イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    show_news_icon (1)


    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2015/01/01(木) 15:09:56.44 ID:???0.net
    最近は若い世代や女性ファンも急増中だが、1972年の旗揚げ以来、プロレス界を牽引し走り続けている
    新日本の歴史を知れば、「1・4」の楽しみも倍増すること間違いなし!
    大ヒットDVDマガジン『燃えろ!新日本プロレス』の人気連載をまとめた『詳説 新日イズム 完全版 闘魂の
    遺伝子がここにある!』(流智美・著)から、ファンなら知っておくべきトリビア満載の基礎知識を紹介!

    ■ ストロングスタイルは「和製英語」だった!

    新日イズムの根幹を成す「ストロングスタイル」という言葉は、もともと英語には存在しない。その反対の意味を持つ
    「ショーマンスタイル」という言葉もなかった。似たようなニュアンスを表す単語はなんだったかというと、
    前者は「本格派」であり、後者は「ショーマン派」だった。

    ストロングスタイルという言葉が“つくられた”のは72年の夏頃、新日本と全日本が誕生した時期で、東京スポーツの
    「プロレス特集号」が紙面で盛んに使い始めた。

    ライバル全日本との差別化をはかるためにつくられた言葉でもあり、「新日本がやっているプロレスこそ本物・本流であり、
    全日本のプロレスはショーマンシップが主体の見せ物」というイメージをファンに植えつけたのである(全日本にとっては
    非常に迷惑な仕分けではあるが…)。

    そして、ストロングスタイルの象徴だったのが“プロレスの神様”カール・ゴッチ。その強さのあまりアメリカマット界で孤立していた
    ゴッチとアントニオ猪木の師弟関係なくして、この概念は生まれなかった。ストロングスタイルの原点は「道場における練習の重要性」
    というゴッチの揺るぎないポリシーにある。


    続きます。



    【「1・4東京ドーム」を10倍楽しむ!新世代“新日マニア”が知るべき基礎知識】の続きを読む

    81f49_105_3a04d215_d8c25ed4


    1: ◆Grampus/xc @しばみみ ★@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 19:44:34.23 ID:???0.net BE:123479591-PLT(13001)

    長州が暴露!? 入門当時、蝶野の趣味は「交番を燃やすこと」
    2015年1月2日 13時0分

    1日放送、日本テレビ「笑神様は突然に・・・」元日深夜スペシャルでは、「プロレスBIG5」と題しプロレス界のレジェンド5人
    (藤波辰爾、長州力、武藤敬司、蝶野正洋、獣神サンダーライガー)による会合が実現した。

    番組内でまず書道にチャレンジした5人。書き初めとして2014年を漢字一文字で振り返ると、武藤は「周」
    (去年30周年を迎えたので)、蝶野は「災」(去年1年台風とか噴火とかあったってことで災害の年)と書いた。

    すると、書道家・夕凪さんの筆跡診断により、「右払い長型といって感激屋。あと等間隔型ですごい優等生タイプ」
    と言われた蝶野に対し、すかさず武藤が「こいつ不良だったんですよ」とツッコミ。長州も「入門して“趣味ない?”って聞いたら
    “僕、交番を燃やすことです”って」と暴露した。

    これにはさすがの“黒のカリスマ”も「そんなこと言ってない」と苦笑い。スタジオでVTRを観ていた内村光良も
    「今年も面白い」と大爆笑だった。

    また、昨年1年を「丸」と表現し「振り返ってみたら色々ありましたけど、丸く収まってよい年だった」というライガーは、
    筆跡診断で「非常に責任感が強くて頑張り屋」と言われると、ここでも長州が「体が小さい割には口数が多い」
    と余計なひと言。その後の食事中、行きたい取材先について武藤が「サイパンもいいっすね」と言うと、
    またしても長州が「お前達にサイパンの良さがどこで分かるんだよ」と一蹴するなど、
    プロレスBIG5による予測不能のやり取りは最後まで大いに盛り上がった。



    【長州が暴露!? 入門当時、蝶野の趣味は「交番を燃やすこと」】の続きを読む

    131122_01


    240: お前名無しだろ 投稿日:2011/01/26(水) 23:12:48 ID:mdirRCFZ0
    川田は試合を自分で作れるし、タメを作るので、相手も自分のリズムで動きやすい。 
    受身が派手で体が小さいので、相手の技が大きく見せられて、 
    ダメージを受けた演技(といったら失礼だけど)も、うまい。 
    四天王時代の「強い」イメージがあるので、対戦相手は善戦ないし勝利すると評価も上がる。 

    攻撃的な選手と思われがちだけど、本来受身で試合を作るタイプで、相手の引き出しを出させる点でも 
    対戦相手からしたら嬉しい相手なんだろうけど。 
    試合中のどんなトラブルもうまく処理するし。 

    でも、全日時代、キャラ作りなのか、若手をものすごい一方的に潰す、淡白な試合もしてたね。




    【お前らがいう「プロレスが上手い」って・・・ ③】の続きを読む

    このページのトップヘ