イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    koダウンロード
    1 :しいたけφ ★:2013/10/25(金) 14:52:40.22 ID:???0
     
    すっかりブームが去ったように感じるプロレス。ところが
    プロレス雑誌元編集者さんによると、「新しいファンが増えて、
    今までのオールドファンとは違う別の楽しみ方をしはじめた」のだそうだ。
    そのファンっていうのは、いったいどんな人たちなのか確かめるためさっそく現場に行ってみた。

    会場に着くとそこは女性だらけ! なんと3割以上も女性客が集結しています。
    正直、あまりの意外さにびっくりしました。昔からのプロレスファンに聞いてみると
    「最近の新日本プロレスは、日によって3~5割が女性。今日は少ないほうですね。
    ドラゴンゲートという団体だと9割近く女性ですよ」

    新日本プロレスは1972年にアントニオ猪木が設立した団体で、古くは
    坂口征二や長州力などを生み出し、現在はカードゲーム会社が運営。一方ドラゴンゲートは、
    ウルティモ・ドラゴンが設立した闘龍門を前身とする団体で、どちらかというと
    アクロバティックな技で見た目も華やか。イケメン若手レスラーが多いそう。

    ではそのドラゴンゲートのほうも覗いてみましょう。

    ホントだ! 会場は女子だらけ。ただしアイドルのコンサートのように
    黄色い歓声は飛ばす人はいない様子。決まった掛け声があるようで
    それ以外の騒がしい人がいないのも目立つところ。
    ドラゴンゲートファン女子によれば、「ドラゴンゲートは関西の団体なので、
    お笑い要素が多いのも人気の所以」だとのこと。

    ふーむ、技によって掛け声も決まっている様子から推測するに
    歌舞伎的な楽しみなんでしょうか? 「そうです! 歌舞伎と同じで
    型を楽しむのがプロレス。そこまで解ればもっとプロレスが楽しめますよ!!」
    (前出の昔からのプロレスファンさん談)

    イカソース龍
    http://www.excite.co.jp/News/bit/E1382331525279.html

      【巷で「ドラゴンゲート女子」が増加中! 識者「イケメン若手レスラーが多い」「お笑い要素も」】の続きを読む

    funks


    1 :THE FURYφ ★:2013/10/20(日) 23:30:10.78 ID:???0
    10月27日の全日本プロレス・両国国技館大会「ANNIVESARY TOUR 2013」
    最終戦にて、ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンクの兄弟ユニット、ザ・ファンクスが
    一夜限りの復活を果たすことが発表された。
    ザ・ファンクスは1970年代の全日本プロレスマットで熱狂的な人気を博し、数々の伝説を樹立。
    兄弟2人そろって全日本マットに来日するのは、91年4月以来、22年半ぶり。ドリーは全日本の
    08年3・1両国大会で引退マッチを行って以来となる。
    ザ・ファンクス来日が発表された10.12後楽園大会で対戦相手に名乗りをあげた西村修と
    渕正信の実力者コンビが、伝説のタッグチームの相手を務める。

    ■全日本プロレス「ANNIVESARY TOUR 2013」最終戦
    10月27日(日)東京・両国国技館 開始16:00

    【決定対戦カード】

    <タッグマッチ>
    ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク
    渕 正信、西村 修

    【既報対戦カード】

    <三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負>
    [王者]諏訪魔
    [挑戦者]曙
    ※諏訪魔は3度目の防衛戦

    <世界ジュニア選手権試合 60分1本勝負>
    [王者]金丸義信
    [挑戦者]SUSHI

    <アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負>
    [王者]鈴木鼓太郎、青木篤志
    [挑戦者]入江茂弘、石井慧介(ともにDDT)

    <タッグマッチ>
    ジョー・ドーリング、ディーロ・ブラウン
    ジェームス・ライディーン、バンビ・キラー

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131020-00000012-spnavi-fight


    【ザ・ファンクスが10月27日の両国国技館大会で一夜限りの復活】の続きを読む

    このページのトップヘ