イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    2014年10月

    20130307tm2


    1: お前名無しだろ 2014/02/15(土) 19:33:41.01 ID:vBNU02b00.net
    やたらエルボーの応酬に頼るプロレスは心底つまらない。

    必然性のある展開でなら良いが、
    “困った時のエルボー合戦頼み”とばかりに、
    「なぜこの流れの中で!?」というシーンで
    明らかに気合の入っていないエルボーの応酬、
    お互いにお決まりのように
    「一発打ったら一発受ける」といったやり取りを延々とやられると
    本当に萎える。

    覇気のないエルボー合戦をやるくらいなら、
    昔のように、胸に正面からチョップを思い切り叩き込め!!
    もしくは張り手の応酬で、ビンタで横っ面引っぱたけ!!




    【エルボー合戦に頼るプロレスはいらない】の続きを読む

    m20141005050_2014100505002


    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 14:50:09.81 ID:???0.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141005-00000050-dal-fight
     ディアナの井上京子(45)が5日、12・23川崎市体育館大会で有刺鉄線電流爆破デスマッチに挑戦することを発表した。
    この日、後楽園ホール大会のリング上から井上は「12月23日、川崎市体育館で電流爆破デスマッチをやろうと決めました。
    大仁田(厚)さんに承諾を得て、気持ちよく試合したいとお願いに行っているが、イエスをいただいていない。
    でも、井上京子は電流爆破をやると決めました」とファンに報告した。

     “邪道ワールド”の舞台設置には大仁田の最終許可が必要だ。「(女子の電流爆破戦は)賛否両論あると思うけど、
    あと2カ月間、大仁田さんにお願いして承諾してもらいたい」という井上は、“説得”への切り札として協力を仰いでいる
    元FMWの工藤めぐみさん(45)を紹介。大仁田さんの後輩で、女子初の電流爆破戦(96年5月5日、対コンバット豊田)を
    行った工藤さんは「話を聞いたときに井上選手の電流爆破への気持ちは本物と思ったので、
    (8・1名古屋で)大仁田さんに(自分からも)話した。今はまだ承諾をもらえてないけど、また2人で頑張りたい」とコメントした。

     井上の電流爆破デスマッチが正式決定すれば、女子では工藤さんの引退試合となった97年4月29日、
    横浜アリーナでのシャーク土屋戦以来、17年ぶりとなる。



    【井上京子、有刺鉄線電流爆破デスマッチに挑戦へ 「大仁田さんはまだ承諾してない」】の続きを読む

    20141005173006_943792559


    1: きのこ記者φ ★@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 18:27:08.79 ID:???0.net
    福井県勝山市の越前大仏で知られる大師山清大寺で5日、
    同市出身でプロレスラーの天龍源一郎さんを招いた「天龍×(かける)ボッカケ祭」が開かれた。
    天龍さんは大食い競争などの催しに参加し、勝山の伝統料理「ぼっかけ」のアピールに一役買った。

    ぼっかけは、かまぼこと三つ葉を盛り付けたご飯にだし汁をかけて食べる同市の郷土料理。
    広く知ってもらおうと、地元飲食店でつくる「勝ち山ボッカケ連盟」が初めて企画した。

    大食い競争は男性の部(5人)、女性の部(5人)、男女ペアの部(5組)で行われた。
    制限時間5分(ペアは7分)内に食べたおわん(1杯はご飯50グラム、だし汁60cc)の数を競った。

    天龍さんは「おいしいから何杯でも食べられる。頑張れ」とエールを送り、スタートのゴングを鳴らした。
    参加者は次々とお代わりしておわんを重ねていった。
    記録が伸びなかった参加者には、天龍さんが「ぼっかけはおいしくて味わって食べるからペースが落ちるんだよね」
    と健闘をたたえた。

    女性の部で15杯を平らげて優勝した林朋代さん(42)=同市村岡町浄土寺=は
    「自信はあった。うれしいです。ぼっかけはあっさりしていて好き。もっと広まってほしい」と話していた。

    市内6店舗の味を食べ比べて投票し、ナンバーワンを決める「選抜総選挙」もあった。
    来場者はイワナや里芋コロッケなどを使ったオリジナルぼっかけを味わい、投票していた。
    このほか、越前大仏では産業や食などのイベントが開かれた。
    勝山産業フェアでは市内の織物や医薬品の企業が製品や技術を披露したり、体験コーナーを開設。
    加賀越前広域観光推進協議会が主催する「加賀・越前グルメフェスタ」では福井県の5市町と石川県の3市が特産品を販売した。

    県歯科医師会主催の第8回歯みがきロボットコンテストもあり、子どもから大人まで約40人が参加。
    リモコンでロボットを操作し、大仏の歯の汚れを落としたりする競技が繰り広げられた。

    http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/event_calture/54796.html




    【天龍源一郎さん、地元福井の大食い大会で参加者に「頑張れ」とエール】の続きを読む

    このページのトップヘ