イヤァオ!速報 プロレスまとめサイト

2chプロレスをまとめるか、まとめないか    答えはこうだ イヤァオ!!



    173: お前名無しだろ 2021/09/20(月) 11:57:45.50 ID:buCz60DJ0
    レディ先生初勝利!


    【レディ・Cがデビュー10カ月で初勝利!決め技はジャイアント・バックブリーカー【スターダム】】の続きを読む

    1: お前名無しだろ 2021/09/19(日) 05:36:06.62 ID:CAP_USER9

    https://coconutsjapan.com/entertainment/post-67592/67592/

    https://coconutsjapan.com/wp-content/uploads/2020/04/jiji_choshu_riki.jpg


    9月17日、元プロレスラーの長州力さんのYouTubeチャンネル「RIKI CHANNEL」では、長州さんがSNSについて語る動画を公開。ブログやTwitterに対する思いを告白し話題を集めています。

    ■長州、SNSへの考えを赤裸々に明かす「みんなやっぱりストレス溜まってんなぁ」

    建物の屋上で子ども用プールを出し、水浴びしながらくつろいでいる長州さん。そこにスタッフがSNSについていろいろと聞いていきます。

    ブログやTwitter、YouTubeと幅広いSNSで活躍する長州さん。スタッフは「ブログやSNSで何が一番楽しいか」と質問します。

    すると「ブログはずーっと(長文を)書けるじゃん」と長州さん。

    Twitterは140文字の制限がありますが、ブログは文字数制限が無いことを挙げます。

    そして「ブログは大体、短くても返信してあげてるよ」とのこと。長州さんいわく、ブログは「同じぐらいの年代の人が多い」のだとか。

    すると、画面にブログ読者の「年齢構成」の円グラフが映し出されます。それによると、40~50代が全体の8割近くを占めており、続いて20~30代が14%、60代以上が10%。幅広い年代の読者がいることが分かります。

    「こんなコロナ禍、みんなやっぱりストレス溜まってんなぁって思うよね。フォロワーの返信見ると」と長州さん。

    「まぁ頑張ってみんなやってはいるんだろうけど」と、SNSの読者コメントについての思いを明かします。

    ■長州にとってブログとは?「昭和の人たちが多いから…」

    次に「ブログで改行などにテクニックはあるのか」との質問には、「そんなこと考えてないよ、書くのに」と即答する長州さん。

    「だから、ブログもなんかTwitterみたいに短い文章で呟きみたいな文章になるときもあるし」「反対に、Twitterのほうが呟きじゃあ終わらない」と言って笑います。

    続いて、スタッフは「Twitterとブログの使い分けはどうしているか」と質問。

    長州さんは、「その日あったこととかを書いてるわけだから、文章が似通ってくるよね。だからそれでもいいなって。Twitter見る人とブログ見てくれる人はやっぱり、違う人だと思って書いてるから」と答えます。

    最後に、スタッフは「長州さんにとってブログとは何か?」と聞きます。

    すると「俺と同じぐらいの昭和の人たちが多いから、意外とブログのほうが安心して、こう、自分の気持ちを出して書くことできるよね」と長州さん。

    「それで今世の中で起こってること、なんかチクリと刺すこともできるし」と、ブログの自由さについて語りました。



    【長州力、SNSへの考えを赤裸々に明かす「みんなやっぱりストレス溜まってんなぁ」】の続きを読む



    173: お前名無しだろ 2021/09/18(土) 21:40:03.55 ID:agFHGZ7sd
    清宮海斗タイツ変えて髪も黒で
    吹っ切れた感で勝利


    【清宮海斗が金髪緑ショートから黒髪黒ロングタイツにイメチェン】の続きを読む

    115

    1: お前名無しだろ 2021/09/13(月) 00:49:56.41 ID:yATTrz5Gd
    バイパー好きだったけど、幸せになって欲しい。これからは、レデイCを応援する!!

    【祝 バイパー結婚!!】の続きを読む


    194: お前名無しだろ 2021/09/19(日) 17:18:06.14 ID:StqHj7Xr0
    ロアとかタマちゃん以上にゴツそうだし兄貴にならって上脱げば良いのに。


    【プロレス王 闇の王につづき 新たな王様あらわる、その名も“キング・オブ・ザ・ジャングル”】の続きを読む

    このページのトップヘ