イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    2016年06月

    032

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/06/21(火) 17:26:30.15 ID:CAP_USER9
    “邪道姫”工藤めぐみ 19年ぶり現役復帰も
    6月21日(火)16時30分配信

    邪道姫こと超花火プロレスの工藤めぐみエクスプロージョンプリンセス(EP=46)が20日、
    約19年ぶりに現役復帰する可能性を示唆した。

    この日の深夜だった。誰もいない東京・港区のゼロワン道場で黙々とトレーニングを積む女性の姿が…。
    工藤EPだ。入念なストレッチからマシンを使った筋トレ、何より驚きだったのは、
    リング上でロープワークをこなし、受け身の練習まで行ったことだ。

    FMW女子のエースとして絶大な人気を誇った工藤EPは、1997年4月29日に横浜アリーナで行われた
    電流爆破マッチ(対シャーク土屋)を最後に現役引退。その後はレフェリーを務めたことはあったが、
    師匠の大仁田厚(58)とは対照的に現役復帰だけはかたくなに拒んできた。

    練習後の工藤EPを直撃すると「お客さんを裏切れないと思うと体が勝手に動いていました…」
    と悲壮感を漂わせ告白した。7月18日の「なまはげ超花火」(秋田市セリオンプラザ)は、
    大仁田が別大会に出場するため、不参戦となることが決定。
    最後まで代役が見つからない場合を想定して、自ら出撃準備に動いた模様だ。

    さすがに19年のブランクは大きく、受け身を取った背中はアザだらけだった。
    さらに現役時代からの古傷である右腕には神経の痛みを抱えたままで、激しい運動を禁じられている。
    「現役復帰するのか」という本紙の問いには「今は何も言えません。最後まで(代役探しを)諦めないし、
    神様が見守ってくれていると信じています」と返答したが、大会まで1か月を切ったことで覚悟は決めた様子。
    邪道姫復活へのカウントダウンが始まった。


    【“邪道姫”工藤めぐみ(46)、19年ぶりに現役復帰する可能性を示唆】の続きを読む

    033

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/06/21(火) 21:32:33.58 ID:CAP_USER9
     FMW軍対UWF軍の全面対抗戦が21日、東京・後楽園ホールで3試合すべて有刺鉄線デスマッチで行われた。
    メインの8人タッグでは大仁田厚(58)率いるFMW軍が船木誠勝(47)率いるUWF軍に8人タッグで勝利した。

     大仁田は雷神矢口、NOSAWA論外、リッキー・フジを引き連れ、ホームの有刺鉄線リングで船木、
    高山善廣、長井満也、佐野巧真組を迎え撃った。UWF軍は高山のみが経験があるものの、
    船木ら他選手は初となる有刺鉄線マッチに決死の覚悟でリングイン。

     「場外乱闘はなくリング内で関節技勝負ができる」とUWF軍有利を予告していた大仁田だが、いきなり、
    場外乱闘から始まるめちゃくちゃな展開に。毒霧で船木の顔を真っ赤に染めた大仁田は、有刺鉄線ボード、
    イス、机での殴打と何でもありのプロレスでUWF軍を圧倒。UWF軍は4人がかりで大仁田の両手両足に
    関節技を決める見せ場も作ったが、最後は乱闘から大仁田が佐野を胴締めスリーパーで仕留めた。

     「船木さん、よく聞け。これで電流爆破に決まりじゃー」と、この日の勝利で禁断の電流爆破デスマッチでの
    完全決着戦を飲ませた大仁田。UWF軍の退場後、「こんな年でこんなバカやってんだー」と絶叫し、
    後楽園ホールに詰めかけたファンの心を一つにしていた。

     同じく有刺鉄線デスマッチで行われた他の対抗戦2試合では、初参戦のUWF・中野巽耀(51)が、
    アレクサンダー大塚と組んで、FMWの田中将斗、バッファロー組と対戦。中野がバッファローを
    有刺鉄線で巻いての逆エビ固めで勝利。UWFの藤原喜明、富宅飛駆、池田大輔組とFMWの上田勝次、
    橋本友彦、松崎駿馬組は、67歳の藤原が脇固めで圧勝。対抗戦はUWF軍の2勝1敗だった。


    【UWF船木軍、初の有刺鉄線デスマッチでFMW大仁田軍に敗北!電流爆破決着へ】の続きを読む

    このページのトップヘ