イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    _SL500_AA300_



    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 00:03:05.67 ID:???0.net
    旗揚げ20年目のIWAジャパンが、10月13日の東京・新宿フェイス大会を最後に事実上、
    活動を休止する方針であることが29日に分かった。同大会では団体を率いる浅野起州社長(61)の
    引退記念試合が行われる予定。過激なデスマッチ路線で始まり、新宿2丁目劇場で人気を博した
    伝統のインディ団体が大きな岐路を迎える。

    IWAは5月18日の「旗揚げ20周年記念大会」(新宿)に続き、今年2回目の興行を10月13日に行う。
    大会タイトルは「不滅の飯屋魂」と銘打たれ、団体の顔であると同時に新宿2丁目で定食屋「花膳」を営む
    浅野社長が中心になっている。

    だが、サブタイトルには「浅野起州引退記念興行」の文字が入り、メーンでは小峠篤司(28=ノア)with
    浅野社長対足立区の巨大モグラ(♂)withハル・ミヤコ戦が行われることが決定。同社長はいつになく
    神妙な表情で「老体にムチ打ってやってきましたが、一つの区切りをつけます」としみじみと語った。

    2000年2月のフレディ・クルーガー1&2号戦を皮切りに、これまで8試合に出場してきた。だが10月1日に
    62歳の誕生日を迎えるのを機に、引退を決めたという。きっかけは今年2月。体に異変が起こった。突然、
    目の前が紫色になったのだ。言語障害も出たため病院に行ったところ、診断結果は脳梗塞。血圧は200を
    超えていた。

    医師からは即入院を勧められたが「従業員の生活もあるから」と拒否。毎日店舗に足を運んだ。通院治療と
    リハビリにより3週間で言語障害は治ったが、体調面に不安を抱えている。浅野社長は10・13大会以降の
    スケジュールを「お天道様にも聞いてごらんなさい。『何も決まってない』って言うわよ」と強調した。

    IWAは1994年5月に旗揚げ。“荒馬”テリー・ファンクやUFC草創期に活躍したダン・スバーン、後に
    WWE殿堂者となるカクタス・ジャックら多彩な顔触れで過激なデスマッチ路線をひた走った。その後は
    「新宿2丁目劇場」にシフトチェンジ。ターザン後藤が無銭飲食事件を起こしたり、数々の流血の惨事が
    起きたり…の大騒ぎで人気を博した。

    ここ最近は規模を縮小し、年数回という興行数だった。それでも定期開催は継続してきたが、今後は白紙の状態。
    新宿2丁目劇場にも幕が下ろされようとしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140930-00000027-tospoweb-fight



    【IWAジャパン活動休止へ 浅野起州社長引退で20年の歴史に幕】の続きを読む

    10806



    1: きのこ記者φ ★@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 09:41:33.25 ID:???0.net
    美しい空中技で多くのファンを魅了してきたプロレスラー、ハヤブサさん(45)。
    所属団体のエースとして活躍していた13年前、試合中に頸椎(けいつい)損傷の大けがをして全身不随となった。
    懸命のリハビリにより、つえを使って約200メートル歩けるまでに回復。
    「5年後、レスラーとして再びリングに立つ」と力強く宣言する。(竹岡伸晃)

    平成13年10月22日、後楽園ホール(東京都文京区)での試合中のことです。後方宙返りをして相手に体をぶつける
    「ムーンサルトプレス」という技を出す際、ロープにかけていた足が滑り、頭から落下してしまいました。

    一瞬気を失った後、意識が戻ってまず考えたのは「試合中だから動かなくては」。
    ところが、首から下の感覚がまったくなく、手も足も動かない。
    試合を止めてもらい、リングに大の字になったまま「復帰するまでにちょっと時間がかかるかもしれないけど、
    帰ってきたいと思う」とファンに語りかけました。

    都内の病院に救急搬送され集中治療室に。医師の診断は、「頸椎を損傷している。3カ月以内に感覚が戻らなければ
    一生このままの状態が続くことも覚悟してほしい」

    最初は「すぐ良くなるだろう」と楽観していたのですが、「冷たい岩に首だけ生えている」ような感覚が続きました。
    痛みやかゆみ、便意が感じられず、食事や排泄(はいせつ)も自分ではできない。「一生このままだったら…」と思うと気が狂いそうでしたね。
    生きる意味が分からず、死ぬ方法ばかり考えていました。ところが体が動かないのですぐ近くの窓から飛び降りることもできない。
    「死ぬことすらできないのか」。情けなくてベッドの上で泣き続けました。

    光が見えたのは同じ年の12月。心臓手術をしたことで約1カ月半続いた高熱がスーッと下がってきました。
    手術後先生に具合を聞かれ、「最悪です」。そう答えた瞬間、「俺はしゃべることができるじゃないか」と気付いたんです。
    それまでは「体が動かない」ことばかり考えていたので、少し気持ちが楽になりましたね。

    同じタイミングでわずかに指先が動いた気がしました。「神経がつながっている。まだ(プロレスで負けを意味する)3カウントは入っていない」。
    闘志に火が付きました。「もう一度自分の足で立つ。そして必ずリングに上がる」。周囲にそう宣言し、前向きにリハビリに取り組み始めました。
    リハビリでは意識と体の動きを合わせる訓練が続きました。
    思い通りにならない体にいらだちを感じたこともありましたが、新弟子時代の厳しいトレーニングを思い出し、「やればできる」と気持ちを奮い立たせました。

    15年3月に退院。看護師の手を借りながら5メートル歩いて病院を出ました。
    「ここからまだ長いな。もっと楽に、速く動けるようにならなければ」。地面を踏みしめながらそんなことを考えていました。

    退院後、リハビリを続けながらシンガー・ソングライターとして活動を始めました。1作目の「自分を信じて」は自分自身への応援歌。
    「ゆっくりでもいい 一歩ずつ進んでいこう かっこ悪くてもいい 今は何も見えなくても 自分を信じて-」という歌詞は退院時の思いをつづったものです。
    これまで約50曲を作詞・作曲しました。いずれも頑張っている人に「頑張って」と伝える歌。
    つらいときに力になったのは、ファンや家族、仲間の心からの「頑張って」という言葉でした。これからも歌い続けたいと考えています。

    けがをしたおかげで人の倍以上、人生が充実しています。「リングへの復帰」という大きな夢も持つことができました。
    退院後に始めたハーフスクワットは1日100回できるまでになりました。「徐々に体が元に戻ってきている」という実感があります。
    5年後、後楽園ホールで再びリングに立つ。マスクをかぶりレスラーとして闘う。自分を信じて必ず実現させます。

    「諦めなければ夢は終わらない。お楽しみはこれからだ!」

    【プロフィル】
    はやぶさ(本名・江崎英治) 昭和43年、熊本県生まれ。平成3年、プロレス団体「FMW」入門。
    多彩な空中技を武器にエースとして活躍していたが13年10月、試合中の事故で頸椎を損傷。
    現在、リハビリを続けながらシンガー・ソングライターとして活躍、講演活動にも力を入れる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140925-00000504-san-spo



    【一時全身不随となったレスラー・ハヤブサさん、復帰に自信…「5年後に」】の続きを読む

    images (3)


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:20:27.81 ID:???0.net
    “仮面貴族”ことメキシコのレジェンドプロレスラー、ミル・マスカラス(72)が、
    サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督(55)に熱血エールを送った。

    同じメキシコ人のアギーレ監督を現役時代から応援していたマスカラスは、
    初陣となった9月のキリンチャレンジカップで2戦1分け1敗のスタートになったアギーレジャパンが10月の親善試合から「結果」を出すと予期した。

    マスカラスが意外な事実を口にした。8月に日本代表の新監督に就任したアギーレ監督について本紙が聞くと、
    「彼のことは知ってるよ。私は、彼が選手のころから見ていたからね。もちろん、日本代表の監督になったことも知っている」
    と話し、覆面越しに柔和な笑みを浮かべた。

    1958年12月1日にメキシコ市で生まれたアギーレ監督は、78年から自国リーグで活躍。
    クラブ・アメリカに所属した84年には、リーグ優勝を果たした。また、同国代表選手として86年のメキシコW杯ではベスト8に輝いている。
    そんな若き日のアギーレ監督を、仮面貴族は当時から注目していたという。

    メキシコの英雄であるマスカラスは、大の日本通として知られる。71年の初来日前に柔道をやっていたことから日本に興味を持ち、
    書籍などで学んだ。今でも来日ごとに寺社巡りをするほどで、同じメキシコ人が初めて日本代表の監督になったことに、喜びを感じているという。

    アギーレ監督を30年以上前から知り尽くすだけに、期待は大きい。同監督率いる新生日本代表は9月の親善試合は1分け1敗で、まだ白星がない。
    だがマスカラスは「いいチームを作ってくれることを望んでいます。彼なら大丈夫でしょう。
    アギーレに『マスカラスがよろしく言っていた』と伝えてください」と話すように、10月からの親善試合では必ず結果を残すことを確信している。

    マスカラスの次の来日は東京愚連隊興行「TOKYO DREAM 2014」(12月11日、東京・後楽園ホール)になる予定だが、
    今後は日程が合えば、直接応援に行くことも考えられる。母国の英雄から届いたゲキに、アギーレ監督が応えられるか注目だ。



    【“仮面貴族”ことメキシコのレジェンドプロレスラー、ミル・マスカラス確信「アギーレ監督は成功する」】の続きを読む

    01 (1)


    550: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/09/18(木) 20:54:10.19 ID:NcOO1cmW0.net
    オッサンやが、昔猪木は最強なんやと思っていたよ。
    つか、今もそう思いたい。
    最近は全くプロレスは観ないけど、また盛り上がってきたなら、
    本当に嬉しい。





    【人気再燃…新日本プロレス 親会社交代で売り上げ倍増、東京ドーム興業は満員 2】の続きを読む

    20090619b1


    1: きのこ記者φ ★@\(^o^)/ 2014/09/18(木) 18:20:34.38 ID:???0.net
    今、新日本プロレスが盛り上がっている。2014年1月4日に開かれた東京ドームでの興行は、満員の3万5000人に膨れあがり、
    都内での試合はもちろん、地方でもチケットの売り切れが相次いでいる。
    テレビにおいても、バラエティーやクイズ番組で、新日本の選手を目にする機会が増えている。

    新日本プロレスは2014年で創設42年目。アントニオ猪木が立ち上げ、長州力や武藤敬司、蝶野正洋といった数々のヒーローを生んできた。
    しかしPRIDEやK-1といった格闘技人気にも押され、2000年代は人気が低迷。オーナー会社も移り変わり、
    2012年には『カードファイト!!ヴァンガード』などのカードゲーム事業で有名なブシロードが親会社となった。

    イケメン選手が増え、コスチュームも派手になった。「100年に1人の逸材」と言われる新日本のエース棚橋弘至(写真右)と、
    ライバル関係にある、プロレス界に金の雨を降らす男「レインメーカー」オカダ・カズチカ(同左)

    ■徹底した宣伝戦略を展開、観戦方法も多角的に
    G1 CLIMAXは「真夏の祭典」と言われる、シングルマッチリーグ戦。2014年8月10日の決勝は規模を拡大して西武ドームで開催された。
    オーナーチェンジ後、新日本プロレスは変わった。最初の改革は徹底した宣伝戦略だった。
    テレビCMや雑誌広告を増やし、時には山手線をジャックした宣伝車両を走らせた。
    2012年度の広告費は1億~2億円とも言われ、以前とは桁の違う額が投入された。
    企業とのコラボも積極的に行い、2014年夏はCoCo壱番屋でオリジナルメニューを出したり、
    ファッションビルで有名な109メンズのCMにも人気選手が出演した。また情報発信のためツイッターを推奨し、
    今やアカウントを持つ選手は20人を超えている。

    こうした戦略は、親会社のブシロードが培ってきたものだと手塚要社長は語る。
    「エンターテインメントの世界において、我々が常に実践してきたのはとにかく宣伝に力を入れること。
    『はやっている感』を打ち出すことが、とても大事なんです」。この作戦は流行に敏感な女性も動かした。
    若いイケメン選手の売り出しも功を奏し、今やファンの3割は女性が占める。

    (続きます)
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO76160640W4A820C1000000/?dg=1

    【人気再燃…新日本プロレス 親会社交代で売り上げ倍増、東京ドーム興業は満員】の続きを読む

    このページのトップヘ