イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    051

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 09:46:54.87 ID:CAP_USER9

     「モンゴル帝国の末裔として全米を震撼させた」昭和のレジェンドレスラー、キラー・カーンさん(本名・小沢正志、70)が19日、初の自伝となる「“蒙古の怪人”キラー・カーン自伝」(辰巳出版、1380円+税)を出版した。

     1980年代、ニューヨークMSG(マジソン・スクエア・ガーデン)を舞台に、アンドレ・ザ・ジャイアントやハルク・ホーガンと抗争した戦うモンゴリアン。
    87年末に引退してから30年、「居酒屋カンちゃん」の店主として、プロレス界と一線を画してきた男が、70歳となり、ついに人生を振り返った。

     日本人として新潟に生まれ、大相撲・春日野部屋の幕下・越錦から、日本プロレスに入門。
    77年末のメキシコ遠征時に「テムジン・エル・モンゴル」を名乗ってから、キラー・カーンとしてブレークするまでの“モンゴル人”としての10年間を初めてまとめている。

     「モンゴル人としてやってくれ」と発案したのは、プロレスの神様、カール・ゴッチだったという。
    アンドレの足折り事件の真相や、米国人妻との結婚秘話。
    「『長州を殺す』と決意した」という物騒な章も…。

     居酒屋の店主として、当時の裏話をお客さんに披露してきたが、本人の記憶と幻想がないまぜになって“プロレス的”になっていたストーリーを、元「週刊ゴング」記者で同社が出版するプロレス専門誌「Gスピリッツ」の佐々木賢之編集長(45)が“歴史検証”しており、“モンゴル人ではないモンゴリアン”の真実が書かれている。

     この出版をあおるように「Gスピリッツ vol.43」(1148円+税)では、「キラー・カーン以前の蒙古人たち」というかなりマニアックな特集が組まれ、日本でも有名なモンゴリアン・ストンパーらモンゴル人を名乗った異国人から、本物のモンゴル人ながらドイツで日本人役だったというイスカ・カーン・ティキというレスラーまで紹介されている。
    東京・新宿区の「居酒屋カンちゃん」(※所在地省略)では30日に出版記念トークショーも。
    店での字にならない話も魅力的だ。

     ◆キラー・カーン 本名・小沢正志。現在はキラー・カンを名乗っている。
    1947年3月6日、新潟県西蒲原郡吉田町(現・燕市)生まれ。70歳。
    1963年に大相撲春日の部屋に入門、四股名・越錦として最高位幕下。
    71年に日本プロレスでデビュー。73年に新日本プロレスに移籍し、77年にメキシコでテムジン・エル・モンゴル、79年に米国でキラー・カーンとして“モンゴル人キャラ”に。
    新日本プロレス、ジャパンプロレス、全日本プロレスに凱旋した。米国でNWA・USタッグ(パートナーはパク・ソン)などを獲得。
    82年には日本開催のMSGリーグ戦、MSGタッグリーグ戦(パートナーはタイガー戸口)でともに準優勝。
    87年末にWWF(現WWE)で引退。帰国し「居酒屋カンちゃん」店主を30年務める。全盛期は195センチ、140キロ。


    【「私はモンゴル人ではない」 “蒙古の怪人”の真実…キラー・カーンが初の自伝出版 30日に記念トークショー】の続きを読む

    052

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 23:57:53.21 ID:CAP_USER9
     DDT29日の後楽園大会で英国出身の美女戦士ハイジ・カトリーナ(27)と対戦する赤井沙希(30)が17日、大事な“チチ”を罵倒されてしまった。

     今回はハイジの対戦要求が実り6人タッグ戦が決定。しかしこの日の会見では「なぜ赤井と戦いたいのか?」との質問に対するハイジのまじめな回答を、
    敵軍の佐々木大輔(31)が歪曲して通訳。「あんな貧乳のヤツがリングに上がって恥ずかしくないのか。生きていて恥ずかしくないのか」と実際とはかなり異なる悪口を伝えた。

     英検4級レベルも怪しい英語力の赤井が、このワナを見抜けるわけがない。「初対面でそんなことを言われるなんて心外なんで、スイッチ入りました。
    胸は量より質だってことを後楽園で見せてやります」と一触即発ムードに…。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000031-tospoweb-fight



    【赤井沙希“貧乳”イジられ激怒】の続きを読む

    049

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 19:00:19.24 ID:CAP_USER9
    プロレス界のレジェンド、藤波辰爾(63)の「デビュー45周年記念ツアー」に参戦するベイダー(61)が18日、成田空港着の航空機で来日した。
    都内で会見したベイダーは「久しぶりに来日できてうれしい。日本はいい思い出ばかりで今回もいい思い出を作りたい。
    顔もひげも白くなって米国ではサンタクロースと呼ばれていますがが、元気です」と話した。

    ベイダーは昨年11月に交通事故に遭い、自身のツイッターでうっ血性心不全で医師から余命2年の宣告を受けたと公表していた。
    不安視されている体調について「いろんなうわさがあったのは知っています。
    実は車の事故にあって2、3日入院して退院の日に病院の院長から心臓が悪いとあと2年しか生きられないと言われた。
    私は、先生にそれは違うと言った。まったく信じていないと言って退院した。
    すぐにジムで3時間トレーニングして、ずっとトレーニングを続けて、病気じゃないと思っている。
    いろいろな病院へ行って院長を含めて6人の医師に診察を受け、最初の医師と同じ意見が4人で2人は違うと言っている。
    この4人は同じ病院の医師なので同じ意見なのは当然で私は信じていない。自分自身は問題ない。
    レスラーとして生活して最後まで戦いたい。藤波さんとも何回も話をした。私はここにいる。元気です。今回もリング上で問題はない。
    例え4人の医師が正しくても私はこの生活を続けたい。ベイダーは死なない。私は死にたい時に死ぬ」と明かした。

    さらに「最初の医師にはゆっくりして寝ていた方がいいと言われた」と話すと、立ち上がって力こぶを作り「どうですか?みなさん。病気に見えますか」と
    報道陣へ体調不安説を打ち消すパフォーマンスを敢行。「私はベイダーです。これが私です。ベイダーとして人生を続けていく」と話した。

    また、11月の交通事故について「私が居眠り運転をしてしまい車が横転した。で車から40メートルぐらい飛んだ。その事故で死ぬはずだった
    。背中、ひざ、頭もケガをしたが今は問題ない」と不死身の肉体をアピール。現在も1か月に8回ぐらい試合をしているという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00010000-spht-fight 


    【余命2年宣告のベイダー来日「最後まで戦いたい」…藤波辰爾デビュー45周年ツアーに参戦】の続きを読む

    026

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 18:14:01.02 ID:CAP_USER9

    プロレスラーの藤波辰爾(63)が15日、神戸市中央区のデイリースポーツを訪問した。

    藤波と言えば、3月12日にテレビ朝日系で放送された現役・OBレスラー200人、
    ファン1万人が投票して選ぶ「プロレス総選挙」で上位20位以内に入らなかった。
    アントニオ猪木に続く日本人2人目のWWE殿堂入りを果たし、NWA世界ヘビー級王座、
    IWGPヘビー級王座など数々の輝かしい戦績を誇りながら、20人からは漏れた。

    “時の人”の訪問に、デイリースポーツのHP「まとめ」コーナー内で激しく異議を唱えて反論し、
    13日深夜に放送された同局「お願い!ランキング お願い!超選挙」(関東ローカル)にも出演した
    デイリースポーツ整理部デスクの和田康志記者も、『30分一本勝負』のトークに“参戦”した。

    番組は見ていたという藤波。順位は実施されたアンケートに基づいて、1位アントニオ猪木、
    2位ジャイアント馬場以下、20位まで発表された。よもやの?落選にも
    「ぼく自身は何も引っかかるものはない。むしろ、周りの方の反響が多かった」と“神対応”。

    そして「見ていく中で首をかしげるところはあった」と前置きした上で
    「今の状況もある。もしかしたらないだろうな、というのはあった。
    (アンケートで)3人を選ぶとなるといろいろと難しい。名前が出てこないかもしれない。
    ぼく自身は印象的なことを起こしていないからね。いてくれて当たり前で、印象が薄いのかもしれない。
    でも、かえって外された方が良かった。中途半端に19位とか20位とかになるよりはね」と、
    プライドものぞかせた。

    番組を見ていた長男でプロレスラーのLEONA(藤波怜於南、23)からは
    「お父さん、たぶん出ないよ」と言われたという。
    愛息の“忠告”について「息子は小さいころから読みが深いんですよ。
    プロレスをいろいろと分析していたし、ぼくよりも詳しい」と、目を細めた。

    ちなみに、藤波の1位は「プロレスをいろいろな角度から見ている」などの理由で
    「アントニオ猪木」という。そのほか、力道山、ジャイアント馬場、
    アンドレ・ザ・ジャイアントらの名前も挙げたが「3人には絞りきれない」と悩みも打ち明けた。

    藤波は、ドラディションの4月20日後楽園ホール大会、22日博多スターレーン大会、
    23日のエディオンアリーナ大阪・第二競技場大会で、デビュー45周年記念ツアーを行う。
    大阪大会では長州力、ビッグバン・ベイダーと組み、藤原喜明、越中詩郎、佐野巧真との6人タッグに臨む。

    往年のライバル、ベイダーとは、かつて組んだこともあるが
    「これまでなかなか組めなかったカード。ファンの方には、その当時を思い出してみてほしい」とPR。
    63歳になったプロレス界のレジェンドは、記録だけでなく、記憶にも残る試合を、
    これからもファンの脳裏に刻み続けていく。

    https://www.daily.co.jp/ring/2017/04/15/0010098798.shtml 

    【藤波辰爾(63)、「プロレス総選挙」上位20人からの“落選”に「かえって良かった」】の続きを読む

    このページのトップヘ