イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    132

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 16:12:18.78 0
    プロレス人気が高まっている。その仕掛け人が2012年に新日本プロレスリング(東京・中野)のオーナーとなった 
    カードゲーム会社のブシロード(同)の木谷高明社長だ。慢性的な赤字に苦しんでいた新日本プロレスは、 
    木谷社長のもと無借金になり、今や約6億6000万円の純資産を持つ優良企業に変貌を遂げた。 
    「2020年には、新日本プロレスの上場をめざす」との宣言を実行すべくまい進する。木谷社長の狙いと今後のビジョンを聞いた。 

    ■驚異的な業績回復 
     ――新日本プロレスはこれまで経営者も次々に変わり、赤字続きの非常に厳しい経営が続いていました。カードゲーム会社を経営する木谷さんが、 
    12年1月に新日本プロレスを子会社化した狙いは何だったのですか。 

     「プロレスが魅力あるキャラクターコンテンツだと考えたからです。我々の本業にも近い。潜在力があると思ったし、 
    宣伝を増やせば人気も上昇すると確信していました。やり方次第だと」 
     「実際、新日本プロレスの業績は好調です。今期決算(16年7月期)では売上高32億円、経常利益は約4億1000万円です。 
    ちなみに子会社にする前の売上高は約10億円でした。10年ほど前に1度黒字になったくらいで、赤字もしくはトントンがずっと続き、 
    13億円ほどの債務超過でした。買収時、前の親会社に8億円程度で債権放棄してもらい、実質5000万円で買いました。 
    4億5000万円の借り入れを引き継ぎましたが、これもすべて返済してもらい、現預金が5億3000万円あります」 

     ――新日本プロレスは株式公開を計画、東証で上場記念の鐘を鳴らせるかが話題となっています。業績のV字回復のために、どのような戦略を立てたのですか。 

    http://style.nikkei.com/article/DGXMZO07338550W6A910C1000000


    【新日本プロレスが東証株式市場に上場の可能性!実現すれば国内初のプロレス産業の上場】の続きを読む

    123

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/12/03(土) 15:42:48.20 ID:CAP_USER9
     11月28日に急性心筋梗塞のため亡くなった元プロレスラーの永源遙(えいげん・はるか=本名同じ)さん(享年70)の通夜が、2日午後6時から東京・青山葬儀所でしめやかに営まれ、約400人の弔問客が訪れた。

     戒名は「永勝院遙久慈闘居士」。喪主は長男の智史(さとし)さん。リングを模した四角い祭壇には、ノア現役当時の試合後の勇姿が遺影として飾られた。

     あらゆる方面で深い親交があった永源さんらしく、弔問客の顔ぶれは各界に及んだ。政界からは森喜朗元首相(79)、馳浩前文部科学大臣(55)、芸能界からは俳優・梅宮辰夫(78)、タレント・北斗晶(49)&佐々木健介(50)夫妻、落語家・三遊亭圓楽(66)、角界からは藤島親方(元大関武双山=44)が故人をしのんだ。

     また、マット界からは新日本プロレス・坂口征二相談役(74)、藤波辰爾(62)、全日本プロレス・秋山準社長(47)、大日本プロレス・グレート小鹿会長(74)、川田利明(52)、力皇猛(43)、大森隆男(47)ら多くのOB、現役選手が永源さんとの別れを惜しんだ。

     坂口氏は「デビューがほぼ同じ時期なので、50年の付き合いだった。俺のハワイでの結婚式にプロレス界で来てくれたのは、永源さんだけだった。よく兄弟のようだと言われたよ。サウナで週2~3回は顔を合わせていて、亡くなる少し前にも『元気ですか』と電話をくれたばかりだったのに…。義理と人情の男だった。心から追悼の意を表します」と沈痛な表情を浮かべた。



    【永源遙さん通夜に400人が弔問 坂口征二氏「義理と人情の男だった」】の続きを読む

    このページのトップヘ