イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    2014年07月

    show_news_icon (1)


    本日の対戦カード 7・31 静岡


    ギャローズ vs ファレ
    永田 vs スミスJr
    真壁 vs 裕二郎 
    小島 vs 柴田 
    後藤 vs アンダーソン 
    鈴木 vs アーチャー 
    中邑 vs ベンジャミン
    天山 vs AJ 
    オカダ vs  矢野
    棚橋 vs 石井

    今日の休み:内藤、本間

     
    【新日本プロレス G1 CLIMAX 24 6日目 7・31 静岡 結果とまとめ】の続きを読む

    123


    1: きのこ記者φ ★@\(^o^)/ 2014/07/30(水) 22:26:31.60 ID:???0.net
    29日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)で、女子プロレスラーのダンプ松本、
    元女子プロレスラーのブル中野、長与千種らが自身のファイトマネーを告白した。

    放送では「女子プロレスラー達の裏話続出SP」と題し、ダンプらがギャラや恋愛事情、
    他団体への乱入する場合の裏側などを語った。

    元・悪役レスラーのブルは、高さ4m金網の頂上から飛ぶ大技「ダイビング・ギロチン・ドロップ」を
    披露することで1回で20万円の報酬を貰っていたことを暴露した。

    ブルは当時を振り返り「(着地の衝撃で)背骨が突き出して死ぬと思った」「死ぬ覚悟で飛んだ」と恐怖を感じていたことを告白した。
    しかし、この技をきっかけに観客が増え、会社から「1回20万」で頼まれ、計5回飛んだのだという。
    長与は「安くない?あの高さでしょ?」とその金額に驚きの声をあげた。
    ブルも安いことは認めつつも、基本給に20万をを加算して貰っていたことを明かした。

    ブルと同じ全日本女子プロレスに所属していたダンプは「基本給ないよ」と暴露。
    自身は1試合毎のギャラだけだったという。ブルによると、先輩であるダンプの世代は基本給がなく、
    ブルの世代からは基本給にプラスする形のギャラになったそうだ。
    なお、1試合毎のファイトマネーの金額は、ダンプは1試合3万5千円で、タイトル戦で勝てば100万~200万円もらえたという。

    ブルのファイトマネーは、当初1試合5千円だったが、ダンプの引退後に4万5千円に上がったという。
    また、ダンプと同期の長与は、1試合5万5千円だったという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9095985/

    【ブル中野らが当時のギャラを暴露 「金網からのギロチンドロップで20万円プラス」「会社から頼まれ死ぬ気で飛んだ」】の続きを読む

    全日本プロレスロード


    72: お前名無しだろ 2014/07/27(日) 15:07:07.52 ID:DayPO33g0.net
    2014年07月27日(日) 後楽園ホール

    三冠 諏訪魔 vs ジョー・ドーリング

    世界ジュニア 青木篤志 vs 佐藤光留

    アジアタッグ 石井慧介 入江茂弘 vs 南野タケシ 長井満也

    シリーズ最終戦は、タイトルマッチ3試合に絞ったか。

    無駄な試合がないから、集中できるな。



    【全日本プロレス 2014 サマーアクションシリーズ 後楽園ホール 7・27 】の続きを読む

    images


    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/07/28(月) 23:34:45.10 ID:???0.net
    東スポWeb 7月28日(月)16時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000022-tospoweb-fight
    全日本プロレスの元横綱・曙(45)が、秋山準(44)を社長とする新体制で取締役に就任することが27日、明らかになった。
    秋山社長は絶対的な知名度を誇る曙を新生・全日プロの広告塔としたい考え。秋山社長、専務取締役の諏訪魔(37)、
    そして曙取締役の超強力スクラムで全日プロを大きく飛躍させる。

     曙が約4か月ぶりに復活する。肺炎と不整脈の悪化で長期欠場していた曙は、この日の後楽園大会に来場。
    リング上から「長い間休むことになりまして本当に申し訳ありません。おかげさまで8月16日(後楽園ホール大会で)
    復帰します」とファンにあいさつした。さらには返上した3冠ヘビー級王座についても「置いてきた3冠ベルト、
    必ず真剣に取りにいきます」と固く誓った。

     曙の活躍の場はリング内にとどまらない。実は秋山新体制下で取締役に就任することが決まったのだ。

     秋山は「横綱は今まで活躍してくれたし、知名度もある。横綱も『会社に協力したい』ということだった。
    もちろんリングでもまだまだ頑張ってほしいし、本当の意味での広告塔として頑張ってほしい」と打ち明けた。
    (以下略 全文はリンク先で)

    【曙、全日本プロレスの取締役就任へ 戦列復帰も宣言】の続きを読む

    このページのトップヘ