イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    2015年02月

    img_469a9469a2475c54d6c66f2d76a6ee9b228695


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 08:08:07.13 ID:???*.net
    全日本プロレスの未来を預けます――十七回忌を終えた故ジャイアント馬場さん(享年61)の夫人・元子さん(75)が、
    秋山準全日本プロレス社長(45)に改めて王道マットの再建を託した。
    命日の1月31日に東京・後楽園ホールで行われた「十七回忌追善興行」は秋山体制発足後、後楽園大会最多となる1711人(超満員)を記録。
    全盛期のムードを取り戻し始めた秋山全日本を、相談役でもある元子さんはどう見るのか。その胸中を直撃した。

    ――今年は馬場さんのデビュー55周年、32文ロケット砲が日本で初公開(1965年3月)されて50周年になります

    元子さん:(写真を手に)すごいバランスが取れてキレイだね。馬場さん、鳥みたい。

    ――十七回忌興行は往年のムードも戻って大成功でした

    元子さん:今回はチケットの裏に自分で一枚一枚「Forever」というハンコ(検印)を押しました。
    今回来てくれた方がもう一度、会場に来てくれるように思いを込めて。古い考えかもしれないけど、そういう気持ちは大事だと思います。

    ――昔のファンが戻ってきた感もあった

    元子さん:大会の雰囲気を若い人たちがどう感じてくれたのか。それがすべて良いとは思わないけれど、これをどう次につなげるかでしょうね。

    ――昨年7月に秋山社長が誕生。相当な覚悟を決めての就任でした

    元子さん:いろいろあったけど彼ならできると直感的に思った。全日本を預けるなら彼しかいないと。
    馬場さんが直接教えた最後の人ですから。直接、実家まで行ってご両親にあいさつした人は数えるほどしかいない。

    ――元子さんがここまで重い意味で後継者に指名した選手は初めてです

    元子さん:責任感もある。頭の回転も速い。秋山君なら馬場さんの全日本をそのまま後継してくれるだろうと。
    (後援者に)「あなたは頭を下げられる?」と聞いたら「お願いに上がる時はちゃんと頭を下げます」と
    答えてくれたので大丈夫かなと。髪の毛はなくなっちゃったけどね(笑い)。

    ――十七回忌の「偲ぶ会」(ザ・キャピトルホテル東急)では「24年前に初めて馬場さんにお会いしたのがこのホテルだった」と本人も感慨深げだった

    元子さん:秋山君には厳しかった。試合前の練習も、馬場さんは秋山君だけ長く教えていた。
    その当時は「何で俺ばっかり…」とプーッとふくれていましたけど「今になって分かりました」と言ってましたよ(笑い)。

    ――十七回忌前にも昨年は10月の3大会(22日後楽園、25日新潟・三条、29日山形)を観戦に訪れた

    元子さん:会場であんなにテーブルを並べて選手が売店に立っていちゃいけません。
    悪役の人でもサイン会をやってるんで驚きました。選手はチャラチャラとしちゃいけない。
    自分の価値を下げてしまう。自分を表現するのはリング上だけでいいと思う。試合に専念してほしいなと。




    【馬場元子夫人「全日本を預けるなら秋山君しかいない」】の続きを読む

    01ffaaae


    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 18:14:51.08 ID:???*.net
    デイリースポーツ 2月19日(木)16時33分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150219-00000062-dal-fight
    FREEDOMSの3・23後楽園ホールで、引退を発表した天龍源一郎(65)と現役最年長レスラーのグレート小鹿(72)が対戦することが決まった。
    「龍魂伝承スペシャル6人タッグマッチ」として行われ、天龍はマンモス佐々木、
    Hi69と組み、小鹿は佐々木貴、葛西純とトリオを結成する。天龍と小鹿は昨年8月に32年ぶりにタッグで対戦。激しい攻防でファンを沸かせた。

     小鹿は全日本時代の後輩である天龍とは長年の親交があり、9日の引退発表会見で大ショックを受けたとしていた。
    13日のブログでは「天龍選手が記者会見した後に腑抜けの空に成ったオレとしては、
    3月23日の後楽園大会での対戦を実現させたい!」と思いをつづっており、願いがかなった形だ。



    【引退表明の天龍源一郎、グレート小鹿(72)との対戦が決定】の続きを読む

    fbae427c


    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 23:25:32.48 ID:???*.net
    4団体所属の女子プロレスラー・紫雷美央(27)が引退することが17日、分かった。
    首の負傷が理由で、所属するユニオン、アイスリボン、WAVE、OZの合同興行
    「M.I.O」(9月20日、後楽園ホール)で引退試合を行う(詳細未定)。

    美央はブログに「残った時間を自分のために、4団体のために精いっぱい使いたい!
    花火みたいにド派手に散って、火の粉で4団体がもっと燃え上がって盛り上がってくれるように」と
    思いを記した。14日に美央と対戦した妹のスターダム・紫雷イオは、姉妹タッグ結成を希望した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150218-00000023-dal-fight



    【紫雷美央が引退、9月20日の後楽園ホールでラストマッチ【画像あり】】の続きを読む

    20150217-00000041-dal-000-4-view


    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 15:56:09.08 ID:???*.net
    デイリースポーツ 2月17日(火)13時59分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150217-00000041-dal-fight
    大仁田厚が土下座で初代爆破王・高山善廣への挑戦権を奪い取った。17日、
    都内で3月21日に福岡・博多スターレーンで行われる「とんこつ超花火」の会見が行われ、
    高山の初防衛戦の相手が大仁田に決定した。1度はTARUの挑戦が発表されたが、
    1・23大阪での初代王者決定戦で敗れた大仁田が登場。高山に対し「もし良かったら、
    TARU選手をおしのけて、もう1回僕にチャンスをくれませんか?」と直訴した。

     戸惑う王者に、大仁田は「TARUで決まったことはよく分かるけど、このベルトができるまで24年間、
    オレが電流爆破を引っ張ってきた自負はあります。あなたが初代爆破王ということも認めます。
    だけど、オレには残された時間があまりありません。チャンスをいただけませんか」と再度懇願すると、
    ひざの痛みをこらえて土下座した。

     胸を打たれた高山は「こういうことで(発表を)覆したら、タイトル戦の権威がなくなるかもしれないけど、
    電流爆破を作って、引っ張ったのは大仁田厚だ。1回、オレが勝ったからって爆破王とは言い切れない。
    2度、大仁田厚を倒せば、まぎれもなく爆破王」と受諾の意思を示した。
    同席した工藤めぐみエクスプロージョン・プリンセスも王者の意向を優先するとし、
    “大逆転”で高山-大仁田戦を発表した。

     大仁田が引き揚げた後、あらためて取材に応じた高山は「あの人、ひざが悪いじゃん。
    でも、土下座したからね。あの人が初めてベルトを取ったとき、オレは小学生だぜ。
    そんなヤツに土下座したんだから、気持ちをくみ取った」と明かした。



    【大仁田厚が土下座 初代爆破王・高山善廣への挑戦権を直訴】の続きを読む

    このページのトップヘ