イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    155

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/11/15(木) 10:57:11.31 ID:0J+gEw4D0 BE:292723191-PLT(19081)
    台東区の隅田公園山谷堀広場(台東リバーサイドスポーツセンター隣)の特設リングで十七日、
    「浅草プロレス」(区後援)の旗揚げ戦が行われる。
    総合プロデューサーは、浅草寺の北東、今戸出身のプロレスラー・雷神(らいじん)矢口さん(年齢非公表)。
    デビュー二十五周年記念のイベントでもあり、「生まれ育った浅草での興行が夢だった。
    入場無料なので多くの人に来てほしい。プロレスで故郷に恩返しを」と意気込みを語る。

    矢口さんは、区立富士小学校(浅草四)に四年生の途中まで在籍、近所の台東体育館でジャイアント馬場さんや、
    アントニオ猪木さんの試合を間近で見て、プロレスラーに憧れた少年だった。
    浅草にあるアニマル浜口さんのジムでプロレスラーとして修業。
    「まち元気プロレス」と称して、町田市や神奈川県横須賀市などで、プロレスで街おこしをしてきた。

    三年前、雷門の雷神にちなんだリングネームに改名し、時間をかけて浅草プロレス設立の準備をしてきた。
    旗揚げ試合では、矢口さんのほか、力道山の孫の力(ちから)さん、大鵬の孫の納谷幸男さんらがリングに上がる。
    女子プロレスラーや、駄菓子屋戦士ベーゴマン、招福亭今戸キャットなど、浅草のご当地レスラーも登場。子どもプロレス教室も開く。

    矢口さんが目指すのは、流血などを伴う過激なリングではなく、子どもからお年寄りまで三世代で楽しめる全盛期の昭和のプロレス。

    興行は午後一時~同四時。基本は立ち見で、座って観戦できるサポーター特別席は一口五千円から。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201811/CK2018111502000127.html
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201811/images/PK2018111502100058_size0.jpg

    【「浅草プロレス」が17日隅田公園で旗揚げ戦。力道山の孫、大鵬の孫も参戦 】の続きを読む


    1: 名無しさん@涙目です 2018/11/10(土) 07:52:51.93 ID:uK2lWIJw0 BE:273822876-PLT(12000)
    https://this.kiji.is/433730721186595937?c=39546741839462401

     【ワシントン共同】複数の米メディアは9日、トランプ米大統領がロス商務長官の解任を検討していると伝えた。
    中間選挙で議会下院の多数派を奪還した民主党がロス氏の金銭疑惑などを追及することを懸念しているという。

     米CNBCテレビによると、トランプ氏はロス氏を年末までに解任したい意向を周囲に伝えた。ただ、最終決定はしていない。

     後任候補には中小企業局長で、米プロレス団体ワールド・レスリング・エンターテインメント(WWE)の最高経営責任者(CEO)を務めたリンダ・マクマホン氏が浮上している。
    トランプ氏はプロレス番組に出演したことがあり、マクマホン氏と親しい。


    【トランプさん、WWEのビンス・マクマホン嫁を重要閣僚起用へ 】の続きを読む

    121

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/11/07(水) 16:21:59.84 ID:CAP_USER9
    「ダダン! ボヨヨンボヨヨン」という掛け声で、水中から現われたアマゾネス風の外国人女性が胸を揺らす。
    出演していたのは女子プロレスラーのレジー・ベネット(57)。振付は、故・ポール牧さんだ。

    現在はアメリカにいるレジーの携帯電話を鳴らすと……。「ハロー! いま、友達の家に遊びに来ているところなのよ」と言いながら、答えてくれた。

    「あのCM? とにかく、撮影現場が楽しかったのを覚えてる。最初は『こんなことをやるの?』って驚いたけど、強いインパクトを出そうと頑張った。私を指名してオファーしてくれた人の期待に応えるのが、プロだからね。

    仕事はもうずっと、ミシシッピ州でホームセンターのスーパーバイザーをしてる。じつは左肩を痛めて、手術を受けたの。でも、たいしたことないから心配しないで。

    日本の方にはよくしてもらって、いい思い出ばかり。機会があれば、また行ってみたいわ」


    れじーべねっと
    1961年1月24日生まれ このCMが人気を博し、レスラーとして来日。WWWAオールパシフィック王座にも輝く。2001年3月、日本での試合を最後に引退した

    (週刊FLASH 2018年10月16・23日合併号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181107-00010005-flash-ent 


    【「ダダン!ボヨヨンボヨヨン」のレジー・ベネット、いま何を? 】の続きを読む

    124

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/11/07(水) 18:57:34.08 ID:CAP_USER9
    世界最大のプロレス団体WWEから“日本のレジェンド”と称賛された女子プロ界の横綱・里村明衣子(38=センダイガールズ)が
    6日、WWE継続参戦を表明。元UFC世界女子バンタム級王者でロウ女子王者ロンダ・ラウジー(31)との激突を改めて熱望した。
    仙台女子の17日大阪大会では橋本千紘(26)のワールド王座に挑戦。今年最後の大一番を勝利で締めくくり、2019年のWWE
    再進出に弾みをつけるつもりだ。

    里村はWWEから招待を受けて女子PPV大会「エボリューション(EV)」(10月28日)を観戦。米ニューヨークの会場ナッソー・
    ベテランズ・コロシアムには1万900人の観衆が集まり、世界中にライブ配信された。そのスケールの大きさには声を失ったという。

    「規模やレベルが全然違う。血が騒いだ。あの中心に立ってみたい。日本でとどまっているわけにはいかないと痛感しました」と里村。
    歴史的激戦となったスマックダウン女子選手権(ベッキー・リンチ対シャーロット・フレアー)では「全身が震えた」とも明かした。

    初出場したトーナメント「メイ・ヤング・クラシック2018」は準決勝まで進んで高評価を得た。試合のたびに最高執行役員の
    トリプルH(49)から称賛され、世界最高峰の舞台を実感した。それでも「EV」の華やかさは全く別次元だったという。

    決意も改まった。大会でメインイベンターを務めたロンダとの日米頂上対決だ。「あんなオーラを発している選手には遭遇した経験がない。
    彼女がトップのうちに戦いたい。これは夢ではなく現実的な目標です」。里村自身は口を閉ざしたが、WWEサイドは継続参戦をオファー
    するために招待した模様で「チャンスをもらえれば、ぜひ」と来年も海を渡る構えだ。

    そのためにも大阪で王座を取り戻す必要がある。橋本とは王座戦で2戦2敗。驚異の怪物に台頭を許したのは自分自身でもあるからだ。
    「新世代に挑戦する姿勢を持ちたい。ここで勝てば私は今年、パーフェクトで終わる。そして――」。来年はベルトを巻いてWWEのリングへ。
    日本での戦いを継続させながら、世界の頂点を目指す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000035-tospoweb-fight

    【里村明衣子がWWE継続参戦を表明「ロンダ・ラウジーと戦う!」 】の続きを読む

    122

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/11/07(水) 19:12:44.54 ID:CAP_USER9
    今年7月14日にパーキンソン病のため75歳で亡くなった日米でトップレスラーとして活躍したマサ斎藤(本名・斎藤昌典)さんの追悼試合
    「MASA SAITO MEMORIAL~GO FOR BROKE!FOREVER!~《闘将・マサ斎藤追悼試合》」が来年2月15日、大阪市の
    城東KADO―YAがもよんホールで開催されることが7日までに決まった。

    マサさんは、2016年12月2日に大阪市立城東区民センターで行われた「ストロングスタイル・ヒストリー」でリングに上がり、乱入した
    武藤敬司(55)と“最後の試合”を戦った。この時、イベントをプロデュースしたのがマサさんと親交が深い元新日本プロレス取締役の
    上井文彦氏(64)だった。

    今回の「追悼試合」は生前、マサさんが「もう一度リングに上がりたい」との希望を聞いていた上井氏がマサさんのために会場を抑えていた。
    しかし、マサさんは7月に急逝しリングに立つ目標は断たれてしまった。今回の追悼試合は、そんなマサさんの最後の思いをかなえるべく
    開催へ奔走しこのほど、実現することが決定した。

    マサさんは、1999年2月14日の日本武道館でのスコット・ノートン戦で引退している。大会を開催する来年2月15日は引退から20年で
    追悼だけでなく「引退20周年記念」としても行う方針だ。

    上井氏は、追悼大会に5試合ほどのマッチメイクを計画していることを明かした上で「引退後20年でマサさんが降臨する魂のデビュー戦です。
    テーマは真・巌流島決戦です」とマサさんが87年10月4日にアントニオ猪木氏と巌流島で戦った伝説の決闘を掲げ「いまのところ話せるのは
    これだけです。あと、私が思い描いたことができるかできないか、私次第です。大会まであと100日を切りましたが、全力投球します」と
    天国のマサさんにすべてを捧げる覚悟を明かしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000017-sph-fight

    【マサ斎藤さん追悼試合が決定 テーマは「真・巌流島決戦」…来年2月15日、大阪・城東KADO-YAがもよんホール 】の続きを読む

    このページのトップヘ