イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    WWE・TNA

    014


    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 00:27:26.30 ID:???*.net
    7月4日、東京・両国国技館で行われたWWE日本公演「WWE LIVE」。今年は国技館2DAYSで行われた
    WWE日本公演、その2日目は本国アメリカにもWWEネットワークを通じて同時生中継された。
    この“TVマッチ”のセミファイナルに抜擢されたのが、ケビン・オーエンズの持つNXT王座にフィン・ベイラーが
    挑戦した一戦。試合前にスクリーンで流された“煽りVTR”の中でベイラーは、プリンス・デヴィットとして
    新日本プロレスで活躍していたことも紹介された。

    現在欠場中のイタミ・ヒデオらと共にNXTの中心選手ではあるが、現王者のオーエンズは前日の大会で
    ユナイテッドステイツ王者のジョン・シナと互角の試合をやってのけた実力者。それだけに遠征先の日本の
    大会で王座交代劇が見られる可能性は極めて低いと思われていた。
    だが、ベイラーは『スパイダーマン』に出て来るヴェノムを彷彿させるボディペイントバージョンで登場。
    一見不気味ではあるが、日本のユニバースは新日本プロレス時代から東京ドームでのタイトルマッチなど、
    ここ一番でデヴィットがボディペイントを施してきたのを知っているだけに、この試合のみ特別に許可された
    “紙テープを投げる”という日本式の応援でベイラーを後押しする。

    ベイラーはノータッチ・トペ・コンヒーロやリバース・ブラディサンデーなど、新日本ジュニア時代に磨きをかけて
    得意技で攻めていく。いい流れを掴んだベイラーはジャンピングキックを叩き込むと、倒れたオーエンズに
    必殺の「クー・デ・グラ(ダイビング・フットスタンプ)」を突き刺す。完璧に決まったものの王者はカウント2で返す。
    ならばとベイラーは新日本時代に数々のタイトルを掴んだ奥の手「ブラディサンデー」を決めたが、これも
    カウント2で返したオーエンズ。相手の必殺技を凌いだオーエンズは自分の必殺技である「ライツアウト」を
    狙ったが、パワーボムで叩き付けられる直前でかわしたベイラーはドロップキックでオーエンズを吹っ飛ばすと、
    もう一度クー・デ・グラを突き刺して3カウント。

    ベイラーが「第二の故郷」という日本のファンの前で、NXT王座を奪取したベイラー。するとそこにWWEの殿堂
    「ホール・オブ・フェーム」入りした藤波辰爾が登場。ベイラーの王座奪取を祝福すると、ベイラーも日本の先輩に
    “お辞儀”で感謝。超満員のスモウアリーナを感慨深い表情で見渡したベイラーは、NXTの黄金のベルトを
    誇らしげに掲げた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00010001-battlen-fight



    【フィン・ベイラーが第二の故郷である日本でNXT王座を奪取!この快挙を藤波辰爾も祝福】の続きを読む

    005


    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 00:24:22.52 ID:???*.net
    7月4日、東京・両国国技館で行われたWWE日本公演「WWE LIVE」。今年は国技館2DAYSで行われた
    WWE日本公演、その2日目は本国アメリカにもWWEネットワークを通じて同時生中継された。
    この異例の中継が実現したのは、本国アメリカでもスポット参戦のブロック・レスナーが出場したから。
    レスナーはWWE退団後、新日本プロレスやIGFに参戦したが、WWE戦士として日本で試合をするのは
    約12年ぶり。

    総合格闘技「UFC」のヘビー級王者にもなった経験があるレスナーは、オープンフィンガーグローブに
    格闘技用トランクス姿で登場。全身からオーラを発しながら、リングサイドをゆっくりと一周すると、
    エプロンに飛び乗ってからリングイン。
    その佇まい一挙手一投足に日本のユニバースが沸き上がる。いざ試合が始まると、対戦相手の
    コフィ・キングストンはトリッキーな動きでレスナーをかく乱しようとするが、ジャンプしたキングストンを
    キャッチしたレスナーはジャーマンスープレックスで何度も投げ捨てる。

    そしてグロッキー状態のキングストンを引きずり起こしたレスナーは、竜巻の威力を示す階級「F5」から
    名付けられた旋回式の顔面砕きでキングストンをマットに叩き付け、わずか2分38秒で勝利。
    あっという間に終わってしまい物足りないユニバースから「ワンモアタイム!」コールが起こると、
    レスナーはリングに戻ってまだ倒れているキングストンを再びジャーマンスープレックスで投げ飛ばしてから
    F5で叩き付ける。

    これにはキングストンのチームメイトであるビッグEとエグザビア・ウッズが飛び込んできてレスナーに
    襲いかかるが、レスナーは慌てることなくラリアットで迎撃すると、ビッグEとウッズもF5で叩き付ける
    大盤振る舞い! 日本のユニバースを大満足させた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00010000-battlen-fight



    【WWE戦士として約12年ぶりに日本マットに登場したレスナーが必殺技連発の大盤振る舞い!】の続きを読む

    このページのトップヘ