イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    2015年06月

    z251


    1: 天才まん ★ 2015/06/02(火) 01:34:27.51 ID:???*.net
    1400万円分の小切手を着服したとして、警視庁荒川署は業務上横領容疑で学校法人「日本医科学総合学院」(東京都荒川区)元専務理事兼事務局長、北沢健一容疑者(52)=板橋区上板橋=を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

     同学院は柔道整復師の専門学校で、理事長はプロレスラーの藤原喜明氏。北沢容疑者は口座管理や経理を担当し、着服した金は住宅ローンなどに充てていたとみられる。

     逮捕容疑は、平成25年6月、同学院が大阪府内の不動産を売却して得た額面1400万円の小切手を勝手に換金し、自身の口座に入金したとしている。

     今年2月、同学院が同署に刑事告訴していた。



    【プロレスラー藤原さんが理事長を努める学校から1400万円着服容疑の元専務理事逮捕】の続きを読む

    z250


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 19:58:06.08 ID:???*.net
    プロレスのノアは1日、誠心会館館長でノアにも参戦している青柳政司(58)の引退を本人のコメントともに発表した。

    青柳はバイクでツーリング中の5月9日にスポーツカーと激突し、意識不明の重体となった。
    右足膝から下は30カ所も粉砕骨折したという。医師からもうリングに戻ることはできないと言われ、熟慮の結果、引退を決断した。
    「もう館長は蹴ることができません」と、無念の思いを吐露した。

    ノアでは引退セレモニーの開催を検討しており、後日発表する。

    青柳のコメントは次のとおり。(全文ママ)

    「私、誠心会館館長、青柳政司は6月1日をもちましてプロレス引退をする決意をしました。
    理由は体力の若干の衰えもありますが、何とか60歳までは続けて行けたら、と思っていました。

    5月9日に気分を変えて仲間とハーレーダビッドソンでツーリングに出かけました。
    少し雨が降ったので食事をして帰る事にしました。午後3時頃、長のバイクめがけてスピンをしたスポーツカーと激突しました。

    館長の記憶はそこまでしかありません。数メートル跳ね飛ばされ、意識不明の重体でした。気づいた時は病院で、即手術でした。

    怪我の内容ですが、館長の右足はバイクのステップとエンジンの間に挟まれたそうです。
    鉄のマフラーが裂けるぐらいでした。右足膝から下は小さな骨折を入れますと30ケ所の粉砕骨折。ばい菌が入ると切断します、と言われました。

    もうリングに戻る事はできないと言われ、よく考えて決断をしました。

    もう館長は蹴ることができません。

    今は早く歩けるようにリハビリを頑張るだけです。

    FMW、パイオニア、新日本プロレス、東京プロレス、ZERO1、そのほかの団体、そしてプロレスリング・ノアには大変お世話になりました。
    応援していただいたファンの皆様には本当に、本当にお世話になりました。ありがとうございました」




    【青柳館長 バイク事故で無念の引退「もう蹴ることができません」】の続きを読む

    z245


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:03:02.21 ID:???*.net
    女子プロレス「スターダム」は31日、所属の世IV虎(よしこ=21)が現役を引退することを電撃発表した。

    この日の東京・新木場1stRING大会後、スターダムのロッシー小川社長は「昨日(30日)、世IV虎本人と話して、今日(31日)付で引退ということになりました。
    今回の騒動にケジメをつけたということです」と話した。6月14日の東京・後楽園ホール大会に世IV虎が会場を訪れ、ファンに最後のあいさつをする。

    2月22日の後楽園大会では安川惡斗(あくと=28)との試合が凄惨マッチになり、顔面を破壊させた世IV虎。
    皮肉にも、これが世間的な関心を集める形になった。
    事態を重く見た団体側は無期限出場停止とワールド・オブ・スターダム王座の剥奪という厳罰を科し、その後は試合に出場していなかった。
    スターダムの旗揚げ戦となった2011年1月23日の新木場大会(対美闘陽子)でデビューした世IV虎は、残った数少ない旗揚げメンバーの一人だった。



    【凄惨マッチの世IV虎が現役引退へ【プロレス】】の続きを読む

    このページのトップヘ