=両国国技館)PRのため7日に来日。
    8日には大のWWE好きとして知られるJ1横浜マリノスのMF斎藤学(27)との対談が実現した。

    斎藤が昨年の「Jリーグベストイレブン」を初受賞した際、ベイラーはツイッターで
    「受賞おめでとう」とのメッセージを送ったという。この日が初対面となったが、
    ベイラーはPPV大会「エクストリーム・ルールズ」(4日)で着用したジャケットを、
    斎藤は横浜Mのユニホームをそれぞれプレゼントして交友を深めた。

    ベイラーは「日本に来て忙しい一日だったけど、多くのファンにも会えたし、
    斎藤選手に会えてユニホームをプレゼントしてもらった。とてもいい旅になった」と感無量の表情。
    斎藤も「こんな貴重なプレゼントをもらえるなんてビックリした。
    今日は本当に会えて大きなプレゼントになりました」と笑みを見せた。

    この対談の模様は後日、配信動画サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」で配信される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000074-tospoweb-fight 


    【WWEのフィン・ベイラーが来日、日本公演をPR 横浜M斎藤学との対談も実現】の続きを読む

    040

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/06/07(水) 09:47:42.98 ID:CAP_USER9
    あの男が帰ってくる。“悪魔仮面”ケンドー・カシン(48)が5日、千葉・外房で謎の白マスク男と合同合宿を敢行。
    とても一般人とは思えないゴツい白マスク男は、8日の超戦闘プロレスFMW新宿大会で、全日本プロレスの
    諏訪魔(40)率いる暴走ユニット「エボリューション」と6人タッグデスマッチで対戦するカシンに新たな凶器を授与。
    悪魔仮面はこの男をセコンド起用することも示唆した。その正体とは――。

    一方的に本紙を呼び出したカシンはこの日、トレーニング設備が充実しているという外房の友人宅で練習を公開した。
    8日に行われる暴走軍(諏訪魔、青木篤志、佐藤光留組)とのデスマッチに向けた最終調整だ。

    「はぐれ邪道軍」として大仁田厚、保坂秀樹とタッグを組むカシンは「まだ(5月の)FMW北海道3連戦の清算が
    済んでいない。高橋英樹社長は早く清算しろ」とブツブツ文句を言いながら汗を流していた。

    そこに突然、天井からロープを伝って白マスクの大男がカシンの前に登場。「IGF」と書かれたマスクを着用した謎の男は、
    人間離れしたバランス感覚でロープにぶら下がったまま「私は天の使いです。清算がまだ済んでいないようなので、
    とりあえずこの現金で当面をしのぎなさい」と悪魔仮面に現金を渡すと、ご丁寧にロープから転落した。

    再度ロープにぶら下がった白マスク男は、カシンも愛用するウクライナ産の武器・ブラワに有刺鉄線を巻きつけた凶器を
    取り出し「煮ても焼いても食えない諏訪魔はこの『有刺鉄線ブラワ』で叩きつぶしてカマボコにしなさい。そして大仁田厚氏と
    ともに村上会を壊滅し、NEWを整理しなさい」と告げた。この家の持ち主らしい白マスク男は、諏訪魔やIGFと因縁があるようだ。
    カシンのとても狭い交友範囲を考えても、正体は“野獣”以外にない。だとすれば、引退撤回↓現役復帰に大きく前進したことになるが…。

    やりたいことをやって満足したのか、カシンはここで練習の公開を打ち切り、不気味にうなずきながら「とにかく全部まとめて
    整理できるのはこの男しかいませんね、ハイ。8日は『天の使い』をセコンドに…」と満足そうな表情を浮かべた。悪魔仮面の
    周辺がまた面倒なことになってきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-00000031-tospoweb-fight


    【“悪魔仮面”ケンドー・カシンと合同合宿 天井から降臨した謎の白マスク男の正体は?】の続きを読む

    このページのトップヘ