イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    1223

    706: お前名無しだろ 2018/01/23(火) 02:44:22.85 ID:kyXWqMA40
    ヒロムの画像クッソワロタ 
    ヒロムはプロレスにおいてsnsはこうやって使うんだよっていくつもわかりやすいお手本見せてくれてるわ



    【高橋ヒロムのコラ画像wwwww】の続きを読む

    118

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/01/21(日) 20:51:48.16 ID:CAP_USER9
    元プロレスラーで参院議員も務めた大仁田厚氏(60)が18日、佐賀県内で記者会見を開き、
    4月に行われる佐賀県神埼(かんざき)市長選挙(4月8日告示、15日投開票)に無所属で
    出馬することを正式に表明した。

    佐賀に地盤を築く原口一博元総務相(58)が同席し、大仁田氏は「神埼ブランドの宣伝マンになる」など
    6つの公約をぶち上げた。
    市長になった暁には、夏祭りを盛大に行い、封印していた電流爆破デスマッチの解禁プランも浮上している。

    大仁田氏は「かえんば神埼」と書かれた5ページにおよぶマニフェストを報道陣に配布した。そこには6つの公約が書かれていた。
    〈1〉50億の新市庁舎建設の見直し
    〈2〉市民が主役のしがらみのない市政
    〈3〉神埼ブランドの宣伝マンになる
    〈4〉小中高の給食無償化と脊振の自校式学校給食の再開
    〈5〉神埼市人口増加計画
    〈6〉高齢者、障がい者を支えあう医療福祉の充実

    大仁田氏は「しがらみや癒着のない市政に戻さないといけないんです」と現市長で4選を目指して
    立候補を表明している松本茂幸氏(67)への対立構図を打ち出した。

    佐賀県は母親・松原巾江(きぬえ)さんの故郷。大仁田氏も長崎市出身で九州への思いは強い。
    佐賀1区(佐賀、鳥栖、神埼市など)が地元の原口氏とは親交があり、協力を得ている。
    また、福岡が地盤の自民党元幹事長・古賀誠氏(77)とのパイプもあり、党派を超え、無所属で戦うことに。

    松本氏は14年は自公から推薦を受け、無所属で出馬した。

    市民が期待するのは大仁田の“町おこし力”だろう。「東国原のことは言いたくないですが」と
    旧友の東国原英夫氏(60)が宮崎県知事時代に展開した地域PRは意識している。

    還暦を機に昨年10月31日に引退(7年ぶり7度目)した大仁田氏は、9月17日に、神埼市の次郎体育館で、
    入場無料のチャリティー興行「がんばれ九州! 九州北部豪雨チャリティー電流爆破マッチ」を開催し、市民を喜ばせている。

    「またチャリティーはやらないと」と夏祭りを盛り上げたい思いが強い大仁田氏だけに、
    町おこしに電流爆破という“打ち上げ花火”も構想にあるようだ。

    この日の会見では「プロレスは引退しています」と強調し、電流爆破デスマッチの興行「超花火」も、
    爆破女王の長与千種(元クラッシュギャルズ)に譲っているが、市長としてレフェリーやコミッショナーとしてリングインは可能。
    そこで自らが爆破解禁という流れに巻き込まれるかもしれない。

    http://www.hochi.co.jp/topics/20180118-OHT1T50256.html 


    【大仁田厚氏、神埼市長選で原口元総務相とタッグ!町おこしに「電流爆破」の構想も 】の続きを読む

    121

    122

    1: 風吹けば名無し 2018/01/22(月) 19:19:49.90 ID:2p8mAbiM0
    KUSHIDAがやってしまった模様

    【【悲報】プロレスリング上でスカートの女性がブレーンバスターされてしまう】の続きを読む

    119

    107: お前名無しだろ 2018/01/22(月) 09:07:09.77 ID:3YQmQESj0
    ファレがインスタでファレ道場の新メンバーとして金光を紹介してるけど新日とは契約解除? 

    https://www.instagram.com/p/BeOZZu8hkh3/




    【新日本プロレスの金光輝明がファレ道場のコーチに就任】の続きを読む

    110

    1: お前名無しだろ 2017/12/31(日) 14:09:07.32 ID:0RNHhmHxa
    シャイニングトライアングル



    【世間からの評価は低いけど自分は好きなプロレス技 】の続きを読む

    このページのトップヘ