イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    2014年06月

    06908541


    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/06/29(日) 14:57:39.14 ID:???0.net
    「全日本」(28日、札幌テイセンホール)

    3冠ヘビー級王者の大森隆男(44)が、秋山準との同期コンビで諏訪魔&ジョー・ドーリングを破って
    世界タッグ王座(旧インターナショナル&PWF)を奪取し、5冠王に輝いた。

    5冠達成は昨年10月22日から27日までの諏訪魔以来、史上9人目(15回目)。
    大森はスライディング斧爆弾でドーリングを撃破。自身の手で5冠をつかみ取った。
    92年デビューから22年で初めて3冠ベルトにたどりついたのが6月15日。わずか13日で偉業を達成した。

    http://daily.c.yimg.jp/ring/2014/06/29/Images/07097120.jpg
    http://www.daily.co.jp/ring/2014/06/29/0007097119.shtml

    【大森隆男が世界タッグ王座奪取!5冠王に輝く】の続きを読む

    images (2)


    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/06/25(水) 20:48:47.30 ID:???0.net
    体調不良の元横綱曙(45=全日本プロレス)が24日、約2か月の沈黙を破り、欠場後初めて取材に応じて胸中を激白した。
    曙は持病の不整脈が悪化し、一時は生死も危ぶまれたことを告白。
    手術を受け、現在は練習も再開しており、8月以降の復帰へ強い決意を明かした。

     曙は4月のチャンピオン・カーニバルを肺炎で途中リタイア。当時は3冠ヘビー級王座を保持しており
    王者の使命感から強行出場を続けた。しかし持病の不整脈が悪化し、入退院を繰り返した。

     曙:2年前に治療した時も医者から「(不整脈の症状が)いつ出るか分からない」と言われていた。
    でも3冠戦やカーニバルがあったんで…。本当に最悪な状態で命が危ないところまでいった。
    医者に怒られましたね。体の反応は年齢の割に若いけど、精神的なストレスが…。

     2年前は復帰を急ぐあまり、満足な治療を受けなかった。
    再び命を危険にさらした曙は、今回はカテーテル手術(心筋焼灼術)も受け、不整脈の症状は治まっている。

    以下WEBで↓
    http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/282401/

    【曙が“生命の危機”告白「また3冠狙う」】の続きを読む

    20130513-00000000-spnavi_nm-000-0-view



    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 16:52:18.06 ID:???0.net
    元ノアの蹴撃戦士・KENTA(33)のWWE入団が内定。日本公演最終日となる7月12日の
    大阪・舞洲アリーナ大会のリング上で発表されることが27日、明らかになった。KENTA自身も
    来場する予定で、同大会に参戦する超人ことハルク・ホーガン(60)との“合体シーン”も期待される。

    米国マット関係者の話を総合すると、WWEはこのほどKENTAとの契約を完了。日本公演(7月10、
    11日・両国国技館、12日・舞洲アリーナ)へ向けて、近日中にも正式発表される見込みだ。

    しかも最終戦となる大阪大会にはKENTA自身が来場し、リング上からファンに入団を報告する
    可能性もあるという。早ければ7月中旬にも渡米の予定で、まず若手育成ブランド・NXTで
    キャリアをスタート。実績を残した上でメジャーのロウかスマックダウンへ参戦となりそうだ。

    KENTAは4月いっぱいでノアとの契約を満了。5・17後楽園大会では丸藤正道との名コンビを
    再結成して中嶋勝彦、杉浦貴組を撃破。ノアラストマッチを勝利で飾っている。その後は沈黙を
    貫いて充電期間に入っていた。

    この日、本紙の直撃に対してKENTAは「現時点でお話しできることは何もないです」と慎重に話した。

    それでも「来るべき日へ向けてしっかりトレーニングは続けています」とWWEへの出撃態勢を
    整えていることを明かした。

    大阪大会では豪華なハプニングも期待できる。7年ぶりの来日となる超人ホーガンとの“合体”だ。
    超人は11日両国と12日大阪に参戦。日本を「第2の故郷」と公言してはばからないホーガンだけに、
    日本人大物ルーキーの入団を、自ら祝福する可能性も高い。

    さらにはノアに参戦していたワイアット一家のエリック・ローワン(ソルーフ)、セザーロ(クラウディオ・
    カスタニョーリ)ら現スーパースター勢との再会にも期待が集まる。

    いずれにせよ大阪決戦から、KENTAが夢の大舞台に第一歩を踏み出すことになりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140628-00000018-tospoweb-fight

    【KENTA、WWE入団内定】の続きを読む

    このページのトップヘ