イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    153

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/01/15(火) 11:58:12.18 ID:SUijIQTb9
    明けましておめでとうございます。蝶野正洋が振り返る平成プロレス新年1回目は小川直也選手と橋本真也選手について話そう。

    2人が抗争を繰り広げたのはnWoが活動していたのと同じ頃。
    柔道の世界チャンピオンから格闘家に転向した小川選手は、アントニオ猪木さんが始めた団体の所属選手として新日本プロレスに参戦していた。

    97年4月の橋本選手とのデビュー戦では勝ったけど、1カ月後の再戦ではKO負け。
    同年8月のグレート・ムタ戦では完全にnWoのアメリカンスタイルに食われて負けた。うまく才能を発揮できない状況に、
    猪木さんも新日本の本隊に任せていたらダメだ、あれだけのいい素材が生きないと思ったんだろう。
    そこで小川選手を自分のところに引き戻して、ストロングスタイルの新日本本隊にぶつける形にした。
    それが、不穏試合と言われる99年1月4日の橋本選手との3度目の対戦につながったんだと思う。

    あの試合は、小川選手が入場時から興奮状態。ゴングが鳴るといきなり顔面パンチを繰り出すなど、いつもと様子が違った。
    タックルで何度もしがみついてこらえる橋本選手を厳しく攻め続け、一方的に殴る蹴るの形でノーコンテストとなった。
    自分らは控室で見ていて不思議だった。
    これはプロレスなのか、小川選手が仕掛けているのかって感じだったけど、やっぱり仕掛けてるだろって。
    だったら、橋本選手はなんでやり返さないんだ。顔面を一発ぶん殴ればいいだろって思っていた。

    橋本選手は単なるケンカではなく、何かを見せないといけないという思いがあったのかもしれない。
    若い頃の橋本選手ならやり返していただろう。
    でも、注目されている試合で、リングに上がったからには何かを成立させないといけない。
    その責任感が強すぎて、ああいう形になったんだと思う。(プロレスラー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000041-dal-fight 


    【小川直也戦の橋本真也は責任感が強すぎた 蝶野正洋が振り返る平成プロレス 】の続きを読む

    147

    148


    1: 名無しさん@恐縮です 2019/01/14(月) 07:15:43.55 ID:9XB6ii629
    関根勤、ジャイアント馬場さんスタイルでプロレスデビュー「また出たい」

     プロレス、格闘技通で知られるタレントの関根勤(65)が13日、東京・新木場「1stRING」で開催された女子プロレス団体「スターダム★アイドルズ」旗揚げ第2戦でプロレスデビューした。

     故ジャイアント馬場さんのものまねでリングに上がった関根は、KENSO、吉江豊とトリオを結成。セコンドにはKENSOの夫人で、かつて日本人初のWWEディーバとして活躍した鈴木浩子船橋市議を引き連れ、同団体のGM・中野たむ、アイドルズの新人10人withプパンダ(ラッキィ池田)と対戦した。

     関根は水平チョップ、16文キックなど、馬場さんの得意技を繰り出して、アイドルズを圧倒。最後はなぜか、馬場さんのライバルだったアントニオ猪木氏の必殺技・卍固めで中野からギブアップを奪い、デビュー戦を白星で飾った。

     試合後、関根は「このイベントの素晴らしさがわかりました。かわいいアイドルの子が女子プロレスを目指してるって、いいですね。楽しかった。天国の馬場さんのスケジュールが合えば、また出たい」と今後の参戦に意欲を見せた。

    https://www.hochi.co.jp/photo/20190113/20190113-OHT1I50116-L.jpg 


    【関根勤、ジャイアント馬場さんスタイルでプロレスデビュー「また出たい」 】の続きを読む

    131

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/01/11(金) 18:22:08.34 ID:KyCotlQu9
    「ハローキティ」と「新日本プロレス」が新たなコラボレーションに挑戦する。

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/c/9c5c8_1460_25d88d8278b500507b37ee2e4b8c6d90.jpg

    当りくじの詳細 (C)NJPW(C)1976, 2019 SANRIO CO.,LTD.

    今回実施される「サンリオ当りくじ ハローキティ×新日本プロレス」は人気レスラーの写真や初コラボのぬいぐるみを擁しての展開。ファンにはたまらないアイテムが揃った。

    衝撃コラボの中身は?
    ハローキティと新日本プロレスがコラボした当りくじの景品は全部で9種類。クリアファイルと缶バッジ&ホルダーはいくつかのパターンが用意されており、
    棚橋弘至選手、真壁刀義選手、オカダ・カズチカ選手ら7選手の顔写真が使われたポップでキュートなデザインだ。選手の写真の上にリボンを付けたグッズは間違いなくここでしか手に入らないだろう。

    キャリーケースは1等とラストワン賞の2種類があり、旅行に使うだけでなく部屋に置いてインテリアにも使えそうだ。

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/3/e322c_1460_e61f046d973c1cdf85282a8fc272eee0.jpg

    1等キャリーケース (C)NJPW(C)1976, 2019 SANRIO CO.,LTD.

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/0/60d1a_1460_ac5d81de8195d037d5edea97617bc9cf.jpg

    ラストワン賞キャリーケース (C)NJPW(C)1976, 2019 SANRIO CO.,LTD.

    2等には新日本プロレスのTシャツを着用したぬいぐるみがあり、ハローキティファンのみならずプロレスファンにも堪らないアイテムだ。

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/7/c7cd0_1460_34827291ae9a9b6f46945ad7a1e3ee1f.jpg

    2等ぬいぐるみ (C)NJPW(C)1976, 2019 SANRIO CO.,LTD.

    可愛い文化の象徴であるハローキティとプロレス文化を引っ張る新日本プロレス――水と油のようだが、コラボで意外な相性の良さを見せつけている。

    Jタウンネット編集部は2019年1月11日、サンリオの広報・IR室広報課の担当者に対して書面を通じて取材を行った。

    新日本プロレスとのコラボは「14年3月6日の『新日本プロレスの旗揚げ記念日』を機にスタート」した。その理由について、

    「近年『プ女子』(プロレス女子の略)という言葉ができるなど、プロレス好きの女性が増えていることから女性ファンにも喜んで頂きたいという願いでスタートしました」

    と回答した。

    既に初のコラボから5年が経っている。かなり長いコラボのようだが、どれだけ好評なのか。

    「コラボは、2014年からずっと継続しており、大好評です。これまで、Tシャツの他にもパーカーといった衣料品に加え、リストバンドタオル、フラットポーチなどの小物雑貨を幅広く商品化してまいりました。
    女性向けに始めたコラボでしたが、今では男性の方や親子でお求めになる方などにも幅広く支持を頂いています」

    今回の「当りくじ」でのイチオシについても聞いたところ、

    「1等とラストスペシャル賞のキャリーケースは週末の遠征にぴったりのサイズ感で、2等のライオンマークのラグランTシャツを着たぬいぐるみは初コラボ商品なので、応援グッズとしてもオススメです」

    とコメントした。

    今回の当りくじは開始日や、実施するかどうかは店舗によって異なるが19年1月9日から「ナチュラルローソン」、「ローソンストア100」を除く全国のローソンと一部書店で発売。1回700円(税込み)。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15859862/



    【ハローキティ、新日本プロレスとタッグ! 「禁断のコラボ」なぜ生まれたのか】の続きを読む

    123

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/01/06(日) 19:40:56.34 ID:CAP_USER9
    “流血怪人”の異名で知られた悪役プロレスラーのアレックス・スミルノフさん(本名ミシェル・ラマルシュ)が5日、米国で死去したと現地メディアが報じた。
    死因は腎不全。71歳。

    フランス系カナダ人のスミルノフさんは69年にカナダでプロレスデビュー。
    本名を名乗っていたが、77年からロシア人のアレックス・スミルノフとして活動。
    メジャー団体のNWA、AWA、WWF(現WWE)などに参戦し、多くの王座を獲得した。

    日本でもおなじみで、74年に全日本プロレスに初来日。
    77年からは国際プロレスに参戦し、79年にはラッシャー木村からIWA世界ヘビー級王座を奪取した。
    81年には全日本の常連となり、インターナショナルタッグ王者のジャイアント馬場、ジャンボ鶴田組に挑戦するなど活躍。
    86年には新日本に参戦し、アントニオ猪木と対戦した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00000054-dal-fight

    【【訃報】悪役プロレスラー「流血怪人」アレックス・スミルノフさん死去 馬場、猪木、木村と対戦 】の続きを読む

    122

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/01/07(月) 19:11:05.14 ID:G+B/LcF/9
    俳優の菅田将暉さん(25)が主演するドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)の第1回が、2019年1月6日夜に放送された。

    同作は2013年に嵐の櫻井翔さん(36)主演で放送されたドラマ「家族ゲーム」(フジテレビ系)などを手がけた武藤将吾さんが脚本を務めたオリジナル作品。卒業まで残り10日となった高校を舞台に、菅田さん演じる3年A組担任の美術教師・柊一颯(ひいらぎ・いぶき)が、数か月前に自ら命を絶った同クラスの生徒・景山澪奈(上白石萌歌さん=18)の死の真相を究明すべく、3年A組の生徒を人質に取るというストーリーだ。

    第1回は、女優の永野芽郁さん(19)演じるヒロイン・茅野さくらが人質に取られた生徒の中から代表者として指名されて自殺の原因を答えさせられるも、柊に不正解と判定されて最初の犠牲者が出る......という展開だった。


    ■澪奈を侮辱する生徒に、永野さんの「ボマイェ」が炸裂

    澪奈の自殺の原因を、記憶を手繰りつつ答える茅野。そうこうしているうちに、澪奈の悪口を言い始めるクラスメートたち。中でも、片寄涼太さん(24)演じるクラスメート・甲斐隼人は「あんな奴、死んで当然だ」と辛辣な言葉を発するなど、教室内は不穏な空気に包まれる。

    すると、その一言に激高した永野さんがプロレスの足技「ボマイェ」を片寄さんのみぞおち周辺に叩き込んだ。技を決めた瞬間の永野さんは大きく髪を振り乱していたためその表情は映し出されていなかったが、それでも、その迫力は絶大だった。

    カットが切り替わり、永野さんは怒りに震えつつ「あんたたちに何が分かるの?」と絶叫。亡きクラスメートを思うがゆえの一撃には視聴者から「今永野芽郁がボマイェしたんやけど」「まさかの永野芽郁さんのボマイェが見れるとは...見事でした」などの賛辞が殺到した。なお、ドラマでは永野さん演じるヒロインが、同技を放つプロレス選手の中邑真輔さん(38)のファンであることが分かるシーンがあった。

    ■2017年のインタビューではアクションに憧れていた永野さん

    まさかのプロレス技で視聴者を驚かせた永野さんだが、2017年3月に公開された「ザテレビジョン」(KADOKAWA)のインタビューでは、「アクションをやってみたい思いがありますね」「足を大きく開いて、(中略)でも、体が硬くてそんなに開かないですけど(笑)。いつかできるといいなと思ってます」と答えており、夢がかなったと言えるだろう。

    NHKの朝ドラ「半分、青い。」(2018年9月放送終了)で主演後初のドラマ出演となる永野さん。朝ドラ主演女優はその直後に出演する作品での活躍が、その後のキャリアに大きく影響するとも言われているだけに、その奮戦ぶりから目が離せない。


    https://www.j-cast.com/2019/01/07347415.html

    【「3年A組」永野芽郁、華麗なプロレス技に視聴者喝采 「ボマイェ」級友に叩きこむ 】の続きを読む

    このページのトップヘ