イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    2016年01月

    003


    1: すらいむ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/25(月) 11:30:47.68 ID:CAP
    悪役モンゴリアン・ストンパーさん死去、71歳

     馬場、猪木と対戦したモンゴリアン・ストンパーさんが23日(日本時間24日)に
    71歳で亡くなったと、同日の米メディアが報じた。死因は不明。

     ストンパーさんは65年に出身地のカナダでデビュー。米国各地で悪役レスラーとして活躍し、
    蹴りとストンピングを武器に多くの王座を獲得した。修行時代の猪木のタッグパートナーも務めた。
    71年1月に日本プロレスに初来日し、馬場のインター王座、馬場&猪木組のインタータッグ
    王座にも挑戦した。(デーブ・レイブル通信員)

    http://www.nikkansports.com/battle/news/1596425.html



    【【訃報】悪役レスラーのモンゴリアン・ストンパーさん死去、71歳 馬場、猪木とも対戦】の続きを読む

    001


    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/25(月) 15:11:00.34 ID:CAP
    中邑真輔、新日退団は新たな挑戦
    2016年1月25日

    今月限りで新日本プロレスを退団する中邑真輔(35)が25日、都内の新日本プロレス事務所で会見を行った。

    今後は世界最大のプロレス団体WWEに挑戦することが濃厚な中邑は、神妙な面持ちで登場。
    「非常に大きな決断でした。この決断を了承してくださり、新日本プロレスには感謝しております。2003年に入団して苦楽をともにし、ともに歩んできた菅林(新日本プロレス会長)さんをはじめ社員のみなさま、選手、
    関係者のみなさま、そしてファンのみなさまには感謝しております。今後は新たな刺激、環境、舞台を求めて
    挑戦し続ける所存であります。ありがとうございました」とあいさつした。

    退団の理由は「一つだけじゃないです。年齢的なものも含め、新日本プロレスで成長する上で培った価値観、
    自分の感情、そういうものを統合して今しかないと思った上での決断です。悩んでいたのは2年ぐらい前から。
    決意となると昨年の11月あたり」と説明した。

    WWE挑戦について具体的な言及はなかったが、
    「どういう状況下においても、そこに落とし込める遊びがあるのであれば、いかに小さな隙間であっても、
    そこに全人格、全中邑真輔を投影する。これまでもそうしてきたように、これからもそうするであろう」
    と独特の表現で今後の展望を話した。

    青学大レスリング部から入団して12年。その日々を「自分で言うのも何ですが、こんなレスラーは他に
    いなかったと思います。デビューまでの経緯から、デビューしてからの数々の挑戦、すべてが自分にとって
    かけがえのないものだと感じられます。その当時は死にものぐるいでただひたすら前を見てやっていたんですけど、
    今の新日本プロレスは何があっても、誰もがチャンスを自ら作り、つかめる舞台になっている」と振り返った。

    保持するIWGPインターコンチネンタル王座を返上することには「返上という不本意な決着になってしまいましたが、
    新しい価値観を創造できたという部分では、誇りであると感じています」と話した。

    中邑は29日の埼玉・所沢大会、30日の東京・後楽園ホール大会の2試合に出場して新日本を去る。

    http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2016/01/25/0008750530.shtml 


    【中邑真輔が会見、新日本プロレス退団は新たな挑戦「今しかないと思った上での決断」…WWE挑戦について具体的な言及はなし】の続きを読む

    323

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/24(日) 19:31:39.15 ID:CAP
    デイリースポーツ 1月24日(日)18時27分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160124-00000074-dal-fight
    「プロレス・FMW」(24日、東京・新木場1stRING)

     世界ストリートファイト6人タッグ選手権で大仁田厚、田中将斗、
    保坂秀樹の王者組がW★INGモンスター軍の雷神矢口、
    W★ING金村、橋本友彦組に完敗して王座を奪われた。

     大仁田組は序盤からW★ING軍の暴走ファイトの前に劣勢。さらに、那須晃太郎、
    戸井克成らの介入を次々と受け、最後は大仁田が矢口の雷神(ラリアット)に沈んだ。
    大仁田は15年1月23日の高山善廣との一騎打ち以来、W★ING軍相手では初のフォール献上となった。

     試合後、矢口が「このまま2・26後楽園ホールまでベルトを保持して、FMW解散だろが」とほえまくると、
    橋本も同調し「防衛しないって手もあるね。解散をかけるならしてもいい」と、2月26日の後楽園ホール大会での
    FMW解散をかけた防衛戦を要求。さらに、金村が「オレたちがベルトを獲ったんやから、次の2・11浜松では、
    大仁田は前座に降格や!!」と宣告した。

     一方の大仁田は立ち上がれないほどのダメージを受けてインタビューは行われず、保坂が
    「大仁田さんは重傷で動けなくなっているので、今後どうなるか分からないけど、ベルトは絶対に取り返すので、
    そういうつもりでいるんで、お願いします」と大仁田の言葉を代弁。
    W★ING軍の無法ぶりに怒りが収まらない田中は「関係ないヤツらが出すぎやろ!!」と怒鳴り散らした。

    http://amd.c.yimg.jp/im_sigg9pMNXHPEy.KiT5Mb9GpYmA---x900-y599-q90/amd/20160124-00000074-dal-000-3-view.jpg

     

    【FMW・大仁田、まさかのフォール負けで前座格下げへ 2・26後楽園でFMW解散か】の続きを読む

    このページのトップヘ