イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    2016年06月

    102

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/06/28(火) 12:52:53.00 ID:CAP_USER9
    元新日本の中邑真輔(36)が26日(日本時間27日)、ついにWWE1軍のリングに上がった。

    来月1、2日の日本大会(両国国技館)を前に同日、米フロリダ州オーランドで開催のWWE
    1軍大会にNXTデビュー後初出場。前NXT王者フィン・ベイラー(元新日本のプリンス・デヴィット)と組み、
    NXT王者サモア・ジョー、元TNA世界ヘビー級王者オースチン・エリーズ組と対戦した。
    試合は中邑のキンシャサによるアシストで、ベイラーがエリーズを抑え込んで勝利。中邑はデビュー以来
    無敗のまま、1軍デビュー戦でも勝利した。

     
    【中邑真輔ついにWWE1軍のリングに上がる タッグ戦で勝利】の続きを読む

    101

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/06/28(火) 00:54:30.73 ID:CAP_USER9
    「プロレス・新日本」(27日、後楽園ホール)

     天山広吉が“真夏の祭典”ゴリ押し出場を宣言した。この日、新日本はG1クライマックスの出場選手を発表したが、
    史上最多20回出場で優勝3回の実績を誇る天山がまさかの落選。6人タッグで永田裕志、
    柴田勝頼と組んでジュース・ロビンソン、本間朋晃、真壁刀義組と対戦した天山はその怒りをぶつけるかのように、
    自らロビンソンを豪快な月面水爆で葬った。

     試合後はリング上で「G1クライマックス、オレの名前がないやんけ。G1言うたらオレやろ。
    ふざけんなよ、コラ!!」と不満をぶちまけると、理解を示すファンから大“天山コール”が送られた。
    インタビューでも怒りは収まらず、「何なんや。オレの耳が悪かったんちゃうやろな。
    その場で力が抜けたよ。嫌がらせか」と信じられない様子。

     さらに、「力は落ちたかも知れん。でもな、プロレスやっている以上、新日本にいる以上、
    G1クライマックスは絶対出なあかんやろ。何としてでも出るからな。ここから見とけよ。
    あんな発表ふざけんなって。まだまだ返してやるよ。絶対出る。出るって断言しとくわ」と訴えた。


    【G1クライマックス、天山広吉がまさかの落選「ふざけんなよ、コラ!!」「絶対出る」】の続きを読む

    099


    460: お前名無しだろ 2016/06/27(月) 20:19:39.13 ID:kts37krJ
    7.18 北海道 棚橋-SANADA 丸藤-オカダ
    7.22 後楽園 永田-内藤 柴田-本間
    7.23 町田 棚橋-真壁 オカダ-SANADA
    7.24 後楽園 柴田-中嶋 本間-YOSHI
    7.25 福島 SANDA-真壁 後藤-オカダ
    7.27 長野 矢野-内藤 柴田-エルガン
    7.28 埼玉 石井-丸藤 後藤-SANADA
    7.30 愛知 エルガン-オメガ 内藤-柴田
    7.31 岐阜 丸藤-真壁 棚橋-後藤
    8.1 高松 YOSHI-中嶋 本間-内藤
    8.3 鹿児島 石井-棚橋 真壁-オカダ
    8.4 福岡 内藤-中嶋 柴田-オメガ
    8.6 大阪 棚橋-丸藤 オカダ-石井
    8.7 浜松 オメガ-永田 内藤-EVIL
    8.8 横浜 石井-SANADA 真壁-後藤 
    8.10 山形 本間-エルガン 柴田-永田
    8.12 両国 後藤-丸藤 棚橋-オカダ
    8.13 両国 柴田-EVIL 内藤-オメガ
    8.14 両国 決勝戦


    【新日本プロレス 『G1 CLIMAX 26』 主要対戦カード発表】の続きを読む

    091

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/06/25(土) 18:00:27.93 ID:CAP_USER9
    小泉今日子 二階堂ふみにプロレス技 「4の字固めが得意」

     女優の小泉今日子さんと二階堂ふみさんが25日、東京都内で行われたダブル主演映画「ふきげんな過去」
    (前田司郎監督)の初日舞台あいさつに、主要キャストとともに登場。二階堂さんは、小泉さんと取っ組み合いを
    するシーンについて、「小泉さんがリハーサルの時にプロレス技をかけてきて……」と明かすと、小泉さんも
    「4の字固めが得意。古いんですけど」と明かして、会場の笑いを誘った。

     また、小泉さんは、二階堂さんについて「映画俳優として頼もしい存在で、年相応の女の子としてもキチンとして
    魅力的。何よりも可愛いです」と笑顔で印象を明かすと、「(映画の完成披露の時に)肌を露出させたドレスを
    着ていて、肌がピチピチしていて触ってしまいました。ご利益があるんじゃないかって」と語っていた。

     映画は、三島由紀夫賞、向田邦子賞受賞、岸田國士戯曲賞などを受賞し、劇団「五反田団」を主宰する劇作家の
    前田さんのオリジナル脚本。毎日が死ぬほど退屈でつまらない果子(二階堂さん)の前に、18年前に死んだはずの
    伯母・未来子(小泉さん)が、突然戻ってくる……というストーリー。舞台あいさつには高良健吾さん、板尾創路さん
    も登場した。


    【小泉今日子 二階堂ふみにプロレス技 「4の字固めが得意」】の続きを読む

    このページのトップヘ