イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    プロレスニュース

    182

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/03/21(木) 18:11:51.69 ID:mHgnZigZ9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00000081-dal-ent
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190321-00000081-dal-000-18-view.jpg

     女子プロレスラーのジャガー横田(57)が21日、都内で、長男・大維志(たいし)くん(12)と共に、著書「父と息子VS.母のお受験バトル 偏差値40台からの超難関中学へ」発売記念イベントを行った。

     「外科医になりたい」という大維志くんが偏差値41(40台)から1日10時間の勉強を重ね、医学部のある有名大付属中に合格するまでの、無謀と思われた“お受験”の挑戦と家族の姿をつづった一冊。

     夫で医師の木下博勝氏(51)が息子とタッグを組んで乗り越えたというジャガーは、「普段は主人をけちょんけちょんに言ってますが頼もしくリードしてくれた。主人の偉大さを感じたお受験だった」と感謝した。

     そもそも幼稚園から高校までの一貫校に通っており、「受験という概念がなかった」という大維志くん。第一志望には届かなかったが、受験を終え、「多少は喜びました。無謀な戦い。受験をなめてました」と12歳とは思えない冷静さで振り返った。
    今後は医師を目指して勉強を続けるといい、「プロレスラー?絶対にない」ときっぱり否定した。

     会見中、ジャガーが「この子は考え方がコロコロ変わる」と言えば、大維志くんが「それは違います。僕の意見を理解できていないだけ」と断言するなど、“母子のバトル”がノンフィクションで繰り広げられていた。

    【ジャガー横田 偏差値40台の長男、超難関中学合格に「主人の偉大さ感じた」 】の続きを読む

    155

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/03/12(火) 17:09:28.62 ID:yxFhXWxY9
    WWEのロウ大会が開催され、ハーレム・ヒート(ブッカーT&スティービー・レイ)の2019年度WWE殿堂入りが発表された。
    今年の殿堂入りはD―ジェネレーションX、ホンキー・トンク・マン、トリー・ウィルソンに続いて4組目となる。

    ハーレム・ヒートは実の兄弟チームで、1993年にWCWに参戦。WCW世界タッグ王座を通算10回獲得するなど、
    90年代を代表する名チームだった。ブッカーTは13年にも単独で殿堂入りしており、今回が2度目の受賞となる。

    殿堂入りセレモニー「WWEホール・オブ・フェーム2019」は、4月6日(日本時間4月7日)にニューヨーク州ブルックリンの
    バークレイズ・センターで行われ、式の模様はWWEネットワークでライブ配信される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000030-tospoweb-fight

    【ブッカーT&スティービー・レイの「ハーレム・ヒート」がWWE殿堂入り】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/03/12(火) 08:06:09.38 ID:XSC1NlKN9
    初代タイガーマスクの佐山サトル(60)が中心となるダイナマイト・キッド追悼興行実行委員会は11日、
    昨年12月5日に60歳で亡くなった“爆弾小僧”ダイナマイト・キッド(本名トーマス・ビリントン)さんを追悼する
    「初代タイガーマスク佐山サトルストロングスタイルプロレス~“爆弾小僧”ダイナマイト・キッド追悼興行~」(15日、後楽園ホール)
    での追悼セレモニーにキッドさんと現役時代に対戦した小林邦昭氏(63)が登壇することを発表した。

    第3試合終了後に行うセレモニーには、初代タイガーマスク、リアルジャパンプロレスの新間寿会長(83)、
    さらにキッドさんの親戚でメインイベントに参戦するデイビーボーイ・スミスJr(33)らが登壇。
    さらにゲストとして小林氏の他にタイガー戸口(71)、北原光騎氏(55)、山崎一夫氏(56)が来場する。

     「ダイナマイト・キッド追悼興行」の全対戦カードは以下の通り。

     ▽メインイベント ダイナマイト・キッド追悼試合タッグマッチ60分1本勝負
     デイビーボーイ・スミスJr、スーパー・タイガー 対 船木誠勝、KENSO

     ▽セミファイナル タッグマッチ30分1本勝負
     タイガーマスク、橋本大地 対 TAKAみちのく、ブラック・タイガー

     ▽6人タッグマッチ30分1本勝負
     アレクサンダー大塚、岡林裕二、納谷幸男 対 崔領二、鈴木秀樹、神谷英慶

     ▽ダイナマイト・キッド追悼セレモニー(登壇ゲスト・小林邦昭氏、タイガー戸口、北原光騎氏、山崎一夫氏)

     ▽シングルマッチ30分1本勝負
     タカ・クノウ 対 ロッキー川村

     ▽タッグマッチ30分1本勝負
     間下隼人、松本崇寿 対 岩崎孝樹、レブロン

     ▽タッグマッチ20分1本勝負
     雷神矢口、倉島信行 対 柴田正人、伊香保京介

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000330-sph-fight 


    【ダイナマイト・キッド追悼興行、小林邦昭氏、山崎一夫氏がセレモニーに登壇…3・15後楽園】の続きを読む

    152

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/03/12(火) 17:07:05.32 ID:yxFhXWxY9
    WWEのロウ大会で“世界最高のレスラー”カート・アングル(50)が、祭典「レッスルマニア35」(4月7日、ニュージャージー州
    イーストラザフォード)で引退試合を行うことを発表した。

    地元ピッツバーグのリングに立ったカートは「この町からアトランタ五輪に出て金メダルを取った23年前を思い出すよ…」と感無量の
    表情で切り出すや、場内の誰もが気づいていた「重大事項」の発表を始めた。

    「故郷のみんなの前で発表したかったんだ。レッスルマニアがボクの最後の試合になる。みんなには本当に感謝しているよ」

    WWE殿堂入りも果たした偉大なる地元の英雄の決断には「サンキュー・カート!」の大歓声が渦巻く。その思いに応えるように
    カートは「ありがとう。今夜、ボクの故郷であるピッツバーグで最後の試合をするよ!」と宣言。ステージから登場した
    アポロ・クルーズ(31)と「地元ラストマッチ」を緊急敢行した。

    最後は必殺のアンクルスラムで3カウントを奪取。カートは後輩に敬意を表して固い抱擁を交わした。最後まで涙はなく、まさに
    男の中の男・カートらしい潔い引退発表となった。祭典の相手はこれから決まるが「世界最高のレスラー」最後の試合にふさわしい
    相手が期待される。

    「レッスルマニア35」は日本時間4月8日にWWEネットワークで生配信(日本語版実況付き)される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000018-tospoweb-fight

    【“世界最高のレスラー”カート・アングルが祭典「レッスルマニア35」で引退】の続きを読む

    142

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/03/08(金) 16:02:39.13 ID:kt+09smS9
    かつて新日本プロレスで活躍した覆面レスラー、スーパー・ストロング・マシンの2世「ストロングマシーン・J」が、4月10日のドラゴンゲート後楽園大会でデビューする。8日、ドラゴンゲートが都内で会見を開き、発表した。

    父と色違いの黒いマスクを被って登壇したJは「平成最後のビッグサプライズを起こしたい」と堂々と宣言。

    プロレスラーになると決めたのは昨年6月の父の引退試合だったと明かし、ドラゴンゲートを選んだ理由については、「たまたま試合を見る機会があって、自分と同じような軽量級の選手が輝いていて、いつか自分もこのリングに立っているんじゃないかとふと思いました」と説明した。

    会見には父スーパー・ストロング・マシンも同席。「(Jから)プロレスラーになりたいと聞いたのは高校生の時。1度は一般社会に出たんですけど夢を捨てられず、お金をためて、入団テストを受けた。これは本人の夢で目標。遺伝子を継いでくれる、こんなうれしいことはない」と息子Jへの思いを語った。

    必殺技「魔神風車固め」は既に伝えてあり、「ニューバージョンでやってほしいね」と期待を込めた。また、昨年1月に亡くなった妻マサミさんにも「デビュー戦を見てもらいたかった」としみじみと話した。

    Jは、ストロングマシーン・GおよびFと3人で「ストロングマシン軍団」を結成。4月10日の6人タッグでのデビュー戦では、堀口元気、横須賀ススム、Kzyと対戦する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-03080473-nksports-fight


    【ギギガガ…スーパーストロングマシン2世デビューへ 】の続きを読む

    このページのトップヘ