イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    406


    1: シャチ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/02(月) 10:13:24.24
    日刊スポーツ 11月2日(月)9時56分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151102-00000046-nksports-fight
    <全日本:弘前大会>◇1日◇青森・弘前

     3冠ヘビー級選手権試合は、挑戦者秋山準(46)が王者曙を破り、
    全日本所属としては初めての3冠ヘビー級王者となった。3度目の防衛を目指す曙のパワーに苦しみながら、
    13分16秒、ランニングニーからの片エビ固めで勝利をつかんだ。

     92年デビューから8年所属した全日本では3冠ベルトに届かず、その後ノア時代の11年10月に44代3冠ヘビー級王座に輝いた。
    今回は、9月の王道トーナメント決勝で曙を破り初優勝。ベルト挑戦権をつかみ、全日本の社長として念願のベルトを巻いた。



    【秋山準、曙を破り全日本所属では初の「3冠」奪取】の続きを読む

    400


    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/10/31(土) 21:33:04.67 ID:???*.net
    デイリースポーツ 10月31日(土)21時25分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00000088-dal-fight

    「WRESTLE-1」(31日、後楽園ホール)

     9月3日に腰の手術を受けた藤波辰爾が吉岡世起をドラゴンスリーパーで仕留め、復帰戦を白星で飾った。

     傷口を保護するサポーターを着用して7月以来のリングに臨んだ61歳は、長男・LEONAとの親子タッグで、
    ドラゴンスクリューなどを披露。勝利を奪ったものの、満足そうな笑顔はなし。

     試合後も入念に屈伸運動を行って患部の状況を確認すると、「気力だけで(リングに)立ってるけど…。
    思うように戦えない歯がゆさがある。非常に悔しい」と率直な思いを口にした。

     新日本時代の89年に痛めた腰は、当時椎間板ヘルニアの診断で手術せず、1年3カ月欠場。
    今回は脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症も重なり、将来および現役続行のためにメスを入れることを決断。
    術後2カ月経っていない中、「リングの感覚は1人でトレーニングを積むより、
    相手がいるだけで勘が違ってくる」とあえて挑戦した。

     満足はいかない中で「手ごたえはあったのか?」と聞かれると、
    「あったと思う。こういう状況で満足したらいけないけど」と少しの光が見えたとした。

     「もう1回、自分の満足いく戦いができるまではというのがある」。決定済みの2試合を含め、
    年内のオファーが数試合あると明かした藤波は「実戦をやりながら、体の感覚を整えたい。
    きょうの試合は自分が今後、元に戻るか比較になるでしょう」と先を見据えた。



    【腰の手術から復帰の藤波辰爾(61)、吉岡世起をドラゴンスリーパーで仕留める】の続きを読む

    397


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/10/30(金) 19:48:25.80 ID:???*.net
    天龍源一郎引退試合(11月15日、東京・両国国技館)でビッグサプライズだ。名曲として知られる天龍の入場テーマ曲「サンダーストーム」の作曲者で
    ギタリストの高中正義(62)が当日、生演奏することになった。天龍引退試合を生中継する「BSスカパー!」が30日、発表した。

    日本を代表するギタリストの高中が、プロレス会場で演奏するのはもちろん初めて。
    「BSスカパー!」を通じ「プロレスラー天龍はかっこいいよなぁ。堂々としていて。長きにわたって僕の曲サンダーストームを登場の時に使ってくれて感謝だよね。
    今回引退するにあたって感謝の気持ちを込めてサンダーストームを弾きたいと思います」とコメントした。

    また、大会目玉カードのIGFの野獣・藤田和之と全日本プロレスの暴走専務・諏訪魔の初対決で、
    タッグパートナーがそれぞれ変更になった。藤田の相棒は火野裕士から関本大介(大日本プロレス)に、
    諏訪魔の相棒は真霜拳號から岡林裕二(大日本)となった。なお、天龍プロジェクトはこのカード変更に伴い、大会前に返金に応じる。




    【高中正義が天龍引退試合で「サンダーストーム」生演奏【プロレス】】の続きを読む

    このページのトップヘ