イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    1: お前名無しだろ 2020/02/26(水) 23:23:01.58 ID:bGpejpjp9
    26日、東京都・帝国ホテルにて3月19日に後楽園ホールで行われるリアルジャパンプロレス『初代タイガーマスク 佐山サトル 
    ストロングスタイルプロレス Vol.5』についての記者会見が行われ、新間寿が新型コロナウイルスに負けずに大会を開催することを宣言した。

    今年15周年を迎えたリアルジャパンプロレスでは、2020年の第一戦でスーパー・タイガーのカードが決まっておらず、スーパーは
    現レジェンド王者である藤田和之とベルトをかけての再戦を熱望。
    しかし、スーパーの対戦要求に対してWWEパフォーマンスセンターのあるフロリダに住んでいるという藤田のエージェントからは
    「塩っぱいスーパー・タイガーとのシングルマッチでの再戦なんて認められません。今時、公開練習なんてやるセンスが既に
    塩っぱい事に気づきましょう。藤田さんは自宅に室内プールがあるのに、わざわざジムに行ってプールでウォーキングという、
    猛特訓をやっているそうなので、次回の大会では関本大介との対戦を希望する所存でございます」というメッセージが届く。
    これに対してスーパーは関本とタッグを組み、藤田とのタッグ戦を要求。この日の会見にパートナーを連れて現れるよう藤田に
    通告していた。
    そして、藤田は会見にリアルジャパン初参戦となる現GHCナショナル王者である杉浦貴を伴って登場。これにより、スーパー・タイガー&
    関本大介vs藤田和之&杉浦貴というビッグカードが決定された。

    この決定を受け、新間寿会長は「色んな所でコロナウイルスのための興行中止、または観客を入れない。そういうようなことでいいのか?
    日本がそんな元気のない国になってどうするんだ!3月19日、どんなことがあってもうちの興行はやります!そしてこの選手たちの
    熱い思いで以てコロナウイルスなんかすっ飛ばしてやろうと!大和魂ここに在りと!私はこの4人がコロナウイルスを跳ね返し、
    進むべき日本の道を作ってくれるんではないかと思っております。選手たちやファンの熱気によってそれをすっ飛ばそうじゃないかと。
    そういう気持ちを持ってくれる、そういう興行がなんかしらあってもいいんじゃないかと。3月19日は一緒に揃って見に来て取材しに
    来てください。コロナウイルスに負けずリアルジャパンはやったと。それが藤田であり、関本であり、杉浦であり、スーパー・タイガーで
    あるのだと。どっかで声を上げなければ、このコロナウイルスという大きな波に飲み込まれてしまう」と大会開催に向けた思いを熱弁。
    そして「85歳になろうっていうこのジジイがこんな大きな声出して『コロナに負けないぞ!』って言ってるんだから。コロナって昔タバコあったんだ、
    コロナとピースっていうのが!吸い尽くしてやったよ!ということで頑張りましょう!」と呵呵と笑った。

    なお、大会当日の対応について平井丈雅代表は、観客には事前にマスク着用の上での来場を推奨し、マスクを着用していない観客に
    対しては全員分のマスクを用意して配布。さらに会場各所に消毒液を設置し、スタッフから消毒を施すなどの対策を掲げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00010004-battlen-fight

    【リアルジャパンプロレスが大会開催を宣言!「熱い想いでコロナウイルスをすっ飛ばそう!大和魂ここに在り!」】の続きを読む

    1: お前名無しだろ 2020/02/26(水) 05:09:49.55 ID:bARs5Fo99
    テレ朝 金曜午後8時のプロレス番組は「非常に懐かしい時間帯」を意識
     https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/25/kiji/20200225s00041000265000c.html

     テレビ朝日は25日、亀山慶二社長の定例会見で、BS朝日で4月から「ワールドプロレスリングリターンズ」(金曜後8・00~8・54)を放送する経緯を説明した。

     同時間帯に「ワールドプロレスリング」を放送するのは地上波のテレビ朝日による86年9月以来で約34年ぶり。総合ビジネス担当の武田徹副会長は、「基本的に金曜の(午後)8時というのはプロレスファンにとっては非常に懐かしい時間帯、枠でありますので、その辺を意識しながら編成を最終的に決められたと聞いております」と述べた。

     1月4、5日に東京ドームで史上初の2日間連続開催となったプロレス興行は約7万人を動員。一方で、地上波で深夜2時からの中継の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は4日が1・6%、5日は1・1%だった。

     視聴率について武田副会長は、「時間帯が時間帯。そういう数字はある程度予測していました。逆にプロレスの放送というのはコアな視聴者の方々がご覧頂くので(視聴率が)低かったと切り捨てるには、ちょっと違うかなと思います。1%(以上)をあの時間帯でもとれた」と評価した。

     「ワールドプロレスリングリターンズ」は土曜深夜にテレビ朝日で放送中の「ワールドプロレスリング」の拡大版。地上波で放送した試合の未公開部分や、メイン試合を長尺で放送する。

     新日本プロレスの棚橋弘至(43)は「金曜夜8時で復活しまーす!家族みんなでご飯を食べながら是非プロレスを楽しんでください!」とコメント。真壁刀義(47)も「新日本プロレスのものすごい闘い見逃すんじゃねーぞ!言いたいことはそれだけだ」と視聴を呼びかけている。



    【テレ朝 金曜午後8時のプロレス番組は「非常に懐かしい時間帯」を意識】の続きを読む

    このページのトップヘ