イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    show_news_icon


    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2014/12/15(月) 16:23:10.75 ID:???0.net
    新日本プロレスの来年1月4日東京ドーム大会に向け、永田裕志(46)が心境を激白した。
    カードから名前が外れ、「1・4ドーム大会連続出場記録」が21年で途絶えてうなだれる毎日。
    絶望のあまり、とんでもない衝動に駆られた…。

    8日に発表されたドーム大会の全カードに永田の名前はなかった。今年は新日本所属選手として
    初めてノアのGHCヘビー級王座を奪取する活躍を見せたが、肝心の“ホーム”でまさかの落選。
    1994年から続いていた1・4ドーム大会の出場記録が21年でストップしてしまった。

    この現実を突き付けられた永田は一時、自殺まで考えるほど落ち込んだという。「目の前が
    真っ暗になった。一瞬脳裏をよぎったんだけど、息子の顔と(07年に自殺未遂騒動を起こした)
    安田忠夫の顔が出てきて思いとどまったよ…」。第三者から見ればくだらない理由かもしれないが、
    永田は「1・4ドーム」に人並み外れたこだわりを持っていただけに、ショックは察するに余りある。

    最近は連日ヤケ酒をあおりまくるミスターだが、全ての希望が断たれたわけでもない。まず、同大会の
    バトルロイヤルは出場選手が未定。だが、これは第0試合だから本戦出場記録更新にはならない。
    となると、CHAOSの矢野通がパートナーとして用意したという「3人のX」の一人に名を連ねるしかないが…。
    永田は「何も考えられない。ただ、一筋の光が差し込むならそれに向かってまっすぐ行くしかないのかな…」と
    声を絞り出すのがやっとだった。

    この日の八戸大会では内藤とネガティブタッグで共闘。多少前向きになってきた内藤がスターダスト弾で
    勝利を収めたが、ミスターは一体どこへ行くのか…。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141215-00000024-tospoweb-fight

    【永田裕志、来年1月4日東京ドーム大会の全カードに名前なくヤケ酒の日々】の続きを読む

    2014_05io_top


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 15:02:35.28 ID:???0.net
    随所にプロレスからの引用を盛り込む「ももいろクローバーZ」や、「BiS」と「アップアップガールズ(仮)」が
    プロレス団体・DDTプロレスリングとビックマッチを行うなど、ブームまっただ中のアイドルとプロレスの関係は深い。
    そんな影響もあってか、アイドルとプロレスの兼任オタクも珍しくない。

    そして、そんなアイドル文化とプロレスの関係性の深さは、女子プロレス団体「スターダム」に潜入取材をした、
    12月3日放送の『紅リサーチ』(テレビ朝日)の中でも散見された。

    1970~80年代に盛り上がりをみせるも、今では衰退の一途をたどっているといわれている女子プロレス。
    そんな業界に生きる彼女たちを、精神面だけでなく金銭面でも支えているのがファンの存在だ。
    スターダムの選手には紫雷イオといった美形も多く、物販では写真集などのグッズに力を入れている。
    この写真集はなかなかの出来栄えで、中にはなんと女子プロレスラーのセミヌードの写真も。
    選手曰く、ファンを喜ばせるという理由もあるが、話題づくりのために脱いでいるのだとか。

    さらに、試合会場では選手自らグッズを手売り。物販コーナーでファンと握手したり、2ショット写真を撮影するなど、
    まるで"地下アイドル"の物販。これには、Twitterなどでも「地下アイドルみたい」という声が上がっていた。

    これらはファンとの交流のために行われているそうだが、
    ファンも「試合を見るだけじゃない楽しみがあるのが魅力的」と楽しそうだ。
    スターダムのグッズ収入は、団体の総収益の3割を占めるほどだという。

    かつてはアイドルから女子プロレスラーに転向したミミ荻原などが人気を誇ったが、
    アイドルブームの今、女子プロレス出身のアイドルが生まれる日もそう遠くないかもしれない......?

    2014年12月6日 21時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/9548296/



    【“地下アイドル“顔負け!? 話題づくりのためにはセミヌードにもなる女子プロレスの今】の続きを読む

    content__DSC5338


    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 11:49:55.56 ID:???0.net
    バトル・ニュース 12月13日(土)1時52分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141213-00010000-battlen-fight
     12月12日(金)、東京・後楽園ホールで行われたみちのくプロレス『宇宙大戦争~神々と亀々の戦い~』。
    宇宙大戦争とは毎年、なぜか年末になるとみちのくプロレスの後楽園大会で行われる宇宙からの侵略者から地球の平和を守るための戦い。
     2013年の宇宙大戦争後、地球の平和を守るために合体して「ムーの太陽」を結成したザ・グレート・サスケとバラモン兄弟。
    すると今年は岩手県・滝沢市を侵略する異星人だという「かめっしー」率いるみちのく忍者タートルズを迎え撃つことになったムーの太陽。
    しかし「マスター」であるサスケが、ほかの亀宇宙人を駆逐するために「水の惑星」へと旅立ってしまった。

    ■2014年の宇宙大戦争はムーの太陽vs.みちのく忍者タートルズ
     マスター不在の状態で始まろうとしていた宇宙大戦争だが、ゴング直前宇宙服を着たサスケがギリギリで後楽園ホールに到着。
    しかも見た目はカッパのユルキャラにしか見えない「神様」も連れてきたという。
     するとタートルズは神様を捕まえて、そのユルキャラのような“衣”を切り取るという罰当たりなことをする。
    するとカッパのユルキャラのような衣をまとっていた神様の正体は、
    円谷プロ公認の覆面レスラーで名古屋を中心に活動している「ウルトラマンロビン」だった。

     神様という強力な援軍を得たムーの太陽。サスケも宇宙から還ってきたばかりだというのに、
    地球の平和を守るため捨て身の攻撃を惜しみなく出していく。だが、コーナーからダブルエルボーでダイブしたのに和桶の上に自爆したり、
    場外のタートルズに向かって和桶を頭から被ってコーナーからダイブしたのにかわされてテーブルの上に自爆したりと、
    もうすっかりボロボロになってしまったサスケ。
     バラモン兄弟もイルカのカタチをした巨大兵器を持ち出し、神様ロビンを乗せて攻撃しようとするが、
    重たくて持ち上がらないという盲点を突かれてしまい、結局相手に投げつけるという原始的な使い方しか出来ない。

     それでもムーの太陽は必殺技の「メシア降臨」を決めて勝負あったかと思われたが、
    サスケのダメージが大きすぎてフォール出来ない。するとバラモン兄弟が
    「マスター、目を覚ましてください!」とバケツの中の“亀汁”をサスケの顔面にぶっかける。
    これで目を覚ましたサスケはかめっしーを得意のサンダーファイヤー・パワーボムで叩き付けて3カウント。

    ■亀宇宙人を撃破してもムーの太陽は活動継続!?
     30分を超す大戦争を制し、ムーの太陽が地球の平和を守った。お隣の東京ドームでは関ジャニ∞のコンサートが行われたが、
    マスターのお陰で関ジャニファンの平和も守れた。
     最後はサスケが「皆さんが一人でもいる限り、みちのくプロレスと地球は永遠に不滅だー!」
    と叫んで2014年の宇宙大戦争を終戦させたが、神様によると亀宇宙人を絶命できたかどうかはまだ分からないし、
    いつ何時地球に新たなる危機が訪れるかも分からないという。神様でも分からない以上、ムーの太陽は活動継続を示唆。
    もしかしたら来年の年末もまた、後楽園ホールで地球の危機を救えるかどうかの大戦争が行われるかもしれない……



    【神様を連れて宇宙から帰還したサスケ率いるムーの太陽が、亀宇宙人から地球の平和を死守!】の続きを読む

    このページのトップヘ