イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    119

    1: 風吹けば名無し 2017/11/02(木) 02:59:18.71 ID:bUbNlMsg0
    ワイはKO



    【好きなWWEスーパースター 】の続きを読む

    115

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/11/10(金) 00:16:22.32 ID:CAP_USER9
    全日本、ドーリング三冠初防衛!11分でヨシタツ粉砕「日本にいる外国人で一番」
    2017.11.10(Fri)
    https://www.daily.co.jp/ring/2017/11/10/0010719119.shtml
     「プロレス・全日本」(9日、東京・後楽園ホール)

     三冠ヘビー級選手権試合が行われ、王者のジョー・ドーリングが挑戦者のヨシタツに完勝し、初防衛に成功した。
     9年前にWWEの下部組織で切磋琢磨した両者。ドーリングは脳腫瘍、ヨシタツは頸椎の粉砕骨折から復活した共通点もある。9月に新日本から戦いの場を移したヨシタツは
    ドーリングに直訴して同王座初挑戦が認められたものの、それに異議を唱えた秋山準と5日に事実上の挑戦者決定戦を行い、変形肩固めのヨシタツロックで勝利して文句なしの挑戦者となった。

     だが、体格とパワーに勝るドーリングは、タックル、打撃戦などでヨシタツを圧倒。
    一時はヨシタツロックで絞められるピンチもあったが、最後は豪快なフライングボディーアタックからレボリューションボムでたたきつけ、わずか11分49秒で葬り去った。
     試合後のドーリングは「すごい感触を感じた。以前より良くなっている」と意気揚々。「今証明した。オレが日本にいる外国人で一番のレスラーだと。いつでもだれでもかかってこい」と豪語した。 


    【全日本、ドーリング三冠初防衛!11分でヨシタツ粉砕「日本にいる外国人で一番」 】の続きを読む

    113

    355: お前名無しだろ 2017/11/09(木) 16:56:50.68 ID:ZR/+fY6P0
    https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/823018/ 
    はいファミレス最新シリーズ



    【内藤哲也さんの後ろにいる二人は・・・】の続きを読む

    05

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/11/08(水) 18:32:47.61 ID:CAP_USER9
     頸髄完全損傷の重傷で療養中のプロレスラー・高山善廣の公式ブログが関係者によって8日、
    更新され、電動車いすを自身で操作し、移動をする練習をしていることが明かされた。

     「高山を応援して下さっている皆さまへ」のタイトルで、負傷から約半年が経過しての高山の近況が報告された。
    「最近の高山は、電動車椅子に乗る練習をしています。手は動かないので、アゴでコントローラーを操作しています」と記され、
    「最初から上手くて、リハビリの先生にビックリされていました」といったことも紹介されている。

     高山自身も「半年ぶりに自分の意志で動けた」と喜んでいたといい、
    今後もできることを増やせるようリハビリを続けていくことをうかがわせていた。

     高山は今年5月4日に出場したDDT大阪・豊中大会で首を痛め大阪府内の病院に救急搬送された。
    9月4日にDDTの高木三四郎社長や、友人の鈴木みのるらが会見を開き、
    頚髄完全損傷の重傷を負ったことが明かされた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00000105-dal-fight



    【高山善廣 電動車いす練習に奮闘中 あごで操作「半年ぶりに自分の意志で」 】の続きを読む

    111

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/11/08(水) 17:47:41.70 ID:CAP_USER9
    バカサバイバーこと青木真也(34)が7日、“プロレス難民”となっている現状を告白した。

    青木は24日の「ONE Championship」シンガポール大会でウエルター級王者のベン・アスクレン(33=米国)に挑戦する。
    ライト級を主戦場とする青木にとっては2階級制覇へのチャレンジだ。
    大一番目前で青木は「この試合は俺にとって“生前葬”なんですよ。
    それだけの大一番。勝っても負けても必ず生きて帰ってくる!」と意気込むと「そんなことより、本題なんですけど…」といきなり訴え始めた。

    その主張をまとめると「プロレスのオファーが全く来ない」とのことだ。
    以前参戦していたIGFが協力する新団体「東方英雄伝」からすら何の連絡もなく、日本旗揚げ興行(16日、後楽園ホール)の開催も本紙で知ったという。
    とはいえIGFがかつて主催していたNEWでは、味方を突然に背後から襲って絞め落とすなど、奇行を繰り返していただけに因果応報とも思える。

    しかし青木は「俺はプロレスがしたいだけなんだ。
    プロレスにおけるハローワーク的な物がないことが問題だ」と巧みに理論をすり替えると
    「奥田啓介が俺の邪魔をしているとしか思えない。急に絞め落としたことを逆恨みしているのか…」と分析しつつ
    「IGFに限らず日本中どこでも出ます。どこでもいいのでオファーを下さい」と再度訴えた。
    青木は早くも決戦地シンガポール入りして現在は最終調整中。何はともあれ、まずは残り3週間を切ったアスクレン戦に集中してもらいたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00000040-tospoweb-fight



    【【格闘技】青木真也困った!プロレスオファー全くない 】の続きを読む

    このページのトップヘ