イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    013

    1: 名前は開発中のものです 2017/02/24(金) 17:55:52.13 ID:CAP_USER
    スパイク・チュンソフトは2月24日、新作タイトルのティザー動画を公開した。

    動画はプロレスをモチーフとしており、
    リング上で2人の男性が相対し、お互いに近づいて組み合うまでの10秒ほどのものとなっている。

    なお動画にあわせて公開されたTwitterアカウントは、アカウント名が「3/2 in San Francisco」となっており、
    ここで何らかの発表があると思われる。


    Fight!!


    ティザーサイト
    http://www.spike-chunsoft.co.jp/170302/



    【スパイク・チュンソフト、“プロレス”の新作ゲーム発表間近か 謎のティザー動画を公開】の続きを読む

    009

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/23(木) 21:50:56.38 ID:CAP_USER9
     プロレスラーの武藤敬司が、BS日テレ「真麻のドドンパッ!」に長女でタレントの武藤愛莉とともに出演し、プロレス界で伝説化されている「旅館破壊事件」の詳細を明かした。

     1987年、確執のあったUWFと新日本プロレスの面々が、親睦を深めようと、熊本の旅館でちゃんこパーティーを開いたまでは良かったがその後、泥酔した両者は大暴れ。
    事態が収拾した頃には、部屋はボロボロに壊れたという。

     武藤はMCの高橋真麻に「プロレス界では有名な事件。UWFという思想が違うプロレス団体が存在していて、あまりにも殺気走っていて危険だからということで、
    旅館で一席設けてちゃんこパーティーをしようと…」と説明。

     真麻は「楽しそうじゃないですか」と応じると、武藤は「それがね、やっぱり酒も入るし、プロレス界では有名な前田日明という俺の先輩がどつき合いの状態になって、
    あっちこっちでそういう状態になって。引かなきゃ開かないドアを押したりしたり、とにかく旅館一軒壊してしまった」と苦笑いを浮かべた。

     もちろん損害賠償請求される事態となり、武藤は当時社長だった坂口征二から聞いた話として「800万とか900万円を取られた」と明かしていた。

    https://www.daily.co.jp/ring/2017/02/23/0009940244.shtml


    【武藤敬司が伝説の“旅館破壊事件”語る 900万円の損害賠償】の続きを読む

    012


    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 22:47:08.48 ID:CAP_USER9
    「超戦闘プロレスFMW」(24日、東京・新木場1stRING)

     今年で引退を宣言している大仁田厚が、みちのくプロレスのザ・グレート・サスケとの最後の一騎打ちを白星で飾った。
    また、3月12日の全日本プロレス・後楽園ホール大会に、アジアタッグ王者(パートナーは渕正信)でもある自身の代理として、
    自身の化身であるグレート・ニタが来場することも予告した。

     大仁田にとってサスケは、電流爆破デスマッチなどで過去3度の一騎打ち(大仁田の2勝1敗)を行った好敵手。
    今回は大勢のセコンドがリングを取り囲み、場外に落ちた選手を場内に押し戻すランバージャックデスマッチだったが、
    セコンドの介入と凶器使用が許されるFMW方式が採用され、いつものFMWのように乱戦に発展した。

     序盤はレスリングの攻防が見られたものの、大仁田が場外に落ちるとセコンドが集団暴行。これが合図になったかのように、
    セコンドが入り乱れ、イス、テーブル、有刺鉄線バットなどが飛び交う大混乱に陥ったが、
    最後は大仁田が岩石落としでサスケをイスの山の上にたたきつけて葬り去った。

     試合後、大仁田はリングに横たわる好敵手に寄り添い、「いつもこんなオレに付き合ってくれてありがとうな。
    お前のことは一生忘れない。最初に電流爆破を認めてくれたのはこの男です!」と感謝の言葉を贈った。

     そして、控室に戻ると、来場を予告していた3月12日の全日本・後楽園ホール大会へ向けて、
    「オレの名代としてグレート・ニタが行く。アジアタッグのチャンピオンだし、サイン会ぐらいする権利ぐらいあるだろう。
    オレの化身だし。乱入するかどうかはグレート・ニタ次第」と、不敵な笑みを浮かべた。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000132-dal-fight 

    【大仁田、サスケとの一騎打ちに勝利 セコンドの介入と凶器使用が許されるFMW方式】の続きを読む

    このページのトップヘ