イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!

    206

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/12/05(木) 10:00:19.26 ID:To+PynfK9
    2018年12月5日、不世出の天才プロレスラーが、60歳の誕生日にこの世を去った。“爆弾小僧”のニックネームで日本中を沸かせたダイナマイト・キッドである。早いもので、あれからちょうど一年、日本では元号が平成から令和に移行した。昭和の新日本プロレスで初代タイガーマスクを中心に巻き起こった大ブーム。その立役者の「一周忌」を機に、あらためてダイナマイト・キッドというレスラーを振り返ってみたいと思う。

    キッドだから名勝負になった 誰もがそう振り返る初代タイガーデビュー戦

     タイガーマスク最初にして最大のライバル。1981年4月23日に蔵前国技館で行われたタイガーのデビュー戦、「タイガーマスクVSダイナマイト・キッド」なしに現在のプロレスは語れない。そう言っても過言ではないだろう。意識の有無にかかわらず、現代のジュニアヘビー級戦線において、この試合の影響を受けていないレスラーはいないはずだ。 それだけの影響力が、キッドのプロレスにはあった。”カミソリファイト”と形容される鋭い攻撃には一切の妥協がない。実際、捨て身の大技で自身の身体に鞭打って闘ってきた。その代償は大きかったが、彼のプロレスに込められた思いは多くのレスラーに受け継がれている。

    イギリスからカナダ そして日本へ

    ダイナマイト・キッドさん一周忌 初代タイガーマスクとプロレスを変えた男を振り返る
    カナダ遠征前のダイナマイト・キッド【写真:Mark Billington】
     本名トーマス・ビリントンは58年12月5日、イギリス・ランカシャー州に生まれた。ランカシャーレスリングで知られるとおり、故郷ではレスリングが盛んだった。スティーブ・ライトらを輩出した名伯楽テッド・ベトレーに師事し、16歳でデビュー。ジョイント・プロモーションで経験を積み、79年にはカナダのハート・ファミリーに見いだされカルガリーに渡った。

     スチュ・ハート主宰のスタンピード・レスリングで頭角を現わし人気レスラーになると、79年7月に国際プロレスへ初来日。80年1月には新日本プロレスに初登場を果たす。そして81年4月23日、タイガーマスクデビュー戦の相手に抜擢されたのだ。

     当時こそ“謎の覆面レスラー”だったタイガーだが、正体の彼にとってはイギリスからの凱旋試合でもあった。サミー・リーと名付けられ英国マットを席けん、タイガー・ブーム以前に佐山サトルは日本人の知らないところでサミー・ブームを作りだしていたのである。それだけにキッドとの試合はイギリスつながりと思われがちだが、実際はそうではない。

     佐山とキッドはイギリスで一度タッグを組んだのみで、対戦はかなわなかった。カナダにおけるキッドのスケジュールが過密だったため、すれ違いとなっていたのだ。よってこのマッチメークは、アントニオ猪木の閃きによるもの。当時のプロレス界では未知だった佐山の動きについてこれるのはキッドにおいてほかにない。猪木の読みと抜群のマッチメークセンスが、完全初対決の顔合わせを伝説にしたのである。

     また、キッドは猪木のアドバイスによりプロレスラーのアイデンティティーをリング内外で貫いた。ファンの前ではサインを求められると色紙を取り上げ破り捨てた。

     後年でもバックステージでは知らないレスラーの前で仏頂面を押し通した。タイガーマスクという絶対のスーパーヒーロー、それに敵対するダイナマイト・キッド像を創り上げたのだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00010001-encount-fight

    https://youtu.be/NJGQzoxoifg


    【ダイナマイトキッド一周忌 初代タイガーマスクとプロレスを変えた男を振り返る】の続きを読む

    205

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/12/04(水) 22:21:17.58 ID:ntVKg64/9
    【新日本】オカダ朝の顔になった!! 来年1・4、5東京ドーム超満員公約達成へ
    東スポWeb 12/4(水) 16:31配信

    新日本プロレスのIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(32)が、来年1月4、5日東京ドーム大会での公約達成に向けてフル稼働する。日本テレビ系の情報番組「スッキリ」では、火曜コーナー「WEニュース」の12月マンスリーMCとして初登場。これをきっかけにリング内外で超ハードスケジュールをこなし、年間最大興行に向かう。

    最新の音楽や映画、海外エンターテインメントを取り上げる「WEニュース」では、9月からMCが月替わりで起用されている。MC初挑戦となったオカダは、初回の放送(3日)でガウン&ベルトのコスチューム姿で登場するや、スタジオにカネの雨を降らせて存在をアピールした。

    短期間ながら“朝の顔”となったことは、既存ファン以外にも認知してもらうチャンス。「僕のしないといけないことは1・4、1・5超満員なので。少しでもこういう機会にプロレスを知ってもらって、この人の試合を見てみたいなって思ってもらえるようなMCができたらいいんじゃないかと思いますね」と目を輝かせる。

    今年はG1クライマックス後から「ドーム超満員」を公約に掲げてきた。団体は4月に米ニューヨークのマジソンスクエア・ガーデン大会を成功させるなど、順調に海外でのファン層を拡大しているにもかかわらず、国内の年間最大興行に空席があることにジレンマを感じているからだ。

    何度もドームのメインを経験するうちに、公約達成のためにはメディア露出を増やすことが必要不可欠という考えに変わった。「『いいものを見せていればいつか届く』と思っていたんですけど。『いつか』って言ってるだけでなく、次(できること)は何かって考えたら、リング上だけじゃ足りないんじゃないかと。いろいろなところに出て、知らない人にも面白いなと思ってもらわないといけない」

    関係者によると今月はテレビを中心としたプロモーションが集中しており、超過密日程が続くという。それでもレインメーカーは「チャンピオンですし、ドーム前に忙しくない方がおかしいですから。そういう中でコンディションを整えていくのが、今の時代のプロレスラーだと思います」と言い切った。

    ドームの初日大会で飯伏幸太(37)とのV5戦に勝利すれば、2日目大会でIWGPインターコンチネンタル王者とのダブル王座戦に進出する。タイトル戦でも結果を残し、ドーム2連戦を成功に導く。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000033-tospoweb-fight



    【【新日本プロレス】オカダ:朝の顔になった!来年1・4、5東京ドーム超満員公約達成へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ