イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    053

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/06/27(火) 15:30:38.52 ID:CAP_USER9
    アントニオ猪木参院議員(74)が創設したプロレス団体、IGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション)が、
    猪木夫人の橋本田鶴子氏を相手に不当利得の返還を請求している係争について、第1回審理が27日、
    東京地裁で行われた。

    この日の審理は書面でのやりとりで終わったが、IGFの青木弘充社長(42)が東京・銀座のIGF本社で
    会見を開き、状況を説明した。会見には猪木氏の娘婿であるサイモン猪木取締役(43)、
    宇田川強エグゼクティブディレクター(38)、そして猪木氏の実弟である啓介氏(69)が出席した。

    猪木夫人の不当利得返還請求事件は、猪木氏がIGF取締役を辞任した2014年3月から16年12月の間に
    猪木氏のマネジメントを行う猪木夫人に支払われた4250万円(接待交際費、海外含む旅費、マッサージ代など)を
    不当利得として返還請求しているもの。会見では、この件とは別に、2016年8月のCM契約料2500万円を
    請求していることや、猪木氏の政治資金に関して適切な収支報告がなされていないことなどが明かされた。

    サイモン氏は「何が間違っているか正しいかは、身内だろうが関係ないと思います。正しい部分で戦いたいと
    思います。別人になった猪木さんとは戦いやすい」と意気込んだ。啓介氏は「非常に残念です。橋本田鶴子氏を
    あえて夫人とは言いません」と夫人への憤りをにじませた。

    猪木氏は、7月24日に後楽園ホールでIGFとは違う格闘技イベント「ISM」の開催を発表し、IGF(およびその
    新ブランド・NEW)を整理する意向を示している。IGFの筆頭株主である猪木氏は20日に公式ツイッターで
    「今のままのIGFは無くなります。その後の事はプロレスファンの気持ちを汲んで行動します。いずれ正式に
    発表します」とコメントし、青木氏、サイモン氏ら3人に取締役の解任を求める意向を明かしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000112-sph-fight


    【IGF、新婚のアントニオ猪木夫人相手に不当利得の返還請求訴訟】の続きを読む

    050

    726: お前名無しだろ 2017/06/27(火) 16:32:58.29 ID:Evt7ywAm0
    【新日本】G1で同組 内藤が飯伏を酷評「まあ全敗でしょう」 
    http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/702242/ 
    内藤と飯伏は同年代のライバルとしてお互いを意識してきた。 
    だが少なくとも今の内藤にとって、飯伏は同等の存在ではない。 
    「彼はこの1年で何試合してきたの? たまにしか試合しない選手に、俺が負けるわけないでしょ」と切り捨てた。 
    さらには「魅力的な選手だとは思いますよ。もっと真剣にやる気があるなら、ね。 
    会社も、人気とか集客しか考えてないんだったらハリウッドJURINA(注・松井珠理奈)でも呼べばいいじゃん。 
    それこそ年間を通じて新日本で戦ってる(高橋)裕二郎が出たほうがいいと俺は思うけどね」 
    と出場を認めた新日プロも痛烈批判。 
    「WWEに出たから何だっていうの? 年間数試合しかやってない選手が 
    勝てるほどG1は甘くない。まあ全敗でしょうね」とまで言い切った。


    【内藤哲也「G1には高橋裕二郎が出たほうがいい」】の続きを読む

    031

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 19:02:20.54 ID:CAP_USER9
    90年代のプロレスどころか、長いプロレス史の中でもっともブレイクした軍団ユニットと言えば? 黒い軍団「nWo(エヌ・ダブリュ・オー)」で間違いないだろう。

    現役のNBAプレイヤー、プロ野球選手、Jリーガーなど、他ジャンルも巻き込んで、一大ムーブメントに。ロゴが入ったTシャツが街中にあふれかえるなど、凄まじい人気だった。

    国際政治用語から生まれた「nWo」

    90年代中期、アメリカのプロレスはWWF(現WWE)とWCWの2大団体が人気を二分していた。
    しかし96年7月、WWFのトップグループにいたスコット・ホール&ケビン・ナッシュがWCWに移籍したことから勢力図に激変が起こる。よそ者であるホール&ナッシュは
    バリバリのヒール側。そこに絶対的正義の存在だったハルク・ホーガンが加わったのだ。

    衝撃のヒールターン(悪役に転向)したホーガンは「我々の前に立ちはだかるものはすべて破壊する。これがNew World Orderだ」と宣言。この頭文字から、
    ヒール軍団nWoが結成されることになった。

    ニュー・ワールド・オーダーとは国際政治用語。「新世界秩序」「新しい時代の幕開け」を意味する。ホーガンは、ジョージ・ブッシュ大統領が湾岸戦争時に行った
    スピーチから引用し、「世界の常識を変えて行くこと」を軍団のコンセプトにしたが、そのインテリ性やスケールのデカさも従来にはなかった斬新な切り口だった。

    http://www.excite.co.jp/News/90s/20170623/E1497692037959.html



    【プロ野球選手やJリーガーも仲間に!? プロレスの枠を超えたヒール軍団「nWo」】の続きを読む

    025

    026

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 17:18:24.07 ID:CAP_USER9
    AKB48グループメンバーがプロレスに挑戦したテレビ朝日系連続ドラマ『豆腐プロレス』(毎週土曜深夜0:05~※一部地域を除く)は7月1日に最終回を迎えるが、8月29日にプロレスイベント「豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX」を開催することが発表された。
    “プロレスの聖地”と呼ばれる後楽園ホールにて、ドラマで活躍したメンバーたちが生でプロレス対決を行う。

    どんな内容?

    同イベントでは、ドラマの名場面を思い起こさせる闘いを繰り広げるのはもちろん、自らリング入りを志願した新たなAKB48メンバーも参戦。
    半年にわたり週3日以上行われてきた極秘トレーニングに参加をしてきた“精鋭”メンバーたちと、スター軍団との対決も予定されている。

    メインイベントは?

    そして、メインイベントは「パワーストーンズ」ハリウッドJURINA(松井珠理奈)&道頓堀白間(白間美瑠)VS「錦糸町道場」チェリー宮脇(宮脇咲良)&ロングスピーチ横山(横山由依)という、ドラマファンにはたまらない対戦カード。
    さらに、WIPのヒール軍団“工事現場同盟”のトップとして君臨してきた“ユンボ島田”こと島田晴香も大暴れする。

    参加メンバー意気込み

    【横山由依】
    豆腐プロレスを見てくださっている方、見たことがない方、全てのみなさんに楽しんでいただけるように、ドラマに出演していなかったメンバーもトレーニングを重ねています。AKB48史上初のプロレス興行です。足を運んでいただけると嬉しいです!

    【松井珠理奈】
    時は来た…「WIP CLIMAX」本気の戦い!!ギラギラの夏 メラメラの夏!8.29後楽園ホール 参戦決定!合言葉はただひとつ!GO!JURINA!

    【チェリー宮脇】
    豆腐プロレスの世界が、ドラマを飛び出して現実に!新しいレスラーも参戦で、歴史に残る日になること間違いなし!私、負けません!

    参加予定メンバー

    AKB48:加藤玲奈、木﨑ゆりあ、島田晴香、向井地美音、湯本亜美、横山由依
    SKE48:須田亜香里、高柳明音、古畑奈和、松井珠理奈、松村香織
    NMB48:木下百花、白間美瑠
    HKT48:宮脇咲良
    NGT48:加藤美南、中井りか、山田野絵

    http://mdpr.jp/news/detail/1695885


    【【AKB48】後楽園ホールでプロレス興行開催! メンバーが生でプロレス対決 宮脇咲良「私、負けません!」】の続きを読む

    018

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 14:58:38.85 ID:CAP_USER9
     悪役レスラー、ミスター・ポーゴとして活躍した関川哲夫さんが23日未明、群馬県内の病院で亡くなったことが分かった。66歳だった。

     関係者によると関川さんは、腰の手術を行っている最中に、血圧が低下し、脳梗塞を発症したという。
    顔にペイントを施した悪役レスラーとして、ケンドー・ナガサキとのタッグで新日本プロレスのタッグリーグ戦に参戦。
    FMWでは極悪大王として、大仁田厚(59)とデスマッチを繰り広げた。

     ◆ミスター・ポーゴ 本名・関川哲夫(せきがわ・てつお)。1951年2月5日、群馬県伊勢崎市生まれ。71年、
    中大経済学部国際経済学科を中退し大相撲の大鵬部屋へ入門。翌年2月にプロレスラーに転身し、単身渡米した。
    ペイントレスラーとして、89年まで米国を主戦場に戦い、90年にFMWに参戦。「デスマッチの帝王」を名乗り、
    大仁田厚らと数々の死闘を繰り広げた。00年、伊勢崎市でWWSプロレスを旗揚げ。
    03年には群馬県伊勢崎市議選に立候補したが、落選。地元のプロレス興行のプロモーターを務めていた。
    現役時代は185センチ、130キロだった。


    【【訃報】ミスター・ポーゴさん死去 66歳 大仁田とデスマッチ戦った極悪大王】の続きを読む

    このページのトップヘ