イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    097

    383: お前名無しだろ 2017/12/14(木) 08:20:48.55 ID:EDpt5zba0
    https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/858157/ 

    【プロレス大賞】諏訪魔&石川修司がベストタッグ 来年は他団体出撃か 
    正式なタッグ結成は10月からだったが、12日の東京・後楽園ホール大会で「世界最強タッグ決定リーグ戦」を優勝したインパクトが大きかった。 


    これがプロレス大賞初受賞となる石川は「ボクは空気を読むタイプだけど、諏訪魔さんは話題になることをドンドンやる。 
    自分にないものを持っているので、引き出しが増えた」と感謝の言葉を口にした。 

     来年は他団体での活躍も期待される2人は「マット界にケガ人続出だな、オイ!」(諏訪魔)、「そんなこと口にしたらオファーが来ないですよ…」(石川)。 
    掛け合いも息ぴったりな愉快痛快な和製大型タッグに18年は注目だ。選考会では総勢6チーム(ユニット1)がノミネートされたが、1回目の投票で16票を獲得する圧勝だった。 

     

    【プロレス大賞 全日本プロレスから諏訪魔&石川修司がベストタッグ、青柳優馬が新人賞】の続きを読む

    095

    1: 47の素敵な 2017/12/14(木) 14:46:36.53 ID:ICNuUAU00
    松井珠理奈にプロレス大賞特別賞!「プロレスは人生の中で大事なもの」
    https://www.tokyo-sports.co.jp/newsflash/858118/
    ハリウッドJURINA”こと松井珠理奈がプロレス大賞特別賞に輝く : スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171213-OHT1T50132.html

    テレビ朝日系ドラマ「豆腐プロレス」で女子プロレスラー・ハリウッドJURINAを演じ、
    業界に話題を提供したSKE48・松井珠理奈(20)に、東京スポーツ新聞社制定「2017年度プロレス大賞」特別賞が贈られた。
    今年の新日本プロレス1・4東京ドーム大会の観戦を機にプロレスのとりこに。「豆腐プロレス」はドラマの枠を超えて、8月29日に後楽園ホールで興行を開催し、
    ハリウッドJURINAは内藤哲也の必殺技・デスティーノで勝利を収める華々しい“プロレスデビュー”も飾った。
    また日々のツイッターの発信でもプロレス普及に努め、来年1・4東京ドーム大会ではスペシャルアンバサダーに就任するなど、業界の発展、ファン拡大に貢献した。



    【松井珠理奈が「2017年度プロレス大賞」特別賞を受賞! 】の続きを読む

    096

    528: お前名無しだろ 2017/12/14(木) 06:48:29.13 ID:mxZQ2UKS0
    MVP        内藤哲也 
    ベストバウト   オカダ・カズチカvsケニー・オメガ(1,4東京ドーム) 
    最優秀タッグ  諏訪魔&石川修司 
    殊勲賞      YAMATO 
    敢闘賞      柴田勝頼 
    技能賞      鈴木秀樹 
    新人賞      青柳優馬 
    女子プロ大賞  紫雷イオ 
    特別賞  松井珠理奈 

    「新人王北村」を期待してたが、青柳はアジアタッグを防衛してるらしいから、実績では勝てないな 
    3年目までチャンスがあるから、来年は取れるかも



    【2017年東京スポーツ プロレス大賞が発表】の続きを読む

    092

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/12/14(木) 09:14:48.96 ID:CAP_USER9
    【プロレス大賞】内藤哲也が2年連続MVP!「まさにデスティーノ」
    https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/858190/

    今年で44回目を迎えた東京スポーツ新聞社制定「2017年度プロレス大賞」選考委員会が13日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社で開かれ、最優秀選手賞(MVP)は新日本プロレスの内藤哲也(35)が2年連続2度目の受賞を果たした。授賞式は来年1月18日に都内のホテルで行われる。

    最優秀選手賞の候補には内藤、オカダ・カズチカ(30)、ケニー・オメガ(34)の3人の名前が挙がった。オカダが年間を通じてIWGPヘビー級王座を防衛し続けて団体の柱として活躍した一方、内藤は真夏の祭典「G1クライマックス」を制覇した上に抜群の会場人気を誇った。

    「実力のオカダ、人気の内藤」が選考委員の声を二分する中、常に自ら話題を発信し続けてファンを魅了した制御不能男が、1回目の投票で21票中15票を獲得して2年連続2度目のMVPに輝いた。

    昨年のプロレス界を席巻したロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン旋風は今年も衰えることを知らなかった。上半期はIWGPインターコンチネンタル王者として4度の防衛に成功。6月11日の大阪城ホール大会で棚橋弘至(41)に敗れてベルトを失ったものの、8月にはG1を制し、来年1月4日の東京ドーム大会でのIWGP挑戦権利証を獲得した。

    ICベルト破壊や、本紙を相手にしたファミレスでの食い逃げ連発など賛否両論の言動もあったものの、結果的にファンの注目は内藤に集中。年間約12億円というグッズ売り上げでも、ダントツの人気を誇っているのは事実だ。

    2年以上連続でのMVP受賞はアントニオ猪木(1976~78年と80~81年)、ジャンボ鶴田(83~84年)、天龍源一郎(86~88年)、オカダ(2012~13年)に次ぐ史上5人目の快挙となる。文字通り真のトップレスラーとして歴史に名を連ねた内藤は「まあ当然といえば当然の結果かな、と。まさにデスティーノ…運命ですよ」と勝ち誇った。

    来年1月4日の東京ドーム大会で挑戦するIWGP王者オカダとの争いを制してのMVPだけに「まあ俺はオカダもケニーも出ているG1で優勝しているしね。彼の実力は認めますよ。でも実力以外の部分で足りないものがあるんじゃないですか?
    その彼に足りないものを俺は持っているんでね」としてやったりの表情を浮かべた。

    一方でMVP受賞会見にもかかわらず、ドーム決戦のIWGP・USヘビー級王座戦(ケニー・オメガvsクリス・ジェリコ)がダブルメーンイベントとなったことについては「新日本はいつまで海外の某団体にゴマをすっているんですか?
    世界に発信しなければならないのは内藤対オカダじゃないんですか?」と毒を吐くことも忘れなかった。

    いずれにせよタブーなき制御不能な言動は、今やプロレスファンの“民意”の象徴ともなりつつある。「来年も内藤哲也、LIJが様々な試合、話題で皆さまを楽しませることでしょう。3年連続のMVPになるのか、ならないのか…その答えはもちろん、トランキーロ!
    焦んなよ」とニヤリ。2018年も、主役の座を譲るつもりはない。


    【【東スポプロレス大賞】内藤哲也が2年連続MVP!「まさにデスティーノ」】の続きを読む

    このページのトップヘ