イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    227

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/08/17(木) 18:44:22.02 ID:CAP_USER9
    アントニオ猪木は「空気を全く読めない人」、元付き人・蝶野正洋が明かす驚きエピソード
     元プロレスラーのアントニオ猪木が8月11日、横浜スタジアムで行われた、横浜DeNAベイスターズ対阪神タイガースの試合前イベントに登場した。

     お決まりの「元気ですかー!?」で、会場を沸かせた猪木。横浜市出身という縁もあって、いつもの赤いマフラーではなく、ベイスターズを意識した青いマフラーに青いスーツというスタイルで地元の球団に熱いエールを送った。

     さらに、「ゴメス選手出てこい!」と、猪木のテーマ曲「炎のファイター」を入場テーマに使っているG(ゴメス).後藤武敏選手を呼び寄せると、おなじみの強烈なビンタで闘魂を注入。
    ただ、手加減はしたようで「あまり100%で(ビンタを)入れるわけにはいかないでしょ」とコメントした。最後は、「いくぞー!1、2、3、ダァー!」でイベントを締めくくった。

     12日の『原宿アベニュー』(AbemaTV)では、2年半ほど付き人をしていたコメンテーターの蝶野正洋が、猪木の驚きエピソードを語った。

    (1)東北の被災地でビンタ
     猪木のことを「空気を全く読めない人」と表現する蝶野。「やっぱり猪木さんは、行くところ行くところでいろんなことを要求されるが、球場とか結婚式の挨拶とか空気を全く読めない人。
    自分のことしか言わない。東日本大震災のあと、3週間後くらいに初めて被災地を回ったが、その時はさすがの猪木さんもものすごい緊張していた。
    2人で被災地の避難所に行ったら、みんなが来て『すいません、ビンタしてください』って(言う)。猪木さんも『いやいや、それはちょっと』と躊躇したが、
    その人たちは『まだ3週間じゃなくて我々にとってはもう3週間。何も動いていない、街が動いてない。気持ちを吹っ切りたいんだ』ということで、100人くらい並び始めちゃって。
    結局5カ所行ったが、猪木さんがビンタして俺がサインしていった」と、被災地でもビンタを求められたことを明かした。なお、女性には“空気を読んで”手加減をしているという。


    【アントニオ猪木は「空気を全く読めない人」、元付き人・蝶野正洋が明かす驚きエピソード】の続きを読む

    218

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/08/16(水) 23:49:40.54 ID:CAP_USER9
    AKB48グループメンバーがプロレスに挑んだテレビ朝日系連続ドラマ『豆腐プロレス』のリアルイベント『豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX』が、29日に東京・後楽園ホールで開催される。出場予定のSKE48の松井珠理奈、HKT48の宮脇咲良が16日、都内で会見し、試合への意気込みを語った。 


     “プロレスの聖地”といわれる伝説の会場で開催される同イベントには、総勢31人のメンバーが参加。2人はメインイベント、<パワーストーンズ>ハリウッドJURINA(松井)&道頓堀白間(白間美瑠)対<錦糸町道場>チェリー宮脇(宮脇)&ロングスピーチ横山(横山由依)で対決する。 

     ジャージ姿で登場した松井は「メンバーの中で後楽園ホールに一番行っている」と自負すると「(後楽園ホールは)夢の舞台で、信じられないくらい夢のようなこと」と感激しきり。宮脇は「プロレスファンの方から『舐めてるんじゃないか?』と思われるような試合にならないためにも本番まで全力で練習をしている。少しでも皆さんに認められるような試合をしたい」と気合十分の様子だった。 

     試合の模様は、スカパー!(ch:スカチャン)で独占ノーカット生中継される。会見後、退場を促されるなか、突然にらみ合いをはじめた両者は「チェリー宮脇、絶対に逃げるなよ」、「2年前とは違うんだよ」と火花を散らし、最後には固い握手を交わしていた。 

    ■参戦予定メンバー
    AKB48:岩立沙穂、大家志津香、小田えりな、加藤玲奈、川本紗矢、木崎ゆりあ、込山榛香、佐藤朱、島田晴香、田北香世子、達家真姫宝、谷口めぐ、中西智代梨、廣瀬なつき、福岡聖菜、向井地美音、湯本亜美、横山由依
    SKE48:須田亜香里、高柳明音、古畑奈和、松井珠理奈、松村香織
    NMB48:木下百花、白間美瑠(兼AKB48)
    HKT48:宮脇咲良(兼AKB48)
    NGT48:加藤美南、中井りか、山田野絵 

    http://www.oricon.co.jp/news/2095703/full/


    【<宮脇咲良&松井珠理奈>聖地でプロレス興行!「認められる試合をしたい」】の続きを読む

    217

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/08/14(月) 14:18:16.56 ID:CAP_USER9
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/9/3931f_973_1b344ec8_87a59373.jpg
    各界のバイク女子に突撃インタビューするこのシリーズ企画、第4弾のゲストは女子プロレスラーの豊田真奈美さんが登場!

    華麗な飛び技で知られる"飛翔天女"は、なんとプライベートでは大型自動二輪免許を所持し、アメリカンバイク界の王者とも言うべきハーレーダビッドソンを駆る"バイク愛"溢れるライダーでもあったのだ。

    アメリカのプロレス専門誌『レスリング・オブザーバー』で年間ベストバウトに選ばれたこともあるレジェンドの愛車ライフとは一体どんなものなのか? もしやアメリカン・ニューシネマの代名詞的存在『イージー・ライダー』ばりに、破滅へのハイウェイをぶっ飛ばしているのでは!?

    バイク愛を語った前編に続き、後編ではレスラー引退の理由と今後のビジョンや夢についても伺った!


    http://wpb.shueisha.co.jp/2017/08/13/89536/



    【16歳から女子プロレスに青春をかけた豊田真奈美が痛みのある生活とサヨナラ「引退後はバイクに乗って楽しみます!」】の続きを読む

    201

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/08/15(火) 15:29:34.65 ID:CAP_USER9
     1980年代は、アイドルが出演するバラエティ番組に、当時の人気女子プロレスラーが出演することがよくあった。タレントが集結する伝説の番組「水泳大会」は、その一つだ。
    当時、「水泳大会」と同じスタッフが作った、タレントだらけの旅行番組もあった。人気絶頂アイドルだった国生さゆりと小泉今日子との共演の思い出を、ダンプ松本が振り返る。

     水泳大会と同じスタッフが作った『オールスターハワイ大旅行団』という番組で、4泊6日でハワイに行った時は楽しかったですね。夜、国生さゆりとふたりで私の部屋で飲んでいたら、
    キョンキョン(小泉今日子)から「今から行ってもいい?」と部屋に電話がかかってきたんです。3人でアルコール度数の高いヘネシーを1本空けるくらい、飲み明かしました。

     国生やキョンキョンは本当に酒が強くて、私は早々に潰された(笑い)。途中からほぼ記憶をなくしたけど、平然とした2人の姿は脳裏に焼き付いています。

     泥酔した後、「寝起きドッキリ」の企画があって、キョンキョンがレポーター役として私の部屋に入ってきたんですよ。その時、私のパジャマのズボンがズレていてパンツが見えていたのを、
    気を遣ってわざわざ直してくれた。優しい子だなと思いました。

     陽が昇ってきた頃、プールサイドから国生の歌声が大ボリュームで聞こえてきたんです。ついさっきまで飲んでいたのに、朝っぱらからリハーサルしていたんですね。
    窓から「うるせー!」と怒鳴ってやりましたよ(笑い)。

     視聴率の高いゴールデンタイムの番組に出演できて、本当に良かった。(「水泳大会」の)ポロリ要員なのに胸を隠すヤツはそのありがたみをわかってないですよ!

    https://parts.news-postseven.com/picture/2017/08/danpu_matsumoto.jpg
    http://www.news-postseven.com/archives/20170815_602576.html

    【ダンプ松本 国生さゆりと小泉今日子に潰された思い出】の続きを読む

    214

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/08/14(月) 14:57:51.86 ID:CAP_USER9
    コラム【今あるのはあの人のおかげ】

    子供の頃から憧れはUWFに入門すること。
    ところが、何度、願書を出しても書類選考で落とされて、やむにやまれない気持ちで上京したのが16歳の時。
    直談判も2回したけど、まったく相手にされず、落とされ続けました。
    だから、入門するために必死でした。

    そんなある日、意を決して3度目の正直で道場に行ったら、めったにお目にかかれない藤原組長がいらして、練習後にちゃんこを食べていた。

    そして「おう! 坊主もこっち来いよ」と気さくに声を掛けてくれたんです。あの時はものすごく緊張しました。
    でも、UWFに入りたいと伝えるのは今しかない、入門のチャンスだと思って「入門テストを受けさせてほしい」と懇願しました。

    酔っていて気分がよかったんでしょうね、組長が「今からテストしてやる」と。
    それからちゃんこの鍋にフタをしてグズグズ煮始めた。
    「後ろを向け。今からおまえの背中に大根をのせる。もし熱さに耐えられたら入れてやる」って。
    当時、テレビで熱湯に入るバラエティーもあったけど、その時の組長は一切、手加減なし。
    ほんとに鍋から熱々の大根をつまんで背中にのせたんです。こっちは入門するために大まじめで「熱い」とも言わずに執念で我慢!

    それを見た組長が「ホントに根性あるな」と認めてくれて10日後に入門テストを受けることができ、憧れのUWFに入門することができました。

    それからは厳しいトレーニングの毎日。
    体が小さく身長はUWFの規定の180センチ以下。とにかくしごかれました。
    スクワット1000回は当たり前で、自分の汗で目の前に水たまりができるくらい。本当に殺されるんじゃないかって思いました(笑い)。
    実際せっかく入門したのに、毎日の特訓が厳しすぎて夜逃げする人もいました。
    それが1年2カ月続いてやっと90年8月にデビューすることができました。

    場所は横浜アリーナ。毎日の厳しい特訓に耐え抜いて残ったのは結局、僕と冨宅飛駈だけ。新人同士でデビュー戦を戦いました。

    ところが、やっとデビューしたのに4カ月後にUWFが解散。
    僕はUWFインターナショナルに所属することになり、組長と稽古することもなくなり、バラバラに。それが今までの長い間、とても心残りでした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13470572/


    【垣原賢人が語る UWF入門前に藤原組長“大根テスト”の洗礼】の続きを読む

    このページのトップヘ