イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    026

    1: 風吹けば名無し 2018/07/18(水) 18:32:23.97 ID:1CEyJq9J0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010002-asapostv-ent&p=2
    >今、まだ6年生ですけど、背が180cmで体重は115kgぐらいかな。顔は小学生ですけど、高校生の柔道選手みたいなからだをしてます(笑)
    >柔道をやってるんですけど、小学校の部活は定員が集まらなくて、たまに高校の練習や中学校の練習に呼んでもらって一緒にやっています

    恵体すぎやろ



    【プロレスラー蝶野の息子 】の続きを読む

    03

     
    「G1 CLIMAX 28」Aブロック公式戦

    マイケル・エルガンvsジェイ・ホワイト

    YOSHI-HASHIvs鈴木 みのる

    真壁 刀義vsEVIL

    棚橋弘至vsバッドラック・ファレ

    オカダ・カズチカvsハングマン・ペイジ


    【新日本プロレス『G1 CLIMAX 28』5日目 後楽園ホール 棚橋弘至vsバッドラック・ファレ オカダ・カズチカvsハングマン・ペイジ】の続きを読む

    025

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/07/18(水) 18:24:17.93 ID:CAP_USER9
    前人未踏のG1クライマックス5度制覇を果たし、NWA世界ヘビー級王座も獲得。
    数々のタイトルを手にし、スーパースターとしての地位を確立し、“黒のカリスマ”として絶大な人気を集めた蝶野正洋さん。
    しかし、長年の過酷な試合で古傷の首は悪化。両膝と両肘の手術も行った。
    新しい生き方を模索し始めた蝶野さんは、プロレスだけでなく、テレビ、映画、CM、バラエティー番組にも進出。

    なかでも『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)-「笑ってはいけないシリーズ」の「蝶野ビンタ」は
    毎年恒例の定番ネタとして名物コーナーとなっている。

    ◆蝶野正洋、今年はビンタをやらない宣言?
    -年末の名物「蝶野ビンタ」をやらない宣言をされていましたよね-
    「基本は毎年『やりません』って断ってるんですけど、結局やることになっちゃっていますね。もう恒例行事になっちゃっていますから」

    -最初にテレビで見たとき、蝶野さんがビンタというのが驚きでした-
    「俺は試合でもビンタなんてやらないですからね。俺はこれまで親に殴られたことも、先輩の猪木さんにたたかれたこともない。
     後輩への体罰もやったことがないし、自分の子どもに手を上げることも絶対にしません。
     だから山崎君(月亭方正)をたたくことで初めてビンタを覚えたという感じなんですよ。

     基本的には、たとえばお笑いで頭をたたいてのツッコミとか、あれも俺は見ていて不愉快で、試合の中のビンタなんていうのも、まずやらない。
     プロレスはからだとからだがぶつかって見せていくものだから、ビンタなんて必要ないっていう気持ちなんですよ。
     だから、ビンタは本意ではないんですけど、ただ、それが恒例行事みたいになっていて、みんなに楽しんでもらっているということなので、
     そこは割り切ってますけどね。
     でも、あれは当てる位置を意識して、なるべく危なくないように考えながらやっていますよ。まともにやったら、大変なことになりますからね(笑)」

    -年末恒例として浸透しましたからね-
    「そうですね(笑)。もう10回か11回になるんですけど、何が面白いのかというと、山埼君の嫌がる仕草がやっぱり面白いっていうことが
     もうわかってるんで。だからそこをいかに引き出すかっていうことだと思ってやっています。
     あの番組(ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!笑ってはいけないシリーズ)を見ている人は、俺のレスラー時代を知らない
     中高生とかも多くて、『ビンタのおじさん』と思われているみたいですよ(笑)」(中略)

    -救命救急にさまざまな形で取り組まれていますが-
    「橋本選手が病気で、『プロレスリング・ノア』の三沢光晴選手がリング上で(2009年6月)亡くなったのが一つのきっかけになっています。
     プロレス業界でもちゃんと選手管理を考えなくてはいけないという動きもあったんですけど、途中で頓挫してしまったりして…。

     自分はちょうど新日本プロレスをやめた時期だったんですけど、業界内にいなくても何かできることがあるんじゃないかと思ったんです。
     それで救命救急の講習があることを知って受けて、東日本大震災の後には被災地を慰問で訪れたり、試合をやったりとか何回か足を運んだんですけど、
     消防、警察、自衛隊の活動は、結構ちゃんと報道されていたんですけど、その下で地域防災を行っている消防団という存在を知って。
     もちろん消防団の名前は知っていたんですが、自分はその活動をよく理解していなかったんですね。

     東日本大震災では消防団の方が250人近い人が亡くなったという話を日本消防協会の方から聞きました。そのことはあまり報道されていないし
     表に出ていないんです。消防団の方は“自分が自分が”と表に出ずに、裏方に徹している人が多くて。
     自分としては、体を張って地域を守っている消防団の人たちの活動を社会に知らせたいし、住民の人たちは消防団をはじめいろんな人に
     支えられているということを理解してほしいなと思っています」

    -実際に活動されていかがですか-
    「国とか役所、市町村は色々なルールを作ることだけは上手なんですけど、そうした防災のガイドラインが市民までは伝わっていない。
     そういうことが、AEDと一緒なんですよね。『公助』が定めている防災マニュアルは、前もって知識として入れておくだけで被害はかなり減ると思います。
     これからは防災から減災。まず自分の身を守る『自助』意識を高めて、その上で『困っている人を助ける』という『共助・自助』の意識を高めていければ」(略)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00010002-asapostv-ent&p=1

    【蝶野正洋「ほんとはビンタなんてやった事ないんですよ。親からも殴られた事ないし…」】の続きを読む

    022

    021

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/07/19(木) 05:10:54.25 ID:CAP_USER9
    2018年7月19日5時0分 スポーツ報知
    人気プロレスラー棚橋弘至の長女・呼春が女優デビュー

     カリスマ人気プロレスラー・棚橋弘至の長女でジュニアモデルの呼春(こはる=14)が劇場版「仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)」(8月4日公開)で女優デビューすることが18日、分かった。

     仮面ライダーに助けられる姉弟の姉役で、棚橋自身も2016年に映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズDr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」にゲストで登場。親子での“ライダー出演”が実現する形になった。

     棚橋のインスタグラムなどSNSでもたびたび登場して「かわいい」と評判だった呼春が特撮スクリーンに登場する。ストーリーの冒頭、人体実験によって生み出された怪人・スマッシュに弟をかばって襲われるところを、仮面ライダービルドに変身する主人公・桐生戦兎を演じる犬飼貴丈(24)に助けられる、という役どころ。終盤にも登場シーンがあり、もちろん、セリフもばっちりある。

     今回、呼春への出演オファーのきっかけは、もともと父である棚橋が「仮面ライダー、愛してま~す!」と公言してはばからない熱烈な仮面ライダーファンとして知られ、製作スタッフも棚橋のSNSをチェック。バレエのレッスンに週3~4回通っているだけあって中学生ばなれしたスラリとした体形でジュニアモデルとしても活動、父親ゆずりの甘くてキュートな笑顔の呼春に注目し、オファーを出したところ、出演が実現した。初めてにも関わらず臆することなく堂々と演じ切った呼春は「緊張しましたが、精一杯頑張りました。父の影響で小さい頃、仮面ライダー電王とかよく見ていました」とコメント。

     テレビ朝日系の人気番組「アメトーーク!」に“仮面ライダー芸人”として出演したこともある棚橋も「仮面ライダー映画に娘が出演! とてもうれしく思います。映画の公開がさらに楽しみになりました!」。父は2年前の映画出演で仮面ライダーの敵役として登場したが、娘は今回、逆に助けられる役になる。

     ◆呼春(こはる) 2003年11月8日、東京都出身。14歳。16年に子供服ブランド「JENNI」専属モデル・JENNIガールを務め、女子小学生向けファッション雑誌「ニコ☆プチ」によるファッションショーイベント「プチ☆コレ6」、国内最大級のキッズ&ジュニアファッションショー「東京トップキッズコレクション」に出演。特技・趣味はバレエ、ピアノ、犬の世話、料理。163センチ、42キロ。O型。



    【人気プロレスラー棚橋弘至の長女・呼春が女優デビュー 】の続きを読む

    このページのトップヘ