イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    2015年01月

    7890519_400


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 00:14:51.57 ID:???0.net
    力士から転身したプロレス界で1980年代、“悪役レスラー”としてリングで大暴れしたキラー・カーン。
    195センチと日本人離れした体格と、形容詞ともいえる「モンゴリアン・チョップ」の必殺技で、
    国際的な成功を収めた数少ない日本人レスラーの1人である。
    その懐かしき「スター」はこの3月で68歳を迎える。背中には手術の傷跡がくっきりと残り、
    今も満身創痍の体には違いないが、新宿副都心で「伝説のシンガー」尾崎豊が愛した名物カレーを提供する人気居酒屋を切り盛りする。
    引退から四半世紀。気が付けばプロレスラーとしての足跡よりも経営者としての歩みの方が長くなった。
    引退後、プロレスと距離を置くカーンに「第2の人生」で成功する極意を聞いた。

     ■気配りの“看板レスラー”

    東京・西新宿。JR新宿駅から大久保方面に10分ほど歩いたところに大衆居酒屋「カンちゃん」がある。
    「ちゃんこ鍋」が評判で、深夜まで近隣のサラリーマンや若者でにぎわう。
    のれんをくぐると、出入り口近くの小さな椅子に座った巨漢のカーンがぺこりと頭を下げる。

    引退後もリングネーム「キラー・カーン」(本名・小沢正志、新潟県出身)を名乗る。
    現役時代「ヒール」でならし、「人間山脈」アンドレ・ザ・ジャイアントの足を折ったとして有名になった巨漢レスラーの雰囲気は完全に抜け、
    意外にも愛嬌のある、優しい大男だった。

    「現役時代はプロレスの暗部を目の当たりにして、何度も裏切られてきた。
    けれど、今もこうして昔の名前を使って生活しているわけだから、プロレスには感謝している」

    かつてプロレスの聖地「マジソン・スクエア・ガーデン」をわかせたカーンも初老の域に入ったが、
    まだまだ老け込む年齢ではない。
    従業員の手が足りなければ、料理を自ら運んだりレジを打ったり、店内を動き回る。
    店のモットーは「安くて、うまい」。お人好しで腰の低いカーンの人柄に加えて、都内の激戦区でも味で勝負できる。
    繁盛する理由はすぐに理解できた。

    金曜の夜9時過ぎ、素性を明かさずにふらっと立ち寄った記者に一番奥のカウンター席に通したことをわびながら、
    「隅の狭い席で悪いね」と声をかけてくれた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150125-00000567-san-spo
    産経新聞 1月25日(日)20時33分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150125-00000567-san-spo.view-000
    「一流の料理人を使っているので味には自信がある」と胸を張るキラー・カーン=東京・西新宿(写真:産経新聞)



    【悪役キラー・カーンが語る「第2の人生」成功の“秘訣”】の続きを読む

    01


    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2015/01/23(金) 16:03:29.14 ID:???0.net
    ONE FC世界ライト級王者の青木真也が、IGFの2・20東京ドームシティホール大会で
    プロレスに初挑戦することが23日、分かった。ケンドー・カシンとシングル戦を行う。
    IGFが都内での会見で発表した。青木はこれまでもプロレス参戦に前向きな発言をしていた。
    かつてファンだったカシンが“デビュー戦”の相手に決まり、話題を集めそうだ。

    青木は昨年大みそか、山本勇気をMMA(総合格闘技)ルールで下した際、フィニッシュ技は
    変形ネックロックと発表されたが、自身は「コブラツイストでしょう!」とアピールしていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000048-dal-fight




    【青木真也がプロレス初挑戦、ケンドー・カシンとシングル戦】の続きを読む

    このページのトップヘ