イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    2014年12月

    46


    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 18:57:01.69 ID:???0.net
    デイリースポーツ 12月20日(土)18時47分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141220-00000057-dal-fight
     元UWFインターナショナルで、“200%男”の異名をとった安生洋二(47)が20日、都内で会見し、現役引退を発表した。
    来年3月19日に後楽園ホールでラストマッチを行う。

     対戦カードについては、「引退試合をするとしたら、兄弟みたいな2人と組みたいと思っていた」と高山善廣、
    10月に引退した山本健一さんとともに18年ぶりに『ゴールデン・カップス』を一夜限りで再結成すると宣言。
    相手は「交渉中」としたが、いまや伝説となった95年10月9日・東京ドームでの新日本とUインターの対抗戦で対戦し、
    敗れた長州力の名前を挙げた。

     また、UWF時代の後輩、船木誠勝(現WRESTLE-1)、鈴木みのるとのリングでの“再会”も希望した。

     安生は「(長州戦の)7万人のブーイングは一生忘れることはできない。東京ドームが震えるくらいのエネルギーだった。
    (あのときに戦った)長州選手なら、燃え尽きられるかなと思った」とし、船木&鈴木には「UWF崩壊後、別の道に行った2人。
    (戦いが)実現したら24年ぶりかな。
    2人とも現役バリバリで活躍してる。この2人と戦うなら、相当な覚悟が必要」と話した。

     ハッスル以来、試合から遠ざかっている安生は、都内の焼き鳥店に勤務しており、「片付けで炭の火を消すとき、
    外面が消えても、かすかに火が残ったりする。プロレスとオレのかかわりと似ていると思った。燃えかすまで消し去って、
    引退を迎えようという気持ちになった」と思いを明かした。
    >>2に続く



    【【プロレス】元UWF安生洋二が引退を表明】の続きを読む

    0bc270d49550647d43f6400fad74a66e


    1: お前名無しだろ 2014/12/05(金) 18:31:12.55 ID:SoGw00C90.net
    「水曜日のダウンタウン」に出てきた
    健介にラリアットで秒殺された試合のことを語ってた。
    あれは当時小川戦が決まってた健介にジョブに徹したはずで、いい仕事したのは小原のはずだ
    しかし、あの番組では「記憶が飛んで覚えてない」とか何とか番組のノリに合わせてあげていた
    さすがプロレスラーだ。

    まあそれはどうでもよくて、

    スーツ着て眼鏡してサラリーマンになっていた
    よかったよかった。



    【会社員になってた小原】の続きを読む

    news_large_momocloZ_muto_01


    1: 伊予の刀剣 ★@\(^o^)/ 2014/12/18(木) 00:06:23.58 ID:???0.net
    近年、女性のプロレスファンが増えているという。何が新しいファンの心をくすぐるのか。
    “聖地”「後楽園ホール」(東京都文京区)を訪ねた。

     ホールに入ると、正面(北側)のモニターに、大会のダイジェスト映像が流れている。
    観客はビールや名物のレモンサワーを飲みながら、思い思いに開演前の時間を過ごしている。

     女性同士の客も多い。かつてはプロレスの女性客というと、派手めの方か、
    選手のTシャツを着た気合の入ったファン、という感じの人が多かったが、
    今ではカジュアル風からモード系までさまざまなファッションの人が集う。

    「お待たせいたしました。試合を開始します!」

     リング上でアナウンサーが告げ、レフェリーがリングイン。
    エプロンサイドにはカメラマンたちが、リングにひじをつくようにカメラを構える。

     キックが決まる「ビシッ」という音。マットに倒れる「ドシッ」という振動。観客の歓声。
    選手の雄たけび。それらの生の音がまじりあって、ホール全体を満たしていった。

     今回が2回目のプロレス観戦という神奈川県在住の女性(31)は、
    「肉体美がすごい!かっこいい。中邑(なかむら)真輔選手が好き」。
    すると、一緒にいた友人は「クネクネしてキモイ!」。
    この友人は、幼いころからプロレスファンだという。最初に好きになったのは武藤敬司選手。
    新日本プロレス出身で、今はWRESTLE―1を率いている。

     プロレスには少々不似合いのようにも思えるロリータ風ファッションの女性がいた。
    埼玉県から来た主婦(40)で、プロレスにはアイドルグループ「ももいろクローバーZ」から入ったという。

     ももクロは「Chai Maxx」の振り付けに、武藤選手の「プロレスLOVEポーズ」を取り入れたり、
    「ももクロChan」(テレビ朝日系)で、ももクロ好きの邪道選手や矢野通選手と絡んだりしている。
    ももクロのマネジャーの川上アキラさんは、大のプロレスファン。
    こうした人々がいろいろな分野に潜んでおり、そこからプロレスファンを拡大させている。




    【「ももクロ」もきっかけに? プロレスファン多様化】の続きを読む

    201406190006-spnavi_2014061900037_view


    1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/22(火)18:42:04 ID:UT17Jdk05
    新日本プロレス
    バッドラックファレ193cm140kg
    ドクギャローズ203cm138kg
    ランスアーチャー203cm120kg
    デイビーボーイスミスjr.196cm120kg

    オカダカズチカ191cm107kg
    中邑真輔188cm104kg
    棚橋弘至181cm103kg
    真壁刀義180cm110kg

    日本人は外国人に体格で勝ることはできないのだろうか




    【プロレスで外国人選手と日本人選手の体格差が激しい】の続きを読む

    このページのトップヘ