イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    377


    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2015/12/18(金) 01:00:07.71 ID:CAP_USER*.net
    12月31日に開催される格闘技イベント「INOKI BOM-BA-YE 2015」(東京・両国国技館)の
    追加対戦カードが17日に発表され、“暴走王”小川直也と“破壊王ジュニア”橋本大地との一戦が
    組まれた。

    大会の会場となる両国国技館で行われた記者会見に、正装で訪れた小川に対し、大地は普段着で登場。
    この姿を見て呆れ顔となった小川は、「目の前にしてなんだけど、その格好は何なの? レスラーとして
    恥ずかしくないのかよ?」と苦言を呈す。これに自己流だと主張する大地に対し、小川は「お前何か
    勘違いしてんじゃないの? 親父が見たら泣くぞ」と詰め寄ると一触即発状態に。関係者が詰め寄る
    大地をなだめると、そのまま会見場を離れていく。

    その後ろ姿を見て小川は、「あいつにはがっかりだね。レスラーとしての対世間を考えたら、(大地の
    父である橋本真也さんは)服装はレスラーらしい格好をしていたよ。自己流とか言って、親父を
    否定しているのか? それを聞いたら天国の破壊王がどう思うか。俺が育てたわけじゃないけど、
    レスラーとは何たるかを改めて分からせてやる」と、『破壊王没10周年特別記念試合』の中で、
    制裁とレスラーの何たるかを思い知らせると語った。

    一方の大地は「あの人に突っ込まれるところがすごい低レベル。服装なんて別にいいじゃん。親父でも
    おかんでもないし」と小川の指摘自体が的外れだと話す。さらに「もともと試合をやりたくない。嫌いだし」と
    言った上で、「このカードになるまでが遅い。今さらという感じ。このカードに何の面白味も感じない。
    今さらお客さんやファンがこのカードを見たいの?」と試合自体に疑問を呈した。「今の小川は、ZERO1を
    立ち上げた頃の“暴走”して危ない時代とは違い、『ハッスル』の時のスタイルが抜けてない。今はそれよりも
    ひどい。(“暴走”時代のスタイルで来てほしい?)やるんだったら、そっちの方が面白いでしょ? その方が
    価値が生まれるよ」と、過去の“暴走王”スタイルの小川直也と戦えることを期待した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151217-00000101-spnavi-fight 


    【“暴走王”小川直也と“破壊王ジュニア”橋本大地が大晦日に初の一騎打ち=INOKI BOM-BA-YE】の続きを読む

    356


    1: ミドルキック(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/12/14(月) 19:40:36.31 ID:BSp7lonw0.net BE:961799614-PLT(13001) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/nacchi_face.gif
    元女子レスラー「デビル雅美」“第二のリング”はぬか漬けづくり 古里で奮闘中
    西日本新聞 12月14日(月)16時27分配信

    「デビル雅美」のリングネームで、女子プロレスの世界で30年にわたって活躍した吉田雅美さん(53)が、
    古里の北九州市でぬか漬け店の店長としてぬか漬けづくりに奮闘している。
    「プロレスの派手な技の裏には練習の積み重ねがある。ぬか漬けも地道な作業の継続が大事」と、
    ぬか床と“格闘”する日々だ。

    吉田さんは同市若松区出身。全日本女子プロレスに「興味本位で出した」履歴書が通過し、
    体力審査も合格。1978年に16歳でリングデビューした。現役時代はヒール(悪役)として、
    ジャガー横田さんや神取忍さんらと激闘を繰り広げ、人気を集めた。
     2008年に現役引退した後、若松の実家に戻り、近くのスーパーで働いていたところ、
    ぬか漬け店経営者から「体が丈夫で力持ち、料理好きな人を探している」と打診された。
    ぬか漬けづくりの経験は無かったが料理好きだったこともあり、11年に小倉城(同市小倉北区)の
    広場内にある「糠蔵(ぬかぐら)」の店長に就任した。

    全神経を指先に集中
     ぬか漬けの仕込みは午前6時に始まる。ぬか床のたる(重さ約10キロ)18個を
    保管場所から動かし、中をかき混ぜる。重労働だが「プロレスで全身を使った体の使い方が
    身に付いている」と苦にならない様子だ。
     ただ、ぬか床の管理を覚えるのには苦労した。気温や湿度のわずかな違いで味が大きく
    変わるためだ。ぬか床をかき混ぜる際の手触りで発酵具合を確認する。
    手応えを感じ始めたのはこの1年ほど。「全神経を指先に集中させる。けがをしないように
    気をつけるレスラーと同じ」と笑う。
     最近は現役時代のファンの来店が増え、記念撮影にも気軽に応じている。
    吉田さんは「今度はぬか漬けのファンになってもらえるよう頑張ります」と目を細めた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00010010-nishinp-soci
    http://lpt.c.yimg.jp/amd/20151214-00010010-nishinp-000-view.jpg


    【元女子プロレスラーのデビル雅美こと吉田雅美さん(53) 今はぬか漬け店店長】の続きを読む

    188


    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2015/12/13(日) 00:19:44.93 ID:CAP_USER*.net
    WWEの動画配信サービス「WWEネットワーク」が、いよいよ2016年1月5日(火)より
    日本からも加入できるようになります!
    このサービスは月額$9.99(約1,232円*)で、加入月は無料ですべてのコンテンツを
    試聴でき、いつでもキャンセル料がかかることなく解約できます。

    年間12回のペイ・パー・ビュー(PPV)のライブ放送全てを追加料金なしでご視聴
    いただけるほか、「ロウ」「スマックダウン」の再放送やWWE、WCW、ECWが過去に
    放送したペイ・パー・ビュー、オリジナルプログラムなど4000時間以上のビデオ・
    オン・デマンドライブラリーが、いつでもどこでも視聴可能です。
    WWEネットワークは、パソコンやモバイル機器のほか、Apple TV、Amazon Fire TV、
    Sony PlayStation 3、Sony PlayStation 4、Xbox One、Xbox 360などのゲーム機でも視聴できます。


    「熱い情熱を持って応援してくれるファンが多い日本は、WWEにとって戦略的に非常に
    重要なマーケットです。私達は『WWE』というブランドを国際的に発展させることを目標と
    しています。WWEネットワークの全世界での展開は、その目標を達成するためにきわめて
    重要なのです」WWE最高戦略及び財務責任者ジョージ・バリオスはこう述べています。

    なお、詳しい加入方法や視聴方法は、後日、本サイトに掲載いたします。
    WWEユニバースだけでなく、全てのスポーツファン、エンタメファン必見のWWEネットワーク、
    2016年は366日WWEネットワークをお楽しみください!

    ※ WWEネットワークは英語でのサービスとなります/*決済時の為替レートにあわせて変動いたします
    ※ 2016年のPPV大会、NXTの日本での放送は、WWEネットワークでの英語放送となる予定です


    ーーーー
    主なWWEネットワークオリジナル番組

    ●「ブレイキング・グラウンド」
    WWEネットワークの最新オリジナルシリーズ。WWEスーパースター、ディーバが誕生するまでの
    インサイドストーリーをWWE育成施設「パフォーマンスセンター」から視聴者にお届けします。

    ●「Swerved(原題)」
    「ジャッカス・ザ・ムービー」(2002)等を世に送り出したジェフ・トレメインが監督するシリーズ。
    WWEスーパースター、ディーバ達がお互いにいたずらを仕掛けるドッキリ番組。

    ●「ザ・マンデー・ナイト・ウォー」
    ビンス・マクマホン(WWE)とテッド・ターナー(WCW)が、90年代後半から月曜夜同じ時間帯で番組を
    放送し視聴率を争った「仁義なき戦い」を20のエピソードに訳オリジナルドキュメンタリーとして放送。

    ●「ストーン・コールド ポッドキャストライブ」
    WWE名誉殿堂者ストーンコールド スティーブ・オースチンが司会を務める、掟破りのインタビュー番組。
    彼ならではの鋭い切り口で相手に切り込むインタビューは必見!

    ●「NXTテイクオーバー」
    WWEの未来はここにある!次代を担うスーパースターたちが自らの実力を証明するために、激しい戦いを
    繰り広げるNXTの2時間スペシャル。これは単なる進化(evolution)ではなく、革命(revolution)だ!
    日本人スーパースター、イタミ・ヒデオと日本人ディーバ、アスカの活躍もお見逃し無く!

    ●「WWE24」
    WWEのスーパースターやイベントに密着、激動の24時間を追った30分のドキュメンタリーシリーズ。

    ●「トータル・ディーバ(シーズン1?3)
    他では見られないWWEトップディーバたちのリング外の私生活を垣間みることができる番組。

    http://www.wwe.co.jp/article/2015/12/1105.html



    【WWEネットワーク、日本でも2016年1月5日(火)よりサービス開始!! 月額$9.99】の続きを読む

    330


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/12/11(金) 22:22:08.94 ID:CAP_USER*.net
    新日本プロレスが1月4日に開催する東京ドーム大会に、ももいろクローバーZの有安杏果が参戦することになった。
    有安の大ファンであるプロレスラー・邪道のリクエストに応え、時間差バトルロイヤルに参加するという。
    だが、肝心のプロレスファンからの反応はどうにも思わしくないのである。プロレスに詳しいライターが教えてくれた。

    「プロレスファンからは『ももクロってもうオワコンだろ』とか、『紅白だけじゃなくプロレスも卒業したら?』など、否定的な意見がほとんど。
    中には『紅白落選の疫病神は来なくていい』という過激コメントもあるほどで、好意的には受け止められていないのです」

    だが、邪道のようにももクロファンを公言するレスラーは少なくないし、ライブにレスラーがゲスト出演するなど、
    ももクロとプロレスのコラボは順調に見えるのだが。前出のライターが続ける。

    「最初のうちはプロレスファンのほうも、プロレスの魅力を広めてくれるとして歓迎ムードでした。
    ところが、実際にはプロレスファンのマネージャー・川上氏が積極的なだけで、メンバーたちはさほど興味がないことが発覚。
    最近は、川上氏だけ喜んでいる姿が透けて見えるとして、ちょっとしたももクロアレルギーすら見られるほどです」

    当の邪道はももクロの紅白卒業コメントをもじって、「東京ドームのど真ん中を歩きます!」と宣言しているが、
    この調子だと何の罪もない有安にブーイングが浴びせられそうな状況だ。

    「今のところは有安一人だけの参戦ですが、プロレスファンの間では『どうせ全員で来て1曲歌っていくんだろ』という予測も。
    仮にそうなったとしても、ドームを埋めた観客が沸くということはないでしょうね」

    2016年には5大ドームツアーを予定するももクロ。東京ドーム大会では、その下見に来たとウソぶくのだけはやめておいたほうがいいかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1055742/ 


    【ももクロ有安杏果が新日本プロレス1.4東京ドーム参戦をブチ上げる】の続きを読む

    097


    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 12:41:00.96 ID:CAP_USER*.net
    オカダが2年ぶり3度目のMVP=プロレス大賞受賞者一覧
    12月8日(火)11時0分配信

    東京スポーツ新聞社制定「2015年度プロレス大賞」が発表され、新日本プロレスのオカダ・カズチカが
    2年ぶり3度目の最優秀選手賞(MVP)を受賞した。
    オカダは1.4東京ドームで棚橋弘至に敗れIWGPヘビー級王者から陥落するも、7月にAJスタイルズを
    撃破し王座返り咲き。さらに、天龍源一郎の引退試合の相手を務めた一戦で年間最高試合賞(ベストバウト)も
    受賞し2冠達成となった。
     
    また、最優秀タッグチームには大仁田厚&長与千種が史上初となる男女混合タッグで受賞。
    殊勲賞には鈴木軍としてノアで大暴れしている鈴木みのる、
    敢闘賞に関本大介を倒しストロング王座を初戴冠した大日本プロレスの岡林裕二、
    技能賞に「こけし」で大ブレークした本間朋晃が選出された。

    ■「2015年度プロレス大賞」受賞者
    ・最優秀選手賞(MVP):オカダ・カズチカ(新日本プロレス)
    ・年間最高試合賞:天龍源一郎vs.オカダ・カズチカ(11月15日・天龍引退興行・両国国技館)
    ・最優秀タッグチーム賞:大仁田厚(大仁田厚プロレスリング)&長与千種(マーベラス)
    ・殊勲賞:鈴木みのる(パンクラスMISSION)
    ・敢闘賞:岡林裕二(大日本)
    ・技能賞:本間朋晃(フリー)
    ・新人賞:該当者なし
    ・特別功労賞:天龍源一郎(天龍Project)
    ・女子プロレス大賞:紫雷イオ(スターダム)

    Yahoo!ニュース(スポーツナビ 12月8日(火)11時0分配信)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-00000101-spnavi-fight



    【「2015年度プロレス大賞」、オカダ・カズチカが2年ぶり3度目のMVP…最優秀タッグチームは大仁田厚&長与千種】の続きを読む

    このページのトップヘ